アラブ級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アラブ級駆逐艦
ALGERIEN.jpg
改装前のアルジェリアン
艦級概観
艦種 駆逐艦
艦名 種族名
前級 アンセーニュ・ルー級
次級 ブーラスク級
性能諸元
排水量 常備:685トン[1]
満載:750トン
全長 82.9m
全幅 7.32m
吃水 2.36m
機関 ロ号艦本式水管缶4基
+レシプロ機関3基3軸推進
最大出力 9,500shp
速力 29.0ノット[2]
航続距離 12ノット/2,000海里
燃料 石炭: 102トン
重油:118トン
乗員 86名
兵装 12cm(40口径)単装速射砲1基
8cm(40口径)単装速射砲3基
8cm(40口径)単装高角砲1基
45cm連装魚雷発射管2基4門

アラブ級駆逐艦(アラブきゅうくちくかん)はフランス海軍第一次世界大戦中に就役させた駆逐艦の艦級。日本製の艦であり、大日本帝国海軍樺型駆逐艦の同型艦を購入した物である。アルジェリアン級、あるいはトライバル級(民族級)[3]とも呼ばれる。

概要[編集]

本級は第一次世界大戦への参戦で外洋で作戦活動が行える駆逐艦が足らなくなったフランス海軍が、直接的に本土が戦場になっておらず、建造能力に余裕のある日本に駆逐艦を12隻発注したものである。1916年大正5年)に建造命令が出され、1917年(大正6年)3月29日に受託建造協定が結ばれた[3]

本級の設計・建造は全て日本側に一任されており、一度日本海軍の艦として建造された後、日本側要員によってポートサイドまで回航された上でフランス海軍に引き渡された。基本的な設計は樺型と同様だが、武装などが異なる他、樺型が計画重量を超過した事を受けて、カタログスペック上の排水量が増加している(実際には同一)。

第二次世界大戦末期の1944年、自由フランス海軍アメリカ海軍キャノン級護衛駆逐艦を譲り受けて、2代目のアルジェリアン級駆逐艦としている。ここでアルジェリアン、オーヴァ、マロケン、セネガレ、ソマリは艦名を受け継がれたが、もう一隻はチュニジアンと命名されている[4]

同型艦[編集]

艦名はいずれも当時のフランス植民地帝国内の民族・住民の名である。

アルジェリアン(Algérien)
1917年横須賀海軍工廠で起工、同年5月進水、7月14日もしくは8月竣工、9月19日ポートサイドでフランス海軍に引渡し命名され就役。1936年7月14日に除籍後解体処分。日本海軍での仮称艦名は「第1番駆逐艦」(仏国1番駆逐艦)。
アンナミト(Annamite)
1917年横須賀海軍工廠で起工、同年6月進水、7月もしくは9月竣工、ポートサイドでフランス海軍に引渡し命名され就役。1933年8月18日に除籍後解体処分。日本海軍での仮称艦名は「第2番駆逐艦」(仏国2番駆逐艦)。
アラブ(Arabe)
1917年3月1日呉海軍造船所で起工、同年5月もしくは6月21日進水、7月21日もしくは8月竣工、8月1日佐世保を出港し、9月19日ポートサイドでフランス海軍に引渡し命名され就役。1936年7月14日に除籍後解体処分。
バンバラ(Bambara)
1917年呉海軍造船所で起工、同年6月20日もしくは7月進水、7月13日[3]もしくは9月竣工、ポートサイドでフランス海軍に引渡し命名され就役。1933年8月18日に除籍後解体処分。日本海軍での仮称艦名は「第3番駆逐艦」[3](仏国3番駆逐艦)。
オーヴァ(Hova)
1917年佐世保海軍造船所で起工、同年5月もしくは7月進水、8月竣工、ポートサイドでフランス海軍に引渡し命名され就役。1936年7月14日に除籍後解体処分。
カビル(Kabyle)
1917年佐世保海軍造船所で起工、同年5月もしくは6月7日進水、10月竣工、7月25日ポートサイドでフランス海軍に引渡し命名され就役。1936年7月14日に除籍後解体処分。
マロケン(Marocain)
1917年舞鶴海軍造船所で起工、同年5月もしくは6月1日進水、9月竣工、9月29日ポートサイドでフランス海軍に引渡し命名され就役。1935年8月27日に除籍後解体処分。
サカラバ(Sakalave)
1917年3月舞鶴海軍造船所で起工、7月進水、10月竣工、12月9日ポートサイドでフランス海軍に引渡し命名され就役。1936年7月14日に除籍後解体処分。
セネガレ(Sénégalais)
1917年3月神戸川崎造船所で起工、同年5月もしくは7月20日進水、9月竣工、12月8日ポートサイドでフランス海軍に引渡し命名され就役。1936年7月14日に除籍後解体処分。
ソマリ(Somali)
1917年3月神戸川崎造船所で起工、同年6月20日もしくは7月21日進水、10月竣工、12月8日ポートサイドでフランス海軍に引渡し命名され就役。1935年8月27日に除籍後解体処分。
トンキノワ(Tonkinois)
1917年2月8日三菱重工業長崎造船所で起工、同年6月9日進水、7月18日竣工、ポートサイドでフランス海軍に引渡し命名され就役。1935年8月27日に除籍後解体処分。日本海軍での仮称艦名は「第11番駆逐艦」(仏国11番駆逐艦)。三菱長崎造船所では「第274番船」。
トゥアレグ(Touareg)
1917年2月三菱重工業長崎造船所で起工、同年5月もしくは6月9日進水、9月6日竣工、10月28日もしくは30日ポートサイドでフランス海軍に引渡し命名され就役。1935年8月27日に除籍後解体処分。日本海軍での仮称艦名は「第12番駆逐艦」(仏国12番駆逐艦)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『呉が生んだ艦船』では595英トン(約604.5トン)。呉が生んだ艦船1 2005
  2. ^ 『呉が生んだ艦船』では30.0ノット。呉が生んだ艦船1 2005
  3. ^ a b c d 呉が生んだ艦船1 2005.
  4. ^ 第二次大戦駆逐艦総覧 2000.

参考書籍[編集]

  • 艦船模型スペシャル No.17 日本海軍 駆逐艦の系譜 1
  • 堀元美『駆逐艦 その技術的回顧』原書房、1969年。 ISBN 4-562-01873-9
  • 福井静夫『日本駆逐艦物語』光人社、1993年。ISBN 4-769-80611-6
  • 「Conway All The World's Fightingships 1906–1921」(Conway)
  • 『呉が生んだ艦船 CARD BOOK (VOL.01)』 田中朋博、ザメディアジョン、2005年10月3日ISBN 4-902024-75-6
  • M.J.ホイットレー 『第二次大戦駆逐艦総覧 (Destroyers of World War Two: An International Encyclopedia)』 岩重多四郎訳、大日本絵画、東京、2000年2月(原著1988年)。ISBN 4-499-22710-0