アメリカユダヤ人委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アメリカユダヤ人委員会英語: American Jewish Committee, AJC)は、アメリカ合衆国1906年11月11日に創設されたユダヤ人利益団体[1]。ユダヤ人の市民権の向上のために国際的な運動を行い、社会的平等、アメリカ合衆国の人種差別などの問題に取り組んでいる[1][2]。アメリカユダヤ人組織の長老とも呼ばれる[3]。米国内で22の支部があり、海外にも支部や友好組織がある[4][* 1]

沿革[編集]

1906年11月11日、ニューヨークで創設[1]。米国ユダヤ委員会はロシア第一革命におけるユダヤ人迫害に抗議し、ユダヤ人の市民権と信仰の権利を保護するために活動を始めた[2]。初期メンバーは弁護士ルイス・マーシャル(Louis Marshall、1912-1929まで米国ユダヤ委員会会長)、銀行家ジェイコブ・シフ、裁判官マイヤー・サルツバーガー(Mayer Sulzberger)、学者サイラス・アドラー(Cyrus Adler)、ジョゼフ・プロスカウアー(Joseph M. Proskauer)などであった[6][7]

1914年、第一次世界大戦のユダヤ人被害者を救援するためのアメリカ・ユダヤ人共同配給委員会の設立を支援した。ルイス・マーシャルはヘンリー・フォード反ユダヤ主義的な言論活動を停止するのに尽力した。

第二次世界大戦中のナチス・ドイツによるユダヤ人迫害に対しては救援が不足した[* 2]

1950年代、公民権運動ブラウン対教育委員会裁判では法廷助言者となった[9][10]

1950年、AJC会長ジェイコブ・ブラウステイン(Jacob Blaustein)はダヴィド・ベン=グリオンイスラエル首相と提携し、1967年の六日戦争でAJCはイスラエルを擁護した。六日戦争以前はAJCはシオニズム団体ではなかったが、合衆国がパレスチナ分割とイスラエル建国を承認したため、イスラエルに事務所を設立した[11]

カトリック教会との交渉では、第2バチカン公会議におけるローマ教皇パウロ6世の Nostra aetate(1965年)でキリスト教徒とユダヤ教徒は共通の霊的遺産を持つとされた[12]

1970年代、AJCはアラブ・反イスラエル連盟(Arab League boycott of Israel)に対抗して戦い、日本を説得してアラブ・反イスラエル連盟からの日本の離脱に成功した[13]

1975年からは、「シオニズムは人種差別である」というシオニズム批判への対抗キャンペーンを国連で開始し、1991年にキャンペーンは成功した。

1971年には、ソビエト連邦ユダヤ人国民合同支援団体(National Coalition Supporting Soviet Jewry)の創設者の一翼を担った。

1982年には、イスラエルと中東和平のためのProject Interchangeを創立[14]

1987年12月6日には、ワシントンでデモ活動「ソ連ユダヤ人の自由のための日曜日(Freedom Sunday for Soviet Jews)」を実施し、25万人が参加した。

1990年からデビッド・ハリス(David Harris)代表の下、AJCは国際的な外交問題にも取り組み、国際連合総会でも活躍した。1998年、ベルリンに支部を開設[15]。1999年、AJCはNATOコソボ空爆を支援してキャンペーンを展開した[16]

2000年、Atlanta Jewish Film Festivalを開催[17]

2001年、AJCはジェノヴァの国連監視委員会(UN Watch)の公式賛同者となり[18]、ベルギーに大西洋横断研究所とロシア研究所を開設した[19][20]

2005年、スマトラ島沖地震ハリケーン・カトリーナの被害者のためのファンドに250万ドル寄付した[21]

2009年、世界のユダヤ人とイスラエルの支援のための「グローバル・ジューイッシュ・アドボカシー」をキャッチフレーズとした[22]

2010年、AJCは、イランの核開発に反対した[23]EUヒズボラをテロ組織として指定するよう動いた[24]。ギリシャのネオナチ黄金の夜明け対策をとるようギリシャ政府に働きかけた[25]

2014年、アメリカ長老派教会によるイスラエルからの撤退要求に対して、AJCはサイモン・ウィーゼンタール・センターや改革派ユダヤ教連合(Union for Reform Judaism)とともに非難した[26]

2016年、AJCと北米イスラム協会(Islamic Society of North America)は、ユダヤ人とイスラム教徒への偏見の増大に対処するためにMuslim-Jewish Advisory Councilを創立した[27]

論争[編集]

