アメリカ合衆国の福音派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アメリカ合衆国の福音派(アメリカがっしゅうこくのふくいんは)について記述する。

歴史[編集]

世界教会協議会(WCC)のエキュメニズム自由主義神学(リベラル)、新正統主義を否定するが、キリスト教根本主義(ファンダメンタリズム)にも同意できない福音主義の立場によってアメリカ合衆国の福音派が形成された[1][2]。米国福音派の代表的な伝道者ビリー・グラハムは5点のキリスト教信仰を否定しているわけではないが、グラハムの立場は根本主義者からは非難されており、別の運動となっている[3]

米国福音派の組織としては、1942年米国福音同盟NAE)が設立されている[4]。NAEにはペンテコステ派アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団が加盟しているが、根本主義の組織であるAmerican Council of Christian Churches聖霊派を認めていない。

ビリー・グラハムは米国福音派の代表的人物と呼ばれる。また、ワールド・ビジョンユース・フォー・クライストキャンパス・クルセードも米国福音派の組織である。福音派の『クリスチャニティ・トゥディ』は、リベラルにも読まれるほどで、キリスト教の代表的な雑誌になったといわれる[5]

1966年世界伝道会議と、1974年ローザンヌ世界伝道国際会議に世界中から集った福音主義者がコミットし、「ローザンヌ誓約」を結んだ[6][7]。エヴァンジェリカルはWCC系エキュメニカルのリベラル派が伝道せずに社会問題に関わって来たとして批判し、社会問題そのものに関わらなかったが、それは根本主義と近代主義の論争が起った1910年-1930年代に伝道と社会問題を対立概念としてとらえたからだと指摘されている[8]。ローザンヌ誓約において福音派は宣教を福音伝道と社会問題に分けて、伝道の優先性を強調しながらも、救いが全人格的なものであると認めている。

イラク戦争については、米国福音同盟とアジア福音同盟日本福音同盟(JEA)は異なる立場をとっている。米国福音同盟がこれを支持したのに対し、アジア福音同盟とJEAは反対している[9]

2009年には正教会アメリカ正教会など)、カトリック教会、福音派の指導者が共同で、「マンハッタン宣言」を発表し、人工妊娠中絶同性愛といった罪に抵抗すると宣言している。

2010年には世界宣教東京大会が開催された。ここでアメリカの教会の代表は日本に原爆を投下した罪と、米国が世界で行っている罪を公に謝罪した。[10]

脚注[編集]

  1. ^ 古屋p.90-91
  2. ^ 古屋p.100
  3. ^ Bob Jones University Drops Interracial Dating Ban | Christianity Today | A Magazine of Evangelical Conviction
  4. ^ 古屋p.91
  5. ^ 古屋p.98
  6. ^ ジョン・ストット『ローザンヌ誓約』いのちのことば社
  7. ^ 古屋p.101-102
  8. ^ 古屋p.108-109
  9. ^ 『日本キリスト教宣教史』p.370
  10. ^ エジンバラ100周年記念・世界宣教東京大会

参考文献[編集]