アメリカ合衆国の人口統計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国の人口統計
USA2020dec1.png
2020年のアメリカ合衆国の人口ピラミッド
人口331,449,281人
人口密度33.6人/km2
増減率増加 0.72%(2020年)
出生率10.9人/人口1,000人
死亡率10.2人/人口1,000人
平均寿命77.3歳(2020年)
 • 男性74.5歳
 • 女性80.2歳
合計特殊出生率1.638人
乳児死亡率1000出生あたり5.9人
年齢構成
14歳以下18.37%
15 - 64歳65.00%
65歳以上16.63%
国民
国民アメリカ人
言語
公用語連邦政府における公用語はない。英語が50州中32州で公用語に指定されている(そのうち5州は米国海外領土)。ハワイ語ハワイ州では公用語であり、アラスカの20の原住民言語アラスカ州で、スー語サウスダコタ州で公用語である[1]サモア語アメリカ領サモアで公用語である[2]チャモロ語グアム[3]、チャモロ語とカロリン語北マリアナ諸島[4]スペイン語プエルトリコで公用語である[5]

この項目ではアメリカ合衆国の人口統計英語:Demographics of the United States、スペイン語:Demografía de los Estados Unidos)について解説する。

アメリカ合衆国の人口は中華人民共和国インドに次ぐ世界3位である[6]米国国勢調査局によると、2020年時点におけるアメリカの総人口は331,449,281人[7]であった。合計特殊出生率は長らく人口置換水準の2.1に近い水準を保ってきたが、2020年には1.638まで下落している。

人口[編集]

1平方マイルごとの全米の郡の人口(米国国勢調査局調査・2013年–2017年の5年間の統計)[8][9]米国全体の人口密度よりも人口密度の高い郡は濃い青になっている。
1平方マイルごとの全米の州の人口(米国国勢調査局調査・2013年–2017年の5年間の統計) [8][9] 米国全体の人口密度よりも人口密度の高い州は濃い青色になっている。
2010年から人口が増加している全米の郡(米国国勢調査局・2018年住民人口推計)[10] 米国全体の人口増加よりも増加している郡は濃い緑、米国全体の人口増加よりも増加が緩やかな郡は薄い緑、人口が減少している郡は赤で記している。
2010年から人口が増加している全米の州(米国国勢調査局・2018年住民人口推計) [10] 米国全体の人口増加よりも増加している州は濃い緑、米国全体の人口増加よりも増加が緩やかな州は薄い緑、人口が減少している州は赤で記している。

2018年11月8日 (2018-11-08)現在、米国の推計人口は328,953,020となっている。

以下の人口統計は、他に参照がない限り全てCIA World Factbook 2018年現在推計による。[11]

移民[編集]

2017年、米国の外国生まれの人口のうち、約45%(2,070万人)が帰化市民、27%(1,230万人)が不法滞在者(市民になる資格のある人を含む)、6%(220万人)が一時的な合法居住者であり、23%(1,050万人)が不法移民であった。[12] 現在米国在住の移民で、出生数上位5か国は、メキシコ(全体の25%)、中国(6%)、インド(6%)、フィリピン(5%)、エルサルバドル(3%)である。現在の在米移民の約13%はヨーロッパカナダから、10%はカリブ海地域出身である。 [12] 2010年以降は、アジアからの移民はヒスパニック系移民よりも多くなっている。2017年には、移民の37.4%がアジア人で、26.6%がヒスパニック系だった。[12] 2017年と2018年まで、米国は数十年にわたって難民の第三国定住で世界をリードし、世界の他の地域を合わせたよりも多くの難民を受け入れてきた。1980年度から2017年度まで、難民の55%がアジアから、27%がヨーロッパから、13%がアフリカから、そして4%がラテンアメリカから来て、戦争と迫害から逃れた[13]

年齢構成[編集]