2006年、脚本家トニー・クシュナーとA.ソロモンによるイスラエル批判『シオンとの闘争:進歩的ユダヤ人によるイスラエル・パレスチナ紛争への返答』[28]に対して、ローセンフェルド(Alvin H. Rosenfeld)は反シオニズムに加担したと批判した[29][30]。ユダヤ系新聞「The Forward」は、ローセンフェルドのエッセイはユダヤ人をリベラリズムに反対させ、沈黙する批評家にする組織的な中傷であると批判した。コラムニストのリチャード・コーヘンは、ローセンフェルドのようにイスラエル批判を反ユダヤ主義とみなすことは、反ユダヤ主義という言葉を薄めてしまうことになっているし、イスラエルと関係なくユダヤ人の存在を否定したい反ユダヤ主義者やイスラエルを擁護する不寛容な精神に許可を与えてしまっていると批判した[31][* 3]。AJC代表D.ハリスはローセンフェルドは自分の思想を発表する権利があるし、ローセンフェルドへの批判は反動的であると反論した。

2011年10月、 AJCは名誉毀損防止同盟と連名でアメリカとイスラエルの絆は倫理的で戦略的で感情的であり、政治の枠を超えたものであり、イスラエルの幸福はアメリカの声によって揺るぎなく支持されていると宣言した[35]。しかし、この宣言には反発も多く、2012年の大統領選挙にも影響を与えた[36][37]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ またアフリカ研究所、アジア太平洋研究所、アメリカ多元主義ベルファーセンター、ラテンアメリカ研究所、ムスリムユダヤ人評議会などがある[5]
  2. ^ AJCユダヤ共同体問題国民代表のスティーブン・バイムは、第二次世界大戦中にAJCがナチスによるユダヤ人迫害への対処が足りなかったと批判[8]
  3. ^ 他、Rabbi Michael Lerner[32] The Guardian[33] The Boston Globeなども批判した[34]

出典[編集]

  1. ^ a b c The American Jewish Committee”. MyJewishLearning. 2018年3月9日閲覧。
  2. ^ a b “Jewish Committee Meets”. The NYT. http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=F40816FC3C5A17738DDDA80994D9415B878CF1D3 2013年11月16日閲覧。 
  3. ^ GOLDMAN, ARI (1990年2月13日). “Jewish Group Faces Reorganization”. New York Times. https://www.nytimes.com/1990/02/13/us/jewish-group-faces-reorganization.html 2013年11月16日閲覧。 
  4. ^ "Where We Work" (2016). American Jewish Committee. ajc.org. Retrieved 2016-12-24.
  5. ^ INSTITUTES & AFFILIATES - Extending AJC's Reach and Expertise”. 2014年1月7日閲覧。
  6. ^ “Judge Joseph M. Proskauer Dies at 94”. Jewish Telegraph Agency. (1971年9月13日). http://www.jta.org/1971/09/13/archive/judge-joseph-m-proskauer-dies-at-94 2013年11月16日閲覧。 
  7. ^ “LESS ANTI-SEMITISM FOUND IN AMERICA; President Marshall Tells American Jewish Committee ThatAgitation is Waning.15,393,815 JEWS IN WORLDCommunist Policy Has Improved Their Condition in Russia-- Election of Officers”. The New York Times. (1922年11月13日). https://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F10C14F7345D1A7A93C1A8178AD95F468285F9&scp=2&sq=marshall%20reports%20on%20anti-semitism,%20american%20jewish%20committee&st=cse 
  8. ^ Bayme, Steven. “American Jewish Leadership Confronts the Holocaust”. American Jewish Archives. 2013年11月16日閲覧。
  9. ^ “‘Brown vs. Board’ celebrated 60 years later”. San Diego Jewish World. sdjewishworld.com. (2014年5月16日). http://www.sdjewishworld.com/2014/05/16/brown-vs-board-celebrated-60-years-later/ 2014年6月21日閲覧。 
  10. ^ Brief for the American Jewish Committee et al. as amicus curiae, Barbara Grutter v. Lee Bollinger, 539 U.S. 306 (2003). Supreme Court of the United States.
  11. ^ “American Jews and Israel Have Never Been Closer”. The Algemeiner. http://www.algemeiner.com/2013/01/25/american-jews-and-israel-have-never-been-closer/ 2013年11月16日閲覧。 
  12. ^ Déclaration Nostra Aetate de Vatican II du 28-10-1965 (français, English, 日本語)
  13. ^ Helm, Leslie (1992年12月5日). “Japan Asks Arab States to End Boycott of Israel : Trade: Move could boost Tokyo's role as peacemaker in Mideast.”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1992-12-05/news/mn-1377_1_arab-states 2012年1月20日閲覧。 
  14. ^ “Hispanic leaders boost Latino-Jewish ties”. Ynet. (2011年11月11日). http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4144947,00.html 2013年11月16日閲覧。 
  15. ^ Oster, Marcy (2009年12月9日). “German army, American Jewish Committee expand ties”. http://www.jta.org/2009/12/09/news-opinion/world/german-army-american-jewish-committee-expand-ties 2013年11月16日閲覧。 
  16. ^ American Jewish Committee. "AJC Runs Ads Applauding Nato Action In Kosovo; Urges Public To Also Express Appreciation". 15 April 1999. Available online: http://www.charitywire.com/charity11/00477.html
  17. ^ “Our Mission and History” (英語). Atlanta Jewish Film Festival. http://www.ajff.org/missionhistory 2017年3月31日閲覧。 
  18. ^ UN Watch, AJC Seal Partnership” (2001年1月4日). 2013年11月16日閲覧。
  19. ^ Mission Statement”. AJC Transatlantic Institute. 2013年10月22日閲覧。
  20. ^ Дом - AJC - Russian
  21. ^ Humanitarian Campaigns
  22. ^ Global Jewish Advocacy - C-SPAN Video Library”. C-spanvideo.org (2010年4月30日). 2012年10月19日閲覧。
  23. ^ “Iran's nuclear plans must be deterred”. heraldtribune. (2011年11月10日). http://www.heraldtribune.com/article/20111110/COLUMNIST/111109477 2013年11月16日閲覧。 
  24. ^ “Time for EU to call Hezbollah a terrorist group”. http://www.miamiherald.com/2013/02/06/3220718/time-for-eu-to-call-hezbollah.html 2013年11月16日閲覧。 
  25. ^ Ellis, Tom. “AJC executive director asks for tough measures against Golden Dawn, praises arrests”. http://ekathimerini.com/4dcgi/_w_articles_wsite3_1_29/09/2013_520762 2013年11月16日閲覧。 
  26. ^ Gruen, Sarah. "Jewish groups condemn US Presbyterian Church vote to divest from Israel" The Jerusalem Post. June 22, 2014.
  27. ^ Lipman, Steve (2016年11月16日). “Muslim-Jewish Council Forms Amid Spike In Hate Crime: Launch of first such national group buttressed by post-election bias incidents against the two groups”. The Jewish Week. 2016年11月17日閲覧。
  28. ^ Wrestling with Zion: Progressive Jewish-American Responses to the Israeli-Palestinian Conflict, with Alisa Solomon, Grove, 2003.
  29. ^ Progressive Jewish thought”. Ajc.org. 2012年10月19日閲覧。
  30. ^ Cohen, Patricia (2007年1月31日). “Essay Linking Liberal Jews and Anti-Semitism Sparks a Furor”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2007/01/31/arts/31jews.html 
  31. ^ Cohen, Richard (2007年2月6日). “Cheapening a Fight Against Hatred”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/02/05/AR2007020501249.html 
  32. ^ Michael, Rabbi (2007年2月2日). “There Is No New Anti-Semitism”. BaltimoreChronicle.com. 2012年10月19日閲覧。
  33. ^ Yglesias, Matthew (2007年2月8日). “Are we all anti-semites now?”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/commentisfree/2007/feb/08/matthewyglesias 
  34. ^ Kutler, Stanley I. (2007年2月7日). “All critics of Israel aren't anti-Semites”. The Boston Globe. http://www.boston.com/news/world/middleeast/articles/2007/02/07/all_critics_of_israel_arent_anti_semites/ 
  35. ^ Proposed Unity Pledge Spurs Debate –”. Forward.com. 2012年10月19日閲覧。
  36. ^ Feith, Douglas J. (2011年11月2日). “Israel Should Be a U.S. Campaign Issue”. The Wall Street Journal. https://www.wsj.com/news/articles/SB10001424052970203687504577005812793260468 2013年11月16日閲覧。 
  37. ^ Robert Wiener (2011年11月18日). “In NJ talk, AJC director defends ‘unity’ pledge”. NJ Jewish News. http://www.njjewishnews.com/article/7318/in-nj-talk-ajc-director-defends-unity-pledge#.UjneMz9aHRY 2013年11月16日閲覧。 

