アメリカ合衆国大統領の利き手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1929年以降のアメリカ合衆国大統領の利き手一覧(出典:[1][2][3]
氏名 任期 利き手
ハーバート・フーヴァー 1929-1933 左利き[疑問点 ]
フランクリン・ルーズベルト 1933-1945 右利き
ハリー・S・トルーマン 1945-1953 左利き[4]
ドワイト・D・アイゼンハワー 1953-1961 右利き
ジョン・F・ケネディ 1961-1963 右利き
リンドン・ジョンソン 1963-1969 右利き
リチャード・ニクソン 1969-1974 右利き
ジェラルド・R・フォード 1974-1977 左利き
ジミー・カーター 1977-1981 右利き
ロナルド・レーガン 1981-1989 両利き
ジョージ・H・W・ブッシュ 1989-1993 左利き
ビル・クリントン 1993-2001 左利き
ジョージ・W・ブッシュ 2001-2009 右利き
バラク・オバマ 2009-現職 左利き

アメリカ合衆国大統領利き手は、ここ数十年間より以前の大統領に関しては確実に特定することは難しい。アメリカ合衆国が建国された18世紀から19世紀にかけて、左利きの人は障害者と見做され、教師は左利きの生徒に対してこれをやめさせるようにと努力したものであった[1][5]。こうした理由のため、20世紀初期より前の大統領に関しては、利き手を確実に決定できるような出典はほとんど存在していない。左利きであった最初の大統領はハーバート・フーヴァー(第31代)であったとされているが[6]、これには議論が存在する[2]。これより前に左利きの大統領がいたという証拠はないが、ジェームズ・ガーフィールド(第20代)は右手でラテン語を、そして左手で古代ギリシア語を同時に書くことができたと言われている[3]ロナルド・レーガン(第40代)は左のほうが利き手として優勢と噂されたが、学校の教師や両親に強制的に右利きにされた[6]。しかし、このことを裏付ける証拠には信ぴょう性が薄い。もし事実であれば、レーガンは両利きであるということになる[2]。伝記作家デイヴィッド・ マカルー英語版によれば、ハリー・S・トルーマン(第33代)も同じようなケースである[7]

2012年現在、直近の7人の大統領のうち5人が左利きである。トルーマンの時代まで戻れば、12人のうち5人(あるいは6人)である。1992年の大統領選挙では、有力候補であったジョージ・H・W・ブッシュビル・クリントン、そしてロス・ペローの3人は全員左利きであった[2]1996年の大統領選挙でも左利きに関係の深い候補が3人登場する。左利きのクリントンとペロー、そして第二次世界大戦中の怪我がもとで右手が麻痺してしまったことにより左手を使うようになったボブ・ドールである。付け加えて、2008年の大統領選挙における二大政党の候補者であったバラク・オバマジョン・マケインの両方とも左利きである[2]。アメリカにおける左利きの人口比率は約10%でしかない[3]。にもかかわらず近年の大統領、大統領候補者に左利きの比率が高いように見えることについては、単なる偶然であるとする見方がある一方で、科学的な説明を考察する者も存在する。例えばカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で人類遺伝学が専門のダニエル・ゲシュビンド(Daniel Geschwind)が2008年に語ったところによれば、過去12人の大統領のうち6人が左利きであるということは統計的にも意義深いことであり、何かを暗示していると思われる[3]

利き手について研究するアマル・クラー(Amar Klar)によれば、左利きの人たちは広範囲に物を考え、多くのノーベル賞受賞者や作家、画家が左利きに偏っていると指摘する[6]脳機能局在論によれば、左側の大脳半球英語版は通常、言語を司るが、左利きの人の場合、この区分はそれほど明確になっていない[3]。左利きの人のうち7人に一人は、言語を脳の両方を使って処理しているが、一般的な(大部分は右利きの)人々の場合は20人に一人にすぎない。これはおそらく、言語と器用さの関係によるものである。脳内で言語に割り当てられる場所が増加することで、レーガン、クリントン、そしてオバマのようなコミュニケーション能力の高さを説明できる可能性がある。クラーは、両方の半球において言語を処理することで、左利き、そして両利きはさらなる複雑な論理的思考が可能になることを示唆している[6]グェルフ大学英語版神経心理学者英語版であるマイケル・ピーターズ(Michael Peters)は、左利きの人は右利きに適している世界でうまく暮らしていかなければならず、そのことがさらなる精神的な回復力を生むのではないかと指摘する[1]

しかし、アメリカにおける傾向は他国では見られていない。イギリスでは戦後、左利きの首相ジェームズ・キャラハン[3]デーヴィッド・キャメロン[8]の二人しかいない。ウィンストン・チャーチルが左利きであるとされることがあるが、実際にはそうではない[9]。またカナダでは、少なくとも1980年以降、左利きの首相はいない[1]。日本の最近の首相では、野田佳彦[10]菅直人[11]は箸やフォークを右手で持っており、右利きと思われる。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Chung, Andrew (2008年3月2日). “Odds are next U.S. president will be left-handed”. トロント・スター. http://www.thestar.com/News/USElection/article/308543 2012年6月10日閲覧。 
  2. ^ a b c d e Rotstein, Gary (2008年2月25日). “Another left-handed president? It's looking that way.”. ピッツバーグ・ポスト・ガゼット英語版. http://www.post-gazette.com/pg/08056/860162-294.stm 2012年6月10日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f Pilkington, Ed (2008年10月24日). “Revealed: The leftist plot to control the White House”. ガーディアン. http://www.guardian.co.uk/world/2008/oct/24/barack-obama-mccain-white-house-left-handed 2012年6月9日閲覧。 
  4. ^ McCullough, David (1993). Truman. Simon & Schuster. p. 47. ISBN 0671869205. "元々は左利きであったが、(教師らによって)右手を使うよう指導された。" 
  5. ^ Macrae, Fiona (2008年10月24日). “As two lefties vie for the American presidency... why are so many U.S. premiers left-handed?”. デイリー・メール. http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1080401/As-lefties-vie-American-presidency--U-S-premiers-left-handed.html 2012年6月10日閲覧。 
  6. ^ a b c d James, Susan Donaldson (2008年2月22日). “Four Out of Five Recent Presidents Are Southpaws”. ABCニュース. http://abcnews.go.com/politics/story?id=4326568 2012年6月10日閲覧。 
  7. ^ McCullough, David (1992). Truman. New York; London: Simon & Schuster. pp. 43. ISBN 0-671-45654-7. 
  8. ^ “Picture of Cameron signing”. Flickr. http://farm5.static.flickr.com/4058/4582227328_1275323844.jpg 2012年6月9日閲覧。 左手でペンを持っていることが確認できる。
  9. ^ Ed Wright, A Left-handed History of the World (2007) p.244
  10. ^ “梅干しを試食する野田首相”. 時事ドットコム (時事通信). (2012年6月6日). http://www.jiji.com/jc/p_archives?id=20120606115558-2709831 2012年6月9日閲覧。 右手で箸を持っていることが確認できる。
  11. ^ 菅総理の動き 野菜農家視察”. 首相官邸ホームページ (2011年12月4日). 2012年6月9日閲覧。右手でフォークを持っていることが確認できる。

関連文献[編集]