アラヴィー朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラヴィー朝またはアリー朝ペルシア語:سلسله علویان طبرستان )は、864年から928年にかけて、イラン北部のカスピ海南岸地域、タバリスターン英語版ダイラム(現ギーラーン)などに勢力を張った王朝。シーア派の一派ザイド派英語版を奉じ、別名ザイド朝と呼ばれる。

歴史[編集]

この王朝の王家はハサン・イブン・アリーの子孫であるとされており、カスピ海南岸にイスラーム政権を樹立した。928年にサーマーン朝に敗北し、アラヴィー朝は滅亡した。滅亡後、将兵の一部はサーマーン朝に使えた。ズィアールの息子マールダヴィジもサーマーン朝に使えた将軍の一人で、後にズィヤール朝を打ち立てた。ブーイェの息子であるイマード・ウッダウラ英語版ハサン英語版そしてアフマド英語版もサーマーン朝に仕え、932年にブーイェ朝(ブワイフ朝)を樹立する。

アラヴィー朝のアミール[編集]

  • ハサン・イブン・ザイド(864年 - 883年)
  • ムハンマド・イブン・ザイド(883年 - 900年)
    サーマーン朝のタバーリスタン攻略により、ギランに亡命(900年 - 913年)
  • ハサン・イブン・アリー(913年 - 916年)

反サーマーン朝と親サーマーン朝派の対立[編集]

反サーマーン朝派
  • ハサン・イブン・カシム(916年 - 928年)
親サーマーン朝派
  • アフマド・イブン・ハサン(916年 - 923年)
  • ジャファル・イブン・ハサン(916年 - 924年)
  • ムハンマド・イブン・アフマド(924年 - 927年)
  • ハサン・イブン・アフマド(927年)

関連項目[編集]