人口分布は以下の通り:
年齢 男性 女性 総数 全米での割合 % 男性 % 女性 男女比
0–14 31,255,995 29,919,938 61,175,933 18.73% 51.09% 48.91% 1.04
15–24 22,213,952 21,137,826 43,351,778 13.27% 51.24% 48.76% 1.05
25–54 64,528,673 64,334,499 128,863,172 39.45% 50.08% 49.91% 1.00
55–64 20,357,880 21,821,976 42,179,856 12.91% 48.26% 51.74% 0.93
65+ 22,678,235 28,376,817 51,055,052 15.63% 44.42% 55.58% 0.80
全年齢 161,034,735 165,591,056 326,625,791 100.00% 49.30% 50.70% 0.97

アメリカ人の平均年齢は38.2歳。男性は36.9歳、女性は39.5歳。

初産時の母親の平均年齢[編集]

  • 26.4歳 (2015年推定)

平均寿命(期待寿命)[編集]

  • 総人口:2017年に生まれた子供は、78.6歳[14]
  • 男性: 76.1 歳
  • 女性: 81.1 歳

米国の平均寿命は、2014年以降減少傾向にある。アメリカ疾病予防管理センター は、3つの主な理由を挙げている。過去10年間の過剰摂取の72%の増加(2016年7月から2017年9月までのオピオイド過剰摂取の30%の増加を含むが、法的処方による偶発的な過剰摂取と 違法に入手されたオピオイドの過剰摂取および/または違法な薬物、すなわちヘロイン、コカイン、メタンフェタミンなどとの組み合わせ)、肝疾患の10年の増加(男性25〜34歳は年間8%増加、女性は年間11%増加))、1999年以降自殺率が33%増加している。[14]

人口密度[編集]

 と

最も人口密度の高い州は、ニュージャージー州(1,121 / mi2 または433 / km2)である。

人口は高度に都市化されており、人口の82.3%が都市や郊外に住んでいる。[11] 大規模な都市圏は、米国の東半分(特に五大湖地域、北東、東、南東)と西部の州に広がっています。 山岳地帯、主にロッキー山脈とアパラチア山脈、南西部の砂漠、極北の密な北方林、中央草原州は人口密度が低くなっている。アラスカの人口は南海岸に集中しており、特にアンカレッジに重点を置いている。ハワイの人口はオアフ島を中心としている。[11] 米国の人口の平均中心が一貫して西と南に移動しているため、カリフォルニア州テキサス州は最も人口の多い州である。[15][16]ニューヨーク市は米国で最も人口の多い都市であり、[17] 少なくとも1790年から存在している。

米国領では、人口密集地にはプエルトリコのサンファン大都市圏と、[18] 北マリアナ諸島のサイパン島[19] 米領サモアのトゥトゥイラ島[20]である。

人口増加率[編集]

  • 人口増加率:0.8%。世界との国の比較:130位

人種ごとの出生数と出生率[編集]

米国生まれの人々[編集]

注:ヒスパニックは、民族と人種の両方でカウントされ、全体の数が多くなる。また、成長矢印は出生率ではなく、出生数の増減を示していることにも注意。[21][22][23]

母親の人種 出生数
2014年
出生数
(全体の%)
合計特殊出生率
(2014年)
出生数
2015年
出生数
(全体の%)
合計特殊出生率
(2015年)
出生数
2016年
出生数
(全体の%)
合計特殊出生率
(2016年)
出生数
2017年
出生数
(全体の%)
合計特殊出生率
(2017年)
出生数
2018年
出生数
(全体の%)
合計特殊出生率
(2018年)
増加
減少
白人
3,019,863
75.72% 1.876
3,012,855
75.73% 1.864
> ヒスパニック系
2,149,302
53.89% 1.763
2,130,279
53.54% 1.746
2,056,332
52.11% 1.719
1,992,461
51.68% 1.666
1,956,413
51.60% 1.640
減少1.81%
黒人
640,562
16.06% 1.872
640,079
16.09% 1.853
> 非ヒスパニック 黒人
588,891
14.77% 1.874
589,047
14.80% 1.857
558,622
14.16% 1.832
560,715
14.54% 1.824
552,029
14.56% 1.792
減少1.55%
アジア系 (incl. Pacific islander until 2015)
282,723
7.09% 1.715
281,264
7.07% 1.646
254,471
6.45% 1.690
249,250
6.46% 1.597
240,798
6.35% 1.525 減少3.39%
ネイティブアメリカン とアラスカ先住民
44,928
1.13% 1.289
44,299
1.11% 1.263
31,452
0.80% 1.794
29,957
0.78% 1.702
29,092
0.77% 1.651 減少2.89%
ハワイ (incl. other Pacific Islander)
9,342
0.23% 2.076
9,426
0.24% 2.085
9,476
0.25% 2.106 増加0.53%
合計
3,988,076
100% 1.862
3,978,497
100% 1.843
3,945,875
100% 1.820
3,855,500
100% 1.765
3,791,712
100% 1.729 減少2.29%

