アラスカ火山観測所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アラスカ火山観測所
Alaska Volcano Observatory
組織の概要
設立年月日1988年
本部所在地アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アラスカ州アンカレッジ
ウェブサイトhttps://avo.alaska.edu/

アラスカ火山観測所(アラスカかざんかんそくしょ、英語: Alaska Volcano Observatory、略称: AVO)は、アメリカ地質調査所アラスカ大学フェアバンクス校地球物理学研究所英語版アラスカ州英語版地質地球物理調査所 (ADGGS) の3者による合同プログラムである[1]。アラスカ火山観測所は1988年に設立され、連邦政府、州政府、大学のリソース(資源)を使用して、アラスカ火山学を研究し、危険な火山を監視するほか、噴火活動の記録及び予測、人命と財産を脅かす火山災害の軽減に努めている。観測所のウェブサイトでは、定期的に更新される地震計Webカメラを用いて、活火山を監視できる。観測所は航空を危険に晒す火山灰や噴煙について警告するために、アラスカの人口密集地に近いクック湾アリューシャン列島に20以上ある火山を監視している[2]

アラスカ火山観測所はアンカレッジアラスカ・パシフィック大学英語版のキャンパス内に所在する[3][4]

出典[編集]

  1. ^ dggs.alaska.gov
  2. ^ Alaska Volcano Observatory”. About. Alaska Volcano Observatory (2000年10月24日). 2010年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月31日閲覧。
  3. ^ United States Geological Survey, Locations - Alaska Volcano Observatory, Retrieved May 11, 2018.
  4. ^ Alaska Pacific University Campus Map, Retrieved May 11, 2018.

外部リンク[編集]

座標: 北緯61度11分19秒 西経149度48分16秒 / 北緯61.18859度 西経149.8044度 / 61.18859; -149.8044