アメリカ (サイモン&ガーファンクルの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカ
サイモン&ガーファンクルシングル
初出アルバム『ブックエンド
B面 1971年日本盤:オールド・フレンド(旧友)(Old Friends)
1972年米国盤:エミリー、エミリー (For Emily, Whenever I May Find Her)
リリース
録音 1968年2月1日[1]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル フォーク・ロック
時間
レーベル コロムビア
作詞・作曲 ポール・サイモン
プロデュース サイモン&ガーファンクル
ロイ・ハリー
年表
米国盤:コンドルは飛んで行く(El Condor Pasa (If I Could))
(1970年)
日本盤:バイ・バイ・ラブ(Bye Bye Love)
(1970年)
米国盤:アメリカ(America)
(1972年)
日本盤:アメリカ(America)
(1971年)
米国盤:エミリー、エミリー (For Emily, Whenever I May Find Her)
(1972年)
日本盤:マイ・リトル・タウン(My Little Town)
(1975年)
テンプレートを表示

アメリカ」(America)は、サイモン&ガーファンクルの楽曲。ポール・サイモン作詞作曲。

概要[編集]

1968年4月3日にリリースされたアルバム『ブックエンド』に収録。ロック系の曲としては珍しく、韻を踏まない歌詞が特徴となっている。

ジョー・オズボーン(ベース)、ラリー・ネクテルハモンドオルガン)、ハル・ブレイン(ドラムズ)らがレコーディングに参加。ソプラノ・サックスとクラリネットの演奏者の名前は不明。

その後、1971年に米国のみのプロモーション用で制作された「ご機嫌いかが (Keep The Customer Satisfied)」のB面に収められ[2]、次いで翌1972年に、『グレイテスト・ヒッツ[3]』のリリースに合わせてシングル盤としてリリースされ、Billboard Hot 100 で最高97位となった[4]。一方、このシングル盤のB面に収められた「エミリー、エミリー (For Emily, Whenever I May Find Her)」は、予想外の評判を呼び、最高53位までチャートを上昇した[4]。日本では1971年8月に独自企画のシングル盤がリリースされ[5]オリコンで最高15位となり、21週間チャートインした[6]

この曲の歌詞には、ミシガン州サギノーペンシルベニア州ピッツバーグといった都市の名や、ニュージャージー・ターンパイク(New Jersey Turnpike)、グレイハウンド・バス、ミセス・ワグナーズ・パイギャバジンのスーツなどへの言及が盛り込まれている。

この曲は、韻を踏まない普通の語り口のままの歌詞で、アメリカの真の意味を求める2人連れの実際の旅と比喩としての旅を描いている。歌詞が比喩するところでは、最初は希望に満ちている恋人たちが、やがて苦悩や悲しみの感覚へと転じていく。「'Kathy, I'm lost,' I said, though I knew she was sleeping」という歌詞は、サイモンが1965年イングランドで生活していたころ関係があったキャシー・チティ(Kathy Chitty)への言及である[7]

より、字義通りに理解すれば、この歌はニューヨークを目指し、アメリカを東へと旅する様子を描いており、サイモンが登場させる恋人たちは、ミシガン州からピッツバーグを経て、ニューヨークへとつながるニュージャージー・ターンパイクに到達する。

作者のポール・サイモンは、ソロ名義のライブでもこの曲を歌い続けており、サイモンのライブ・アルバム『ライヴ・ライミン』(1974年)[8]や『ライヴ・イン・セントラル・パーク』(1991年)[9]にも収録された。

2000年、映画『あの頃ペニー・レインと』のサウンドトラックに取り上げられた。主人公の姉アニタは、自分が家を出てスチュワーデスになった理由を、この曲をかけることで表現する。

近年のコンピレーションCDに入っているこの曲はシングル盤のバージョンを用いており、イントロ部分に雑音は入っていない。これに対し、アルバム『ブックエンド』のバージョンでは、この曲の前に入っている「わが子の命を救いたまえ (Save the Life of My Child)」と連続するつなぎの音が入っている。

チャート[編集]

1971年のチャート 最高位
日本・オリコンチャート 15
1972年のチャート 最高位
英・シングル・チャート[10] 25
米・Billboard Hot 100 97

カバー・バージョン[編集]

1-2-3/クラウズによる編曲[編集]

スコットランドプログレッシヴ・ロック・バンド、クラウズは、バンド名を改める前、1-2-3 と名乗っていた頃に、1967年にロンドンのマーキー(The Marquee)で「アメリカ」を演奏しており[11]、これはサイモン&ガーファンクルによるレコーディングがまだ行われていない時点における演奏であった[11]。この1-2-3による「アメリカ」のライブ演奏は録音されており、2010年発売のコンピレーション・アルバム『Up Above Our Heads [Clouds 1966-71]』で初めて公式に発表された。

ポール・サイモンは、1965年にこの曲のデモテープをロンドンのレヴィ・スタジオ(Levy studios)で録音したが、そのテープが、スタジオのエンジニア(ラジオ・ルクセンブルグの Stu Francis)を介してバンドに渡ったのであった[11]。1-2-3 は、やはりこのデモテープに基づいて「サウンド・オブ・サイレンス」も演奏していた[11]

イエスによる編曲[編集]

アメリカ
イエスシングル
初出アルバム『The New Age of Atlantic
リリース
ジャンル プログレッシヴ・ロック
時間
レーベル アトランティック
作詞・作曲 ポール・サイモン
プロデュース イエス
エディ・オフォード(Eddie Offord)
年表
米国盤:ラウンドアバウト(Roundabout)
(1971年)
米国盤:アメリカ(America)
(1972年)
米国盤:同志 (And You and I)
(1972年)
テンプレートを表示