注釈:

成長矢印(増加/減少)は、出生率ではなく、出生数の増加または減少を示している。

母親の民族 出生数
2014年
合計特殊出生率
(2014)
出生数
2015年
合計特殊出生率
(2015)
出生数
2016年
合計特殊出生率
(2016)
出生数
2017年
合計特殊出生率
(2017)
出生数
2018年
合計特殊出生率
(2018)
増加
減少
非ヒスパニック (すべての人種)
3,074,011
1.793
3,054,449
1.770
3,027,428
2,956,736
2,905,502
減少1.73%
ヒスパニック (すべての人種)
914,065
2.131
924,048
2.124
918,447
2.093
898,764
2.007
886,210
1.959 減少1.40%
人種別の外国生まれの出生率(‰)
とヒスパニック系のもの[24]
人種 2008 2011 2013
白人 2.29 2.01 1.94
黒人 2.51 2.57 2.35
アジア系 2.25 2.02 1.93
その他 1.80 2.04 2.06
ヒスパニック (of any race) 3.15 2.77 2.46
合計 2.75 2.45 2.22

移民[編集]

  • 純移住率:3.8人/人口1,000人(2018年推定)世界との比較:35位 [要出典]
  • 純移住率:移民3.9人/人口1,000人(2017年推定) [要出典]

2017年の時点で、人口の13.6%(44.4百万人)が外国生まれだった。これは1970年の4.7%から増加したが、1890年の記録である14.8%を下回っている。 外国生まれの人口の45%は帰化した米国市民だった。 外国生まれのコミュニティの23%(1,030万人)は必要な書類の欠如しており、総人口の3.2%を占めている。[25] 2010年の国勢調査によると、ラテンアメリカとカリブ海諸国は最大の出生地域グループであり、外国生まれの人口の53%を占めている。2018年の時点で、この地域は依然として米国への最大の移民源である。[26][27][28] 2018年には、米国には約9000万人の移民と米国生まれの移民の子供(第2世代のアメリカ人)がおり、米国の全人口の28%を占めている。[29] 2018年には、1,096,611人の移民が米国での恒久的または一時的な合法的な居住を許可された。[30]

新移民の流入・上位10か国(2018年)[28]
2018年
メキシコの旗 メキシコ 160,132
キューバの旗 キューバ 75,159
中華人民共和国の旗 中国 61,848
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 57,286
インドの旗 インド 56,761
フィリピンの旗 フィリピン 44,776
ベトナムの旗 ベトナム 33,236
エルサルバドルの旗 エルサルバドル 22,884
ハイチの旗 ハイチ 21,091
ジャマイカの旗 ジャマイカ 19,986
地域別の新しい法定永住者の流入、2018年[28]
地域 2018
アジア 383,145
南北アメリカ 489,291
アフリカ 112,745
ヨーロッパ 85,486
オセアニア 5,422
不明 20,522
合計 1,096,611
タイプおよび主要な入学クラスごとに合法的な永住権を取得している人[31]
入学のクラス(ステータスと新着の調整) 2018
米国市民の近親者 478,961
Family-sponsored preferences 216,563
Employment-based preferences 138,171
Diversity 45,350
Refugees 155,734
Asylees 30,175
Parolees 14
Children born abroad to alien residents 69
Certain Iraqis and Afghans employed by U.S. Government and their spouses and children 10,297
Cancellation of removal 4,421
Victims of human trafficking 1,208
Victims of crimes and their spouses and children 15,012
Other 636

