アリウ・シセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アリウ・シセ Football pictogram.svg
Aliou Cissé 2018.jpg
名前
本名 アリウ・シセ
ラテン文字 Aliou Cissé
基本情報
国籍 セネガルの旗 セネガル
フランスの旗 フランス
生年月日 (1976-03-24) 1976年3月24日(42歳)
出身地 ジガンショール
身長 180cm
選手情報
ポジション MF/DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1997 フランスの旗 リール 6 (0)
1997-1998 フランスの旗 スダン 0 (0)
1998-2001 フランスの旗 パリ・サンジェルマン 43 (1)
2001-2002 フランスの旗 モンペリエ 17 (1)
2002-2004 イングランドの旗 バーミンガム・シティ 36 (0)
2004-2006 イングランドの旗 ポーツマス 23 (0)
2006-2008 フランスの旗 スダン 21 (1)
2008-2009 フランスの旗 ニーム 7 (0)
通算 153 (3)
代表歴
1999-2005  セネガル 35 (0)
監督歴
2012-2013  セネガル U-23(アシスタント)
2013-2015  セネガル U-23
2015-  セネガル
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アリウ・シセAliou Cissé1976年3月24日 - )は、セネガルジガンショール出身の元サッカー選手サッカー指導者[1]。現役時代のポジションはDF(センターバック)、MF(ボランチ)[1]2015年3月4日よりセネガル代表監督[2]

サッカー選手としての経歴[編集]

シセは、1999-2000年のシーズンにおいてフランス国内リーグのディヴィジオン・アンで準優勝したパリ・サンジェルマンFCのチームの一員であった[1]。次シーズンのパリ・サンジェルマンFCはチャンピオンズリーグ 2000-01に参加し、シセは同リーグにおいて4試合に出場した[1]。なお、チームは4位入賞でシーズンを終えた[1]。だが、シセはその次のシーズンで出場機会を失い、モンペリエHSCと契約した[1]。その後の2002年から2006年にかけてはイングランドプレミアリーグバーミンガム・シティFCポーツマスFCに在籍した。2006年から2008年はCSスダン・アルデンヌと契約していたが次シーズンからフランス2部リーグで戦うことを決心し、ニーム・オリンピックに2008年9月1日から参加した。しかしシーズン終了時に再契約はなかった。

セネガル代表チーム選手としては、シセは2000年から2005年まで「テランガのライオン」の愛称で知られるセネガル代表チームの選手であった[1]。日本と韓国が共催した2002年のFIFAワールドカップにおいてシセは、セネガル代表チームのキャプテンを務めた[1]。なお、この時シセのいるセネガルはワールドカップ初出場でしかもデンマークフランスウルグアイと同じAグループに入り、勝ち上がりが厳しいと考えられていたがデンマークとウルグアイに引き分け、前回優勝チームのフランスに勝利して決勝トーナメントへ勝ち進んだ[3]。決勝トーナメント1回戦ではスウェーデンゴールデンゴールで競り勝ったものの、準々決勝のトルコ戦では逆にイルハン・マンスズにゴールデンゴールを入れられチームも敗退した[3]

なお、2002年の9月にガンビア沖で発生した旅客船ジョラ号沈没事故でシセも親族12人を失った[4]

サッカー指導者としての経歴[編集]

シセは、2012年1月にオリンピックにおけるセネガル代表チームの監督補佐に推薦された。シセのセネガル代表チーム入りには、シセの持つ豊富な国際的サッカー経験が期待された。2013年のフランコフォン大会の際は、23歳以下セネガル代表チームの監督を務めた。

2015年、当時のセネガル代表チームの監督であったアラン・ジレスは2014-2015年のアフリカ・ネイションズ・カップでセネガルが1次予選で敗退したことの責任を取り、監督を辞任した[2]。2015年3月4日、セネガル・サッカー連盟(FSF)はジレスの後任にシセを指名した[2]。2016-2017年のアフリカ・ネイションズ・カップにおいてシセは監督としてセネガル代表チームを率い、チームは決勝トーナメントで優勝国カメルーンにPK戦で惜しくも敗退するが8強入りに導いた[5]

2018年のFIFAワールドカップ・アフリカ予選において、シセが率いるセネガル代表は本選への出場権を得た[6]。2017年12月1日、シセは組み分け抽選会のためロシアの首都モスクワを訪れ、くじを引いた[6]。抽選の結果、セネガルがポーランドコロンビア日本と同じグループHに入ったことを知るとシセは、まず「バランスはいいが厳しい」グループだと感想を述べた[6]。コロンビア代表チームについては「好みのチームだ」と言った[6]。また別のインタビューでシセは、「セネガルにとって厳しいグループになるだろう。ポーランドは皆さんご存知の通り。コロンビアは国際試合の経験が豊富だ。日本はやれることは何でもやる(努力を惜しまない)だろう。」と述べ、それゆえ「セネガルらしさを保ったままの代表チームで、ここ(ロシア)に再び来ようと思う。」と述べた[7]

日本代表チームの監督であったヴァイッド・ハリルホジッチは抽選会直後のインタビューで、「私はセネガル代表チームをよく知っている、約2メートルの長身選手たちを前に動揺せず、私たちの流儀を貫くことが重要だ」と述べた[6]。シセはセネガルに帰国後、ハリルホジッチのコメントへの感想を問われ、「サッカーに確定的なことは何一つない、シンプルに、たくさんのことを議論し、決断するだけだ」と述べた[6]。セネガルのメディアなどでは、セネガル代表チームにとって16年ぶりの出場となる2018年のワールドカップが2002年の躍進の再来となることを期待する論調が見られている[5][7]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Aliou CISSÉ, Sélectionneur de l`équipe nationale de football du Sénégal”. dakar.com Qui est qui?. 2018年5月19日閲覧。
  2. ^ a b c Aliou Cissé nommé sélectionneur”. Le Equipe Football (2015年3月5日). 2018年1月20日閲覧。
  3. ^ a b Whatever happened to Senegal’s 2002 World Cup squad?” (2013年6月20日). 2018年5月19日閲覧。
  4. ^ “Blues fans open their hearts to Senegal's grieving captain”. Guardian, The (London). (2002年10月26日). http://football.guardian.co.uk/comment/story/0,,819515,00.html 2018年5月19日閲覧。 
  5. ^ a b Achache, Farid (2017年1月29日). “CAN 2017: le Sénégal bute encore sur le Cameroun”. rfi - voix du monde. 2018年1月20日閲覧。
  6. ^ a b c d e f Achache, Farid (2017年12月1日). “Mondial 2018: le Sénégal d’Aliou Cissé devra batailler”. rfi - voix du monde. 2018年1月20日閲覧。
  7. ^ a b Aliou Cissé: « Je pense que c’est un groupe qui va être difficile »”. footempo.com (2017年12月1日). 2018年5月19日閲覧。