1971年プログレッシヴ・ロックのバンド、イエスによって、この曲は再編曲が施された。イエスは、プログレッシヴ・ロック特有の要素を曲に盛り込み、拍子を変えたり、長いインストゥルメンタル演奏を入れたりする一方で、原曲にあった歌詞を反復しながらフェードアウトする終結部(アウトロ)を削除した。このイエスのバージョンは、アルバムに収録された完全版では10分半の長さがある。この録音が最初に現れたのは、1972年アトランティック・レコードサンプラーとして出したアルバム『The New Age of Atlantic』であるが、この曲はその後1975年にイエスのコンピレーション・アルバムイエスタデイズ』に収録され、さらに2003年リマスター盤として再発売されたアルバム『こわれもの』にボーナス・トラックとして収録された。4分あまりに短く編集されたバージョンは、シングル盤としてリリースされ、ポップ・チャートの46位まで上昇した[12]。こちらのバージョンは、ボックスセット『イエスイヤーズ (Yesyears)』や『イエス・ストーリー (Yesstory)』に収められ、さらにアルバム『危機』の再発売に際してボーナス・トラックとなった。この曲のライブ・バージョンは、1996年のライブ・アルバム『キーズ・トゥ・アセンション』に収録されている。なお、イエスのライブでは1970年から演奏されており、そのライブ音源(キーボード奏者がトニー・ケイの時期の演奏)が収録されているブートレッグで確認することができる。スタジオ録音のキーボード奏者はリック・ウェイクマンで、イエスがスタジオで演奏をしている様子を撮影したプロモーション・フィルム(1971年)が存在する。

このイエスによる「アメリカ」の演奏は、前述した1-2-3(後のクラウズ)の演奏に近いとされており[11]、クラウズのキーボード奏者でソングライタービリー・リッチー(Billy Ritchie) は、1995年4月行われたインタビューにおいて、イエスが「アメリカ」など自分たちと同じ曲をカバーしたことについて言及し「私たちを元にしていることは明白」と語った[13]。但し、リック・ウェイクマンはそれを完全否定している。

デヴィッド・ボウイの演奏[編集]

デヴィッド・ボウイは、この曲の印象的なミニマリズム的演奏で、アメリカ同時多発テロ事件を受けて2001年10月20日に開催されたザ・コンサート・フォー・ニューヨーク・シティ(The Concert for New York City)のオープニングを飾った。このときボウイは、ステージの中央で椅子に座り、マイクロフォンと鈴木楽器製作所製のオムニコードだけによる演奏を行なった[14]。興味深いのは、ボウイが1967年当時、1-2-3(後のクラウズ)がこの曲を演奏した際に、マーキーでそれを聴いていたという点である。ボウイはこのバンドのビリー・リッチーの友人であり、このバンドは、当時まだ無名だったボウイの曲「I Dig Everything」も演奏していた[15]

その他のバージョン[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ サイモン&ガーファンクル『ブックエンド』2001年リマスターCD(SRCS 9857)英文ブックレットp.13
  2. ^ Keep The Customer Satisfied/ America by Simon & Garfunkel”. Classic 45's. 2011年11月27日閲覧。
  3. ^ 1972年、LP盤での初出時の邦題は『サイモンとガーファンクル・グレーテスト・ヒット』であったが、後に邦題が変更され近年のCD盤では『サイモン&ガーファンクル・グレイテスト・ヒッツ』となっている。
  4. ^ a b Simon & Garfunkel Billboard Singles”. AllMusic. 2012年6月30日閲覧。
  5. ^ 『KAWADE夢ムック 文藝別冊 [総特集] サイモン&ガーファンクル』(河出書房新社/2003年4月30日/ISBN 4-309-97650-6)p.95
  6. ^ 『KAWADE夢ムック 文藝別冊 [総特集] サイモン&ガーファンクル』p.91
  7. ^ The open Paul Simon biography”. paul-simon.info. 2011年11月27日閲覧。
  8. ^ Paul Simon in Concert: Live Rhymin' - Paul Simon : AllMusic
  9. ^ Concert in the Park - Paul Simon : AllMusic
  10. ^ Simon And Garfunkel”. ChartArchive. 2012年6月30日閲覧。
  11. ^ a b c d e イギリス盤CD『Up Above Our Heads [Clouds 1966-71]』(Clouds/2010年/BGO Records/BGOCD966)ライナーノーツ(David Wells、2010年10月)
  12. ^ Yes Billboard Singles”. AllMusic. 2012年6月30日閲覧。
  13. ^ Interviews with Clouds”. cloudsmusic.com. 2011年12月1日閲覧。
  14. ^ David Bowie - America @ Concert For New York City”. YouTube. 2011年11月27日閲覧。
  15. ^ “Archeology: 1-2-3 and the Birth of Prog (interview with David Bowie)”. Mojo Magazine (Nov. 1994). (1994年). http://pages.123-reg.co.uk/billy347-685372/cloudsmusic/id8.html 2011年12月1日閲覧。. 
  16. ^ Bert Sommer at Woodstock!”. Victor Kahn. 2011年10月22日閲覧。
  17. ^ a b Fusilli, Jim (2009年8月6日). “Woodstock’s Forgotten Man”. Wall Street Journal. http://online.wsj.com/article/SB10001424052970204313604574330730802526224.html 2011年11月21日閲覧。