人口動態統計[編集]

1935年からの人口動態統計[編集]

標準人口[32] 出生数[33] 死亡 自然増減 およその出生率 (人口1,000人あたり) およその死亡率 (人口1,000人あたり) [34] 自然変動 (人口1,000人あたり) 合計特殊出生率[fn 1][35]
1935 127,362,000 2,377,000 1,392,752 984,248 18.7 10.9 7.7 2.19
1936 128,181,000 2,355,000 1,479,228 875,772 18.4 11.5 6.8 2.15
1937 128,961,000 2,413,000 1,450,427 962,573 18.7 11.2 7.5 2.17
1938 129,969,000 2,496,000 1,381,391 1,114,609 19.2 10.6 8.6 2.22
1939 131,028,000 2,466,000 1,387,897 1,078,103 18.8 10.6 8.2 2.17
1940 132,165,000 2,559,000 1,417,269 1,142,000 19.4 10.8 8.6 2.301
1941 133,002,000 2,703,000 1,397,642 1,305,358 20.3 10.5 9.8 2.399
1942 134,464,000 2,989,000 1,385,187 1,603,813 22.2 10.3 11.9 2.628
1943 136,003,000 3,104,000 1,459,544 1,644,306 22.8 10.7 12.1 2.718
1944 138,083,000 2,939,000 1,411,338 1,644,456 21.2 10.2 11.0 2.568
1945 139,994,000 2,858,000 1,401,719 1,456,281 20.4 10.0 10.4 2.491
1946 140,008,000 3,411,000 1,395,617 2,015,383 24.1 10.0 14.1 2.943
1947 145,023,000 3,817,000 1,445,370 2,371,630 26.6 10.0 16.6 3.274
1948 148,013,000 3,637,000 1,444,337 2,192,663 24.9 9.8 15.1 3.109
1949 149,336,000 3,649,000 1,443,607 2,205,393 24.5 9.7 14.8 3.110
1950 151,861,000 3,632,000 1,452,454 2,180,000 24.1 9.6 14.5 3.091
1951 154,056,000 3,823,000 1,482,099 2,340,901 24.8 9.6 15.2 3.269
1952 156,431,000 3,913,000 1,496,838 2,416,162 25.0 9.6 15.4 3.358
1953 159,047,000 3,965,000 1,447,459 2,517,541 25.2 9.1 16.1 3.424
1954 161,948,000 4,078,000 1,481,091 2,596,909 24.8 9.3 15.5 3.543
1955 163,476,000 4,097,000 1,528,717 2,568,283 25.0 9.3 14.3 3.580
1956 166,578,000 4,218,000 1,564,476 2,653,524 25.1 9.3 15.8 3.689
1957 169,637,000 4,308,000 1,633,128 2,666,872 25.3 9.5 15.8 3.767
1958 172,668,000 4,255,000 1,647,886 2,607,114 24.4 9.5 14.9 3.701
1959 175,642,000 4,244,796 1,656,814 2,587,982 24.0 9.4 14.7 3.670
1960 179,979,000 4,257,850 1,711,982 2,545,868 23.7 9.5 14.1 3.654
1961 182,992,000 4,268,326 1,701,522 2,566,804 23.3 9.3 14.0 3.629
1962 185,771,000 4,167,362 1,756,720 2,410,642 22.4 9.5 12.9 3.474
1963 188,483,000 4,098,020 1,813,549 2,284,471 21.7 9.6 12.1 3.333
1964 191,141,000 4,027,490 1,798,051 2,229,439 21.1 9.4 11.7 3.208
1965 193,526,000 3,760,358 1,828,136 1,932,222 19.4 9.5 9.9 2.928
1966 195,576,000 3,606,274 1,863,149 1,743,125 18.4 9.5 8.9 2.736
1967 197,457,000 3,520,959 1,851,323 1,669,636 17.8 9.4 8.4 2.578
1968 199,399,000 3,501,564 1,930,082 1,571,482 17.6 9.7 7.9 2.477
1969 201,385,000 3,600,206 1,921,990 1,678,216 17.9 9.5 8.4 2.465
1970 203,984,000 3,731,386 1,921,031 1,810,355 18.4 9.4 9.0 2.480
1971 206,827,000 3,555,970 1,927,542 1,628,428 17.2 9.3 7.9 2.266
1972 209,284,000 3,258,411 1,963,944 1,294,467 15.6 9.4 6.2 2.010
1973 211,357,000 3,136,965 1,973,003 1,163,962 14.8 9.5 5.3 1.879
1974 213,342,000 3,159,958 1,934,388 1,225,570 14.8 9.1 5.7 1.835
1975 215,465,000 3,144,198 1,892,879 1,251,319 14.6 8.8 5.8 1.774
1976 217,563,000 3,167,788 1,909,440 1,258,348 14.6 8.8 5.8 1.738
