アラン・ラスブリッジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アラン・ラスブリッジャー
Alan Rusbridger by Alessio Jacona - International Journalism Festival 2014.jpg
2014年国際ジャーナリズムフェスティバルにて
生誕 北ローデシア(現ザンビア)・ルサカ
教育 モードリン・カレッジ
公式サイト https://twitter.com/arusbridger

アラン・チャールズ・ラスブリッジャー英語: Alan Charles Rusbridger1953年12月29日 - )は、イギリスジャーナリストである。約20年間にわたって『ガーディアン』の編集長を務めており、2015年夏退任が予定されている。

2010年11月のアメリカ外交公電ウィキリークス流出事件や、中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン内部告発にもとづいた、2013年6月のアメリカ合衆国国家安全保障局やイギリス政府通信本部による通信傍受に関する報道など、スクープを連発した同紙の名物編集長として知られる[1]

2014年、スノーデンとともにライト・ライブリフッド賞を受賞した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名物編集長が来夏退任へ 英紙ガーディアン”. 産経新聞 (2014年12月11日). 2015年1月15日閲覧。