関連文献[編集]

  • Cohen, Naomi Wiener. "The Transatlantic Connection: The American Jewish Committee and the Joint Foreign Committee in Defense of German Jews, 1933-1937," American Jewish History V. 90, #4, December 2002, pp. 353–384 in Project MUSE
  • Cohen, Naomi Wiener. Not Free to Desist: The American Jewish Committee, 1906-1966 (1972), a standard history
  • Grossman, Lawrence. "Transformation Through Crisis: The American Jewish Committee and the Six-Day War," American Jewish History, Volume 86, Number 1, March 1998, pp. 27–54 in Project MUSE
  • Loeffler, James, "The Particularist Pursuit of American Universalism: The American Jewish Committee's 1944 `Declaration on Human Rights,'" Journal of Contemporary History (April 2015) 50:274-95.
  • Sanua, Marianne R. Let Us Prove Strong: The American Jewish Committee, 1945-2006 (2007). 495 pp. the standard scholarly history
  • Solomon, Abba A. The Speech, and Its Context: Jacob Blaustein's Speech "The Meaning of Palestine Partition to American Jews" Given to the Baltimore Chapter, American Jewish Committee, February 15, 1948 (2011), 212 pp. Includes full text of speech, and some history of AJC perspective on Palestine and Israel.
  • Svonkin, Stuart. Jews against Prejudice: American Jews and the Fight for Civil Liberties (1997), covers AJC and other groups including the Anti-Defamation League and the American Jewish Congress

関連項目[編集]

外部リンク[編集]