1977 219,760,000 3,326,632 1,899,597 1,427,035 15.1 8.6 6.5 1.789
1978 222,095,000 3,333,279 1,927,788 1,405,491 15.0 8.7 6.3 1.760
1979 224,567,000 3,494,398 1,913,841 1,580,557 15.6 8.5 7.1 1.808
1980 227,225,000 3,612,258 1,989,841 1,622,417 15.9 8.8 7.1 1.839
1981 229,466,000 3,629,238 1,977,981 1,651,257 15.8 8.6 7.2 1.812
1982 231,664,000 3,680,537 1,974,797 1,705,740 15.9 8.5 7.4 1.827
1983 233,792,000 3,638,933 2,019,201 1,619,732 15.6 8.6 6.9 1.799
1984 235,825,000 3,669,141 2,039,369 1,629,772 15.6 8.6 6.9 1.806
1985 237,924,000 3,760,561 2,086,440 1,674,121 15.8 8.8 7.0 1.844
1986 240,133,000 3,756,547 2,105,361 1,651,186 15.6 8.8 6.9 1.837
1987 242,289,000 3,809,394 2,123,323 1,686,071 15.7 8.8 7.0 1.872
1988 244,499,000 3,909,510 2,167,999 1,741,511 16.0 8.9 7.1 1.934
1989 246,819,000 4,040,958 2,150,466 1,890,492 16.4 8.7 7.7 2.014
1990 249,623,000 4,158,212 2,148,463 2,009,749 16.7 8.6 8.1 2.081
1991 252,981,000 4,110,907 2,169,518 1,941,389 16.2 8.6 7.7 2.062
1992 256,514,000 4,065,014 2,175,613 1,889,401 15.8 8.5 7.4 2.046
1993 259,919,000 4,000,240 2,268,553 1,731,687 15.4 8.7 6.7 2.019
1994 263,126,000 3,952,767 2,278,994 1,673,773 15.0 8.7 6.4 2.001
1995 266,278,000 3,899,589 2,312,132 1,587,457 14.6 8.7 6.0 1.978
1996 269,394,000 3,891,494 2,314,690 1,576,804 14.4 8.6 5.9 1.976
1997 272,647,000 3,880,894 2,314,245 1,566,649 14.2 8.5 5.7 1.971
1998 275,854,000 3,941,553 2,337,256 1,604,297 14.3 8.5 5.8 1.999
1999 279,040,000 3,959,417 2,391,399 1,568,018 14.2 8.6 5.6 2.007
2000 282,172,000 4,058,814 2,403,351 1,655,463 14.4 8.5 5.9 2.056
2001 285,082,000 4,025,933 2,416,425 1,609,508 14.1 8.5 5.6 2.030
2002 287,804,000 4,021,726 2,443,387 1,578,339 14.0 8.5 5.5 2.020
2003 290,326,000 4,089,950 2,448,288 1,641,662 14.1 8.4 5.5 2.047
2004 293,046,000 4,112,052 2,397,615 1,714,437 14.0 8.2 5.9 2.051
2005 295,753,000 4,138,349 2,448,017 1,690,332 14.0 8.3 5.7 2.057
2006 298,593,000 4,265,555 2,426,264 1,839,291 14.3 8.1 6.2 2.108
2007 301,580,000 4,316,234 2,423,712 1,892,522 14.3 8.0 6.3 2.120
2008 304,375,000 4,247,694 2,471,984 1,775,710 14.0 8.1 5.9 2.072
2009 307,007,000 4,130,665 2,437,163 1,693,502 13.5 7.9 5.6 2.002
2010 309,330,000 3,999,386 2,468,435 1,530,951 13.0 8.0 5.0 1.931
2011 311,583,000 3,953,590 2,515,458 1,438,412 12.7 8.1 4.6 1.894
2012 313,874,000 3,952,841 2,543,279 1,409,562 12.6 8.1 4.5 1.880
2013 316,129,000 3,932,181 2,596,993 1,336,183 12.4 8.2 4.2 1.857
2014 319,113,000 3,988,076 2,626,418 1,361,658 12.5 8.2 4.3 1.862
2015 321,442,000 3,978,497 2,712,630 1,265,867 12.4 8.4 4.0 1.843
2016 323,100,000 3,945,875 2,744,248 1,201,627 12.2 8.5 3.7 1.820
2017 325,719,000 3,855,500[36] 2,813,503[37] 1,041,997 11.8 8.7 3.1 1.765
2018 326,687,000 3,791,712[38] 2,839,205[39] 952,507 11.6 8.7 2.9 1.729
2019 328,239,523 3,745,540[40] 2,855,000 890,540 11.4 8.7 2.7 1.705[40]
2020 331,449,000 3,605,201 3,390,024 215,177 10.9 10.2 0.7 1.638[40]

