アラブ系アルゼンチン人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アラブ系アルゼンチン人

レバノンの旗 シリアの旗 アルゼンチンの旗
Menem con banda presidencial.jpgFelipe Sapag.JPG
代表的なアラブ系アルゼンチン人:
カルロス・メネム、フェリペ・サパーグ
総人口
350万人[1]
アルゼンチンの総人口の8.65%
居住地域
アルゼンチン全土
言語
主にリオプラテンセ・スペイン語、稀にアラビア語
宗教
キリスト教が顕著であり、ユダヤ教イスラム教は少数派である
関連する民族
アラブ人、アラブ系アメリカ人、レバノン系カナダ人、レバノン系オーストラリア人、アラブ系ブラジル人スペイン系アルゼンチン人

アラブ系アルゼンチン人とは、アラブ人の家系に生まれたアルゼンチン出身者、もしくはアルゼンチンに移民したアラブ人のことである。

アルゼンチン人の高度に多様な集団ではあるが—祖先の起源、宗教、歴史的アイデンティティなど—アラブ系アルゼンチン人は共通の言語的、文化的、政治的伝統を財産として保つ。

350万人のアラブ系アルゼンチン人のマジョリティはレバノン系かシリア系の背景を持つ[1] 。アルゼンチンにはまた小規模のパレスチナ系コミュニティが存在する[要出典]。総計350万人のアラブ系アルゼンチン人のうち、700,000人のアラブ系アルゼンチン人がムスリムである[2]

歴史[編集]

ミシオネス州オベラーでの移民の祭典のアラブ系の女王。

最初のアラブ人がアルゼンチンに移民したのは19世紀のことだった。この時期に渡来した多くのアラブ人はシリア=レバノン系のアラブ人だった(当時シリアとレバノンは単一のテリトリーだった)。1891年から1920年までの間に367,348人のアラブ系の境遇の移民がアルゼンチンに入国した[3]。最初に彼らがアルゼンチンの港に上陸した時の処理では、今日のレバノンとシリアがトルコ人オスマン帝国の領土だったため、彼等はトルコ人に分類された。アラブ人が彼等の土地から去った理由はレバノンの人口増加が加速したことと、オスマン帝国によるキリスト教徒への迫害、そして1911年トリポリでの戦争によるものだった[3]。アラブ人移民はブエノス・アイレス州サルタ州フフイ州ラ・リオハ州サン・フアン州メンドーサ州サンティアゴ・デル・エステロ州ミシオネス州チャコ州、及びパタゴニアに定住した。かなりの割合のアラブ人がクージョ地方(中西部のサン・フアン州、サン・ルイス州、メンドーサ州、ラ・リオハ州からなるアルゼンチンの地理的亜地域)に定住した。

統計[編集]

1871年から1976年までアルゼンチンへのアラブ人移民の正式な統計
アラブ人移民(人)
1871-1880 672
1881-1890 3,537
1891-1900 10,572
1901-1910 35,398
1911-1920 39,052
1921-1930 18,894
1931-1940 1,682
1941-1950 2,063
1951-1960 1,083
1961-1970 278
1971-1976 -30
総計 113,201

著名なアラブ系アルゼンチン人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]