アラン・アンダーソン (学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラン・アンダーソンAlan Ross Anderson1925年 - 1973年)はアメリカ論理学者イェール大学ピッツバーグ大学で哲学の教授をつとめた。ベルナップと共同で、 関連性論理義務論理の分野で活躍した。

論理学に対してはプラトニストであり、実在論者、一元論者であった。「唯一の真なる論理学」("The One True Logic")があると信じており、それは関連性論理だと信じていた。

関連項目[編集]

執筆の途中です この「アラン・アンダーソン (学者)」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。