アラ (魚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アラ
Niphon spinosus Oga Aquarium 2.jpg
アラ Niphon spinosus
男鹿水族館飼育展示個体
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: ハタ科 Serranidae
亜科 : ハタ亜科 Epinephelinae
: アラ属 Niphon
: アラ N. spinosus
学名
Niphon spinosus
Cuvier1828
和名
アラ(𩺊)
英名
saw-edged perch

アラ(𩺊[1][注 1]、阿羅、敏魚[2]学名: Niphon spinosus)は、スズキ目ハタ科海水魚である。なお、アラと同じハタ科には同じく美味な高級魚とされるクエがおり、このクエの九州地方での地方名が「アラ」であり姿もそっくりであるため混同されやすいが別の魚である[1]。別名はイカケオキスズキホタ[1]

特徴[編集]

最大で体長1メートルに達し、背は褐色(灰色)で腹は白色である[3]スズキに体形が似ているが、スズキより頭や眼が大きく、鱗が小さい。

鰓蓋に2本のトゲがあり背びれが2つに分かれている点で同じハタ科のクエと見分けることができる[4]

分布・生息[編集]

日本各地沿岸(北海道以南の太平洋沿岸および青森県以南の日本海)から東シナ海スールー海にかけて分布し、水深70 - 360メートル付近の岩礁域に生息する[3]。小型個体は日本海でまとまって漁獲されるが成魚は少ない[3]

地方名[編集]

キツネ(神奈川県小田原)・タラ(熊本県長崎県)などの地方名がある[3]

人間との関わり[編集]

主に釣り底引網で漁獲され、秋 - 冬が旬である[3]。身は透明感のある白身で、刺身鍋料理煮物などで食べられる[3]。特に大型個体ほど美味だが、市場への入荷量が少ないため高級魚とされる[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 魚偏に荒

出典[編集]

  1. ^ a b c 講談社編『魚の目利き食通事典』講談社プラスアルファ文庫 p.32 2002年
  2. ^ 落合直文 「あら(阿羅・𩺊・敏魚)」 『言泉:日本大辞典』 第一巻、芳賀矢一改修 大倉書店、1921年、147頁。 
  3. ^ a b c d e f g 魚類 > アラ” (日本語). 市場魚貝類図鑑. ぼうずコンニャク株式会社(取締役:藤原昌高). 2020年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月13日閲覧。
  4. ^ 講談社編『魚の目利き食通事典』講談社プラスアルファ文庫 p.33 2002年

関連項目[編集]