現在の人口動態[編集]

[41]

出生数:

  • 2019年1月–6月 = 減少 1,814,000
  • 2020年1月−6月 = 減少 1,778,000

死亡数 :

  • 2019年1月–6月 = 減少 1,443,000
  • 2020年1月−6月 = ネガティブな増加 1,626,000

自然増 :

  • 2019年1月–6月 = 減少 371,000
  • 2020年1月−6月 = 減少 152,000

注釈[編集]

  1. ^ In fertility rates, 2.1 and above is a stable population and has been marked blue, 2 and below leads to an aging population and the result is that the population decreases.

脚注[編集]

  1. ^ Kaczke, Lisa (2019年3月25日). “South Dakota recognizes official indigenous language”. Argus Leader. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ http://www.rnzi.com/pages/news.php?op=read&id=42333 "Samoa now an official language of instruction in American Samoa". Radio New Zealand International. 2008-10-03.
  3. ^ https://www.britannica.com/place/Guam "Guam". Encyclopaedia Britannica. 2018-10-24.
  4. ^ https://www.britannica.com/place/Northern-Mariana-Islands "Northern Mariana Islands". Encyclopaedia Britannica. 2018-10-19.
  5. ^ http://www.languagepolicy.net/archives/can-pr.htm Crawford, James. "Puerto Rico and Official English". languagepolicy.net. Retrieved April 27, 2011.
  6. ^ Population Clock”. United States Census Bureau. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  7. ^ CIA World Factbook – Field Listing – Population growth rate”. CIA. 2012年1月9日閲覧。
  8. ^ a b DP05 – ACS DEMOGRAPHIC AND HOUSING ESTIMATES”. U.S. Census Bureau. 2019年10月17日閲覧。
  9. ^ a b GCT-PH1 – Population, Housing Units, Area, and Density: 2010 - United States -- States; and Puerto Rico”. U.S. Census Bureau. 2019年10月17日閲覧。
  10. ^ a b PEPANNRES – Annual Estimates of the Resident Population: April 1, 2010 to July 1, 2018”. U.S. Census Bureau. 2019年10月17日閲覧。
  11. ^ a b c 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「CIA」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  12. ^ a b c Radford, Jynnah (2019年6月17日). “Key findings about U.S. immigrants”. Pew Research Center. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  13. ^ Jens Manuel Krogstad (2019年10月7日). “Key facts about refugees to the U.S.”. Pew Research Center. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  14. ^ a b US life expectancy has been declining. Here’s why Upton Saiidi, CNBC Markets, July 9, 2019
  15. ^ Table 13. State Population – Rank, Percent Change, and Population Density (Excel)”. U.S. Census Bureau (2008年). 2010年10月24日閲覧。
  16. ^ Mean Center of Population for the United States: 1790 to 2000”. U.S. Census Bureau. 2010年10月24日閲覧。
  17. ^ Annual Estimates of the Resident Population for Incorporated Places over 110,000, Ranked by July 1, 2009 Population: April 1, 2000 to July 1, 2009 (SUB-EST2009-01)”. U.S. Census Bureau. 2010年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月19日閲覧。
  18. ^ https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/rq.html CIA World Factbook. Puerto Rico. Retrieved July 1, 2020.
  19. ^ https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/cq.html CIA World Factbook. Northern Mariana Islands. Retrieved July 1, 2020.
  20. ^ https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/aq.html CIA World Factbook. American Samoa. Retrieved July 1, 2020.
