アリアケシラウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アリアケシラウオ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 原棘鰭上目 Protacanthopterygii
: キュウリウオ目 Osmeriformes
: シラウオ科 Salangidae
: アリアケシラウオ属 Salanx
: アリアケシラウオ S. ariakensis
学名
Salanx ariakensis Kishinouye1902
英名
Ariake icefish

アリアケシラウオSalanx ariakensis、有明白魚)は、条鰭綱キュウリウオ目シラウオ科アリアケシラウオ属に属する魚。東アジア周辺に分布し、日本では1種のみである。

分布[編集]

朝鮮半島及び中国黄海沿岸。日本では、有明海とその流入河川にのみ生息する。[1]

形態[編集]

体は無色透明で、体長はオスが12cm、メスが14cmになる。オスはメスより小型だが、体高はオスの方が高い。吻は長く、頭長の1/3以上になるが、下あごは突出しない。あぶらびれがあり、背びれと尻びれは、ほぼ相対する。胸びれの先端は、オスは尖るが、メスは円い。オスには、尻びれの基部に1列に並ぶ20個ほどの鱗がある。[1]

生態[編集]

海の内湾で生活し、浮遊動物を食べる。10-11月の産卵期には流入河川を遡上し、約0.75mmの球形の卵を産む。約1年で成熟する。[1]

人間の利用[編集]

食用とされ、生きたままのものを二杯酢で食べるほか、卵とじや天ぷらなどにされる[1]

保全状況評価[編集]

  • 絶滅危惧IA類 (CR)環境省レッドリスト
    Status jenv CR.svg
  • 福岡県-絶滅危惧ⅠA類(CR) 長崎県-絶滅危惧ⅠB類(EN) 熊本県-絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 原色日本淡水魚類図鑑(1976)
  2. ^ 日本のレッドデータ検索システム(アリアケシラウオ)”. エンビジョン環境保全事務所. 2012年10月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 宮地傳三郎、川那部浩哉・水野信彦 『原色日本淡水魚類図鑑』 保育社1976年、全改訂新版、115頁。ISBN 978-4-586-30032-7