アラカルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラカルト: à la carte[1])とは、献立表から好みに応じて一品ずつ注文する料理のこと[2]。またそうした食事方法のことも指す[3]。日本語としては一品料理お好み料理とも言う[4]

あらかじめ数種の料理をセットにした定食・コース料理(ターブルドート、: table d'hôte)に対し、アラカルトはオードブル、スープ、魚料理、肉料理、デザート、飲み物などを客がそれぞれ個別に選んで注文する[2]

フランスでは定食の献立表を「ムニュ」(menu)、一品料理の献立表を「カルト」(carte) と区別するが、日本ではいずれも「メニュー」と呼んで区別しない[5]

脚注[編集]

  1. ^ 「メニューによって」の意。(日本国語大辞典)
  2. ^ a b 『調理用語辞典』 全国調理師養成施設協会(編)、全国調理師養成施設協会、1986年、p.43。ISBN 978-4924737358
  3. ^ 大滝緑、山口米子 『料理用語事典』 真珠書院、2003年、p.13。ISBN 978-4880092188
  4. ^ 日本国語大辞典』第1巻、小学館国語辞典編集部、小学館2001年、第2版、p.613。
  5. ^ 大滝緑、山口米子 『料理用語事典』 真珠書院、2003年、p.313。ISBN 978-4880092188