アラマズド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アラマズドアルメニア語: Արամազդ)とは、アルメニアにおけるキリスト教伝来前までの主神である。アルメニアの伝説的英雄である美麗王アラと、ゾロアスター教アフラ・マズダー伝承が融合した神で、ヘレニズム時代のゼウスの影響も見られる。すべての女神の父、天と地の創造神と考えられていた。

太陽豊穣の神として崇められ、古代アルメニアにおいて文化と政治の中心であったが、3世紀の終わりごろキリスト教を国教としたことから、アラマズドの信仰は終焉を迎えた。

名前の最初の2文字ARはインド・ヨーロッパ祖語の「太陽、光、生活」の起源である。地球の豊饒の源とされており、古いアルメニアのカレンダーで3月21日(また春分)にアラマズドの祭典が催された。[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ The Heritage of Armenian Literature: From the Oral Tradition to the Golden Age

外部リンク[編集]