アヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ayen
Blason ville fr Ayen (Corrèze).svg
Ayen bois du temple.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) コレーズ県Blason département fr Corrèze.svg
(arrondissement) ブリーヴ=ラ=ガイヤルド郡
小郡 (canton) アヤン小郡
INSEEコード 19015
郵便番号 19310
市長任期 エレーヌ・ラクロワ
2014年 - 2020年
人口動態
人口 723人
2011年
人口密度 55人/km2
住民の呼称 Ayennois
地理
座標 北緯45度14分52秒 東経1度19分38秒 / 北緯45.2478度 東経1.3272度 / 45.2478; 1.3272座標: 北緯45度14分52秒 東経1度19分38秒 / 北緯45.2478度 東経1.3272度 / 45.2478; 1.3272
標高 平均:m
最低:123m
最高:379m
面積 13.16km2 (1 316ha)
Ayenの位置(フランス内)
Ayen
Ayen
テンプレートを表示

アヤンAyenオック語:Aiént)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏コレーズ県コミューン

地理[編集]

アヤンはリムーザンに属する。それは、ブリーヴ地方の堆積盆地に向かって伸びるペリゴール・ブラン地方の円丘が証となっている。粘土と石灰岩質の土壌で、花崗岩はない。コミューンはエル川とロゼクス川(いずれもヴェゼール川の支流)の水源となっている。

歴史[編集]

古くは伯爵領であった。1737年2月に第4代ノアイユ公爵でアヤン伯爵でもあったルイ・ド・ノアイユに対し、アヤン公爵の位が授けられた。

マルタ騎士団のリムーザンにある重要なコマンドリー(騎士団領)の1つであった。

アキテーヌ全土と同様に、1137年、アリエノール・ダキテーヌルイ7世との結婚によりアヤンはフランス王の支配が及ぶこととなったが、アリエノールの再婚によってイングランド支配を受けることになった。

リムーザンの男爵たちによる2世紀もの終わりのない乱世の後、マルモンとアヤンはイングランド軍に占領された。城を攻略したのはリチャード獅子心王である。

1415年、シャルル6世によって支援されたブリーヴ住民たちがマルモン城で殺戮を行った。イングランド勢の生き残りたちはアヤンに避難した。翌年、村の農民たちは城を包囲した。17日間の立てこもりの後、飢えと乾きに追い詰められたイングランド勢は降伏した。要塞城が敵の手に落ちるのを避けるため、未来のシャルル7世の執事となるジャン1世・ド・コンボルンはアヤン城破壊を命じられた。

アヤンはセギュールから向かう道路上の宿場の1つで、リチャード獅子心王によって知られていた。現在でもポンパドゥール、ジュイヤック、アヤン、そしてノアイユへと向かう途上に彼の軍が通過した名残がある。彼はその生涯を1199年、シャリュ城包囲中に終えることになる。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
761 733 654 704 682 623 686 723

参照元:1999年までEHESS[1]、2004年以降INSEE[2][3]

脚注[編集]