アラニンデヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アラニンデヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.4.1.1
CAS登録番号 9029-06-5
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

アラニンデヒドロゲナーゼ(alanine dehydrogenase)は、アラニンアスパラギン酸グルタミン酸代謝、タウリンヒポタウリン代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

L-アラニン + H2O + NAD+ ピルビン酸 + NH3 + NADH + H+

反応式の通り、この酵素の基質L-アラニンNAD、生成物はピルビン酸アンモニアとNADHとH+である。

組織名はL-alanine:NAD+ oxidoreductase (deaminating)で、別名にAlaDH, L-alanine dehydrogenase, NAD+-linked alanine dehydrogenase, α-alanine dehydrogenase, NAD+-dependent alanine dehydrogenase, alanine oxidoreductase, NADH-dependent alanine dehydrogenaseがある。

参考文献[編集]

  • O'Connor RJ and Halvorson H (1961年). “The substrate specificity of L-alanine dehydrogenase”. Biochim. Biophys. Acta 48: 47–55. doi:10.1016/0006-3002(61)90513-3. 
  • Pierard A and Wiame JM (1960年). “Proprietes de la L(+)-alanine-deshydrogenase”. Biochim. Biophys. Acta 37: 490–502. doi:10.1016/0006-3002(60)90506-0. 
  • Yoshida A and Freese E (1965年). “Enzymic properties of alanine dehydrogenase of Bacillus subtilis”. Biochim. Biophys. Acta 96: 248–262.