アラシグサ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アラシグサ属
Boykinia lycoctonifolia 1.JPG
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: ユキノシタ科 Saxifragaceae
: アラシグサ属 Boykinia
学名
Boykinia
Nutt.
  • 本文参照

アラシグサ属(アラシグサぞく、学名:Boykinia、和名漢字表記:嵐草属)はユキノシタ科の一つ。属名は米国の博物学者Samuel Boykinへの献名である[1]

特徴[編集]

多年草に腺毛が生える。葉は落葉性で、葉身は円形で掌状に分裂する。葉柄があり、柄は葉身の基部につく。は小型の両性花が集散状円錐花序をなし、花弁は5個で、色は白色または淡黄色。雄蘂は5個。花柱は離生する。果実蒴果となり、種子は小型。

北半球に約7種知られ、日本に1種、アジアからアラスカ、カナダにかけて1種、残りは北アメリカに分布する。

[編集]

日本の種[編集]

外国の種[編集]

  • Boykinia aconitifolia Nutt. -Allegheny brookfoam
  • Boykinia intermedia (Piper) G.N. Jones -Sierra brookfoam
  • Boykinia major A.Gray -Large boykinia
  • Boykinia occidentalis Torr. & A.Gray -Coastal brookfoam
  • Boykinia richardsonii (Hook.) Rothr. -Richardson's brookfoam
  • Boykinia rotundifolia Parry -Roundleaf brookfoam

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Boykinia occidentalis". Native Plant Database. Lady Bird Johnson Wildflower Center, University of Texas at Austin. Retrieved 6 June 2019.

参考文献[編集]