アメリカムシクイ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカムシクイ科
キンイタダキアメリカムシクイ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
小目 : スズメ小目 Passerida
上科 : スズメ上科 Passeroidea
階級なし : nine-primaried oscines
: アメリカムシクイ科 Parulidae
学名
Parulidae Wetmore1947
シノニム

Compsothlypidae

和名
アメリカムシクイ
新世界ムシクイ
英名
New World Warblers[1][2]
Wood-warblers[3][4][2]
Wood Warblers[5]
American Warblers[6][5]

18属

アメリカムシクイ科(アメリカムシクイか、学名 Parulidae)は、鳥類スズメ目の科である。

アメリカムシクイと総称される[5]ムシクイ類米州における収斂とみなされるが、ウグイス上科に属すムシクイ類とは疎遠である。

特徴[編集]

南北アメリカにのみ生息する。

生態・形態は旧大陸のムシクイ類に似るが、明確な相違点として、初列風切が10枚に対し9枚である。

全長11–18cm[7]。黄色・橙・緑や、白黒などの、鮮やかな羽色の種が多い。

森林草原などさまさまな環境に暮らす。ほとんどが昆虫食で、枝葉や草に止まった昆虫捕食するが、種子果実を食べる種もいる。

系統と分類[編集]

アメリカムシクイ科 Parulidaenine-primaried oscines の1科である。分類によっては、いくつかの科を統合しその中のアメリカムシクイ亜科 Parulinae、あるいはアメリカムシクイ族 Parulini とする説もあるが、以下ではアメリカムシクイ科で統一する。

系統[編集]

アメリカムシクイ科内は Lovette et al. (2010)[2]などより。科間の系統関係(広義のアメリカムシクイ科内を含む)は Klicka et al. (2007)[8]; Weir et al. (2009)[9]より。未サンプリングだが形態からズグロヤシフウキンチョウ属と近縁だと考えられているジフウキンチョウ属 Calyptophilus[10]を追加した。

広義アメリカムシクイ科のうち伝統的にはフウキンチョウ科だった属には★(他は伝統的にアメリカムシクイ科)、伝統的なアメリカムシクイ科だった属を含む科には ☆ を付けた。オリーブアメリカムシクイ科にも ☆ を付けるべきだが、この図の範囲にない。

nine-primaried
oscines

アトリ科 Fringillidae


New World
nine-primaried
oscines


広義アメリカムシクイ科


アカアメリカムシクイ Microligea



ハジロアメリカムシクイ Xenoligea



ズグロヤシフウキンチョウ属 Phaenicophilus



? ジフウキンチョウ属 Calyptophilus




プエルトリコフウキンチョウ Nesospingus




シトドフウキンチョウ属 Spindalis



キューバムシクイ属 Teretistris






オオアメリカムシクイ Icteria



ズアカサザイ Zeledonia



アメリカムシクイ科

カマドムシクイ Seiurus




フタスジアメリカムシクイ Helmitheros




ミズツグミ属 Parkesia




アオバネアメリカムシクイ属 Vermivora




シロクロアメリカムシクイ Mniotilta




オウゴンアメリカムシクイ



チャカブリアメリカムシクイ {{{Expansion depth limit exceeded}}}








ノドアカアメリカムシクイ属 Oreothlypis



ズアカアメリカムシクイ属 Leiothlypis





セントルシアアメリカムシクイ Leucopeza



ハイムネアメリカムシクイ Oporornis



カオグロアメリカムシクイ属 Geothlypis






メジロアメリカムシクイ Catharopeza



ハゴロモムシクイ属





クロイタダキアメリカムシクイ属 Myiothlypis




ナンベイアメリカムシクイ属 <span lang="{{{Expansion depth limit exceeded}}}" xml:lang="{{{Expansion depth limit exceeded}}}">{{{Expansion depth limit exceeded}}}{{Expansion depth limit exceeded| {{{Expansion depth limit exceeded}}}}}




アカガオアメリカムシクイ属 {{Expansion depth limit exceeded||Cardellina}}













ムクドリモドキ科 Icteridae



ホオジロ科 Emberizidae




フウキンチョウ科 Thraupidae



ショウジョウコウカンチョウ科 Cardinalidae




ツメナガホオジロ科 Calcariidae




アメリカムシクイ科は、9枚の初列風切をもつ nine-primaried oscines の1科である。その中ではムクドリモドキ科、ホオジロ科と近縁である[8][9]

伝統的にはオリーブアメリカムシクイ Peucedramus が含まれたが、George (1962)[11]によりアメリカムシクイ科はもちろん nine-primaried oscines からも除外され、現在は単型のオリーブアメリカムシクイ科となっている。

アメリカムシクイ科+ムクドリモドキ科+ホオジロ科からなる単系統内には、アメリカムシクイ科に近縁ないくつかの属が見つかっている。これらは伝統的にはアメリカムシクイ科またはフウキンチョウ科に属していたが、新しい扱いは確立していない。

これらをアメリカムシクイ科に含める(広義アメリカムシクイ科とする)説もある[8][9]が、国際鳥類学会議 (IOC) はアメリカムシクイ科に含めず、フウキンチョウ科に残すか、アメリカムシクイ科だった属は科不明に移している[1]

広義アメリカムシクイ科の単系統性は高くない。一方、(狭義)アメリカムシクイ科の単系統性は強く支持されている[4][2][8][9]。アメリカムシクイ科を広義に(あるいは伝統的に)とる場合、狭義アメリカムシクイ科は typical Parulidaecore Parulidae(あるいはこれらの Patulidae の代わりに patulids, wood warblers, American warblers など)と呼ばれる。

