アリックス・ド・トゥアール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アリックス・ド・トゥアール
アリックス・ド・トゥアールとその娘ヨランドの墓碑

アリックス・ド・トゥアールAlix de Thouars、1200年頃 - 1221年10月21日)は、ブルターニュ女公

生涯[編集]

アリックス・ド・トゥアールは、ブルターニュ公コンスタンスと、ブルターニュ総督であるその夫ギー・ド・トゥアールの長女として生まれた。イングランドジョン欠地王に殺害されたアルテュール1世は、異父兄にあたる。1201年にコンスタンスは次女カトリーヌを出産し急逝した。

最初パンティエーヴル伯アンリ2世・ド・アヴォグールと婚約したが、フランス王フィリップ2世の介入によって解消し、カペー家の傍系ドルー伯の次男であるピエール・ド・ドルーと結婚した。1213年よりピエールはブルターニュ摂政の称号を与えられた。ピエールとの間に以下の3子をもうけた。

異父兄アーサーの後を継いでブルターニュ女公、リッチモンド女伯となったが、一方で異母姉エリナーもリッチモンド女伯を名乗り続けていた。アリックスは1203年から死去までリッチモンド女伯位を用いた。

アリックスは1221年に亡くなり、1225年に母コンスタンスと同じナント近郊のノートルダム・ド・ヴィルヌーヴ修道院に埋葬された。

先代:
アルテュール1世
ブルターニュ
CoA dukes of Bretagne 1316-1514 (chivalric).svg
1203年 - 1221年
次代:
ジャン1世