アリアクモン川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アリアクモン川
Aliakmon locator map.png
延長 322 km
水源 ピンドゥス山地
河口・合流先 エーゲ海
流域 ギリシャ
テンプレートを表示
衛星写真を着色したアリアクモン川の流路図
セルビア近くのアリアクモン川をせきとめて出来た人造湖、ポリフィトス湖にかかる1352mの橋

アリアクモン川ギリシア語: Ἁλιάκμων、Aliákmon or Haliákmōn)は、ギリシャ最長の川。全長322km。かつての公用語であるカサレヴサでの名称で、多くの文献がこの名称を採用しているが、現在の公用語であるディモティキではアリアクモナス川 (Αλιάκμονας, Aliákmonas) という。また、英名にしたがってハリアクモン川 (Haliacmon) ともいわれる。スラヴ名はビストリツァ川 (Бистрица) [1][2][3]西マケドニアカストリア県グレヴェナ県コザニ県)と中央マケドニアイマティア県ピエリア県)の各地方を流れる。

流路[編集]

アルバニア国境に近い、北ギリシャのグラモス山地に源流がある。上流部はおおよそ東に流れた後、カストリア付近で南東に向きを変える。ヴリノス山地で大きく湾曲し、パリウリア村の近くで北東方向になる。ヴェリア南東の人造湖、ポリフィトス湖を経て、一大農業地帯である中央マケドニア平原に入る。港町メトニの北東、アクシオス川デルタの西でテルマイコス湾にそそぐ。

上流から順にネストリオ (Nestorio) 、アルゴス・オレスティコ (Argos Orestiko) 、ネアポリ (Neapoli) 、パリウリア (Paliouria) 、ヴェルヴェントス (Velventos) 、アレクサンドレイア (Alexandreia) などの町々を通る。

歴史[編集]

ギリシア神話では、同名の川の神、ハリアクモーンの土地である。古くはヘシオドスの『神統記』にその名がみえる[4]。地理学者のプトレマイオスはこの川が源を発する山並み(ピンドゥス山地北部)をカナロヴィイ (Canalovii) と呼んだ。ユリウス・カエサルによれば、アリアクモン川はマケドニアテッサリアの境界線をなしていた。上流部でエリミオティス地域を南東に通過し、灌漑した後、北東に流れ、ピエリア、エオルデア、イマティアの境となる。ヘロドトスの時代にはルディアス川と合流し、ペッラ湖をうるおしていたことが明らかになっているが、その後ルディアス川の流路が変わり、アリアクモン川と合流することがなくなったため、直接エーゲ海に至るようになった。下図に示す二つの川の分水嶺となっている風隙が古代、アリアクモン川の流路であった可能性が高い。

Haliacmon Wind Gap.png

脚注[編集]

外部リンク[編集]