  21. ^ Births: Final Data for 2014”. Cdc.gov. 2017年10月3日閲覧。
  22. ^ National Vital Statistics Reports. Births: Final Data for 2015”. Cdc.gov. 2017年10月3日閲覧。
  23. ^ Susan Perry (2019年1月11日). “U.S. fertility rate continues to decline, reaching lowest level in 40 years”. MinnPost. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  24. ^ The Declining Fertility of Immigrants and Natives”. Cis.org. 2017年10月3日閲覧。
  25. ^ Radford, Jynnah (2019年6月17日). “Key findings about U.S. immigrants”. FactTank - News in the Numbers (Pew Research Center). https://www.pewresearch.org/fact-tank/2019/06/17/key-findings-about-u-s-immigrants/ 2020年1月12日閲覧。 
  26. ^ Largest region-of-birth group of immigrants in US”. Census.gov. 2017年10月3日閲覧。
  27. ^ Latin America: Introduction”. sites.fas.harvard.edu. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  28. ^ a b c Table 2. Persons Obtaining Lawful Permanent Resident Status by Region and Selected Country of Last Residence: Fiscal Years 2016 to 2018”. Yearbook of Immigration Statistics. Department of Homeland Security (2019年12月19日). 2020年1月12日閲覧。
  29. ^ “Frequently Requested Statistics on Immigrants and Immigration in the United States”. Migration Policy Institute. (2019年3月14日). https://www.migrationpolicy.org/article/frequently-requested-statistics-immigrants-and-immigration-united-states 
  30. ^ Table 1. Persons Obtaining Lawful Permanent Resident Status: Fiscal Years 1820 to 2018”. Yearbook of Immigration Statistics. Department of Homeland Security (2019年12月19日). 2020年1月12日閲覧。
  31. ^ Table 6. Persons Obtaining Lawful Permanent Resident Status by Type and Major Class of Admission: Fiscal Years 2016 to 2018”. Yearbook of Immigration Statistics. Department of Homeland Security (2019年12月19日). 2020年1月12日閲覧。
  32. ^ United States of America: historical demographical data of the whole country”. Population Statistics. Jan Lahmeyer (2000年1月22日). 2013年10月16日閲覧。
  33. ^ Data Access - Vital Statistics Online”. www.cdc.gov (2019年5月13日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  34. ^ 1960 to 2011United States – Death rate: Death rate, crude (per 1,000 people)”. Index Mundi. IndexMundi. 2013年10月24日閲覧。
  35. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「stlouisfed.org」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  36. ^ National Vital Statistics Reports. Births: Final Data for 2017”. Cdc.gov. 2018年12月27日閲覧。
  37. ^ Products - Data Briefs - Number 328 - November 2018”. www.cdc.gov (2019年6月7日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  38. ^ 2019 U.S. Population Estimates Continue to Show the Nation's Growth Is Slowing”. U.S. Census Bureau (2019年12月30日). 2019年12月30日閲覧。
  39. ^ Mortality in the United States, 2018”. Centers for Disease Control and Prevention (2020年1月29日). 2020年1月30日閲覧。
  40. ^ a b c 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「2019_birth_data」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  41. ^ Vital Statistics Rapid Release – State and National Provisional Counts”. Center for Disease Control and Prevention (2020年11月6日). 2020年11月6日閲覧。

外部リンク[編集]