Weir et al. (2009)[9]は伝統的なアメリカムシクイ科のうち、typical Parulidae + ズアカサザイ Zeledonia + オオアメリカムシクイ Icteria の単系統性を強く支持している。

属の移動[編集]

分子系統から、nine-primaried oscines 内でいくつかの属が移動させられた。Weir et al. (2009)[9]による移動は次のとおり(ジフウキンチョウ属 Calyptophilus[10]を追加)。国際鳥類学会議 (IOC)[1]アメリカ鳥学会 (AOU)[12]・AOU南アメリカ分類委員会 (SACC)[3]の対応を示す(×: 伝統的な科に留める; ○: 系統的な科に移す; △: どちらでもない科; ?: 未定 incertae sedis; Coe: マミジロミツドリ科)。

彼らは広義アメリカムシクイ科を採用しており、これらはいずれも広義アメリカムシクイ科の基底群への移動である。伝統的なアメリカムシクイ科から基底群への移動も併せて記す。

広義のアメリカムシクイ科へ
学名 伝統的な科 IOC AOU SACC
アカアメリカムシクイ Microligea アメリカムシクイ科 ? -
キューバムシクイ属 Teretistris ? -
ズアカサザイ Zeledonia ? -
ハジロアメリカムシクイ Xenoligea ? -
プエルトリコフウキンチョウ Nesospingus フウキンチョウ科 × × -
シトドフウキンチョウ属 Spindalis × × -
ズグロヤシフウキンチョウ属 Phaenicophilus × × -
ジフウキンチョウ属 Calyptophilus × × -
アメリカムシクイ科から
学名 分子系統による科 IOC AOU SACC
オリーブアメリカムシクイ Peucedramus オリーブアメリカムシクイ科 -
ムネアカアメリカムシクイ属 Granatellus ショウジョウコウカンチョウ科
マミジロミツドリ Coereba フウキンチョウ科 Coe ?
パルドスコ Nephelornis -
マルハシミツドリ属 Conirostrum

詳細は移動先の科を参照。

分類史[編集]

過去の主な分類での扱いを述べる。

Mayr & Amadon (1950)[13]
フウキンチョウ科アメリカムシクイ亜科 Paurinae
Tordoff & Arbor (1954)[13]
アメリカムシクイ科アメリカムシクイ亜科 Paurinae。アメリカムシクイ科のもうひとつの亜科マミジロミツドリ亜科 Coerebinae は、ミツドリ類のうち3属(現在の分類では2属、マミジロミツドリ属 Coerebaマルハシミツドリ属 Conirostrum)からなる。
Sibley & Ahlquist (1970)[14]
アトリ科ホオジロ亜科アメリカムシクイ族 Paurini
AOU (1983)[15]
ホオジロ科アメリカムシクイ亜科 Paurinae
Sibley et al. (1988)
アトリ科ホオジロ亜科アメリカムシクイ族 Pauriniオリーブアメリカムシクイは別亜科となった。

属と種[編集]

属と種は国際鳥類学会議 (IOC)[1]より。

広義アメリカムシクイ科の基底群の属と種も記す。これらはIOCの分類では科未定 (incertae sedis) かフウキンチョウ科かだが、この2つの区別は伝統的な分類の名残であり系統的ではない。

core Parulidae[編集]

基底群(科未定)[編集]

基底群(フウキンチョウ科)[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2012), “Buntings, tanagers and allies”, IOC World Bird Names, version 3.1, http://www.worldbirdnames.org/n-buntings.html 
  2. ^ a b c d Lovette, Irby J.; Pérez-Emán, Jorge. L.; Sullivan, John P.; Banks, Richard C.; et al. (2010), “A comprehensive multilocus phylogeny for the wood-warblers and a revised classification of the Parulidae (Aves)”, Mol. Phylogenet. Evol. 57 (2): 753–770 
  3. ^ a b Remsen, J. V.; Cadena, C. D.; Jaramillo, A.; Nores, M.; et al., AOU, ed., A classification of the bird species of South America, 15 May 2012, http://www.museum.lsu.edu/~Remsen/SACCBaseline.html 
  4. ^ a b Lovette, I. J.; Bermingham, E. (2002), “What is a Wood-Warbler? Molecular characterization of a monophyletic Parulidae”, Auk 119: 695–714, http://www.stri.si.edu/sites/publications/PDFs/Bermingham,%20Warbler%20Parulidae%20Auk02.pdf 
  5. ^ a b c 中村登流, “アメリカムシクイ”, 日本大百科全書, Yahoo!百科事典, 小学館, http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%82%AF%E3%82%A4/ 
  6. ^ 森岡弘之, “アメリカムシクイ”, 世界大百科事典, 平凡社 
  7. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)の解説”. コトバンク. 2018年2月10日閲覧。
  8. ^ a b c d Klicka, John; Burns, Kevin; Spellman, Garth M. (2007), “Defining a monophyletic Cardinalini: A molecular perspective”, Mol. Phylogenet. Evol. 45: 1014?1032, http://www.bio.sdsu.edu/pub/burns/Klickaetal2007.pdf 
  9. ^ a b c d e f Weir, J. T.; Bermingham, E.; Schluter, D. (2009), “The Great American Biotic Interchange in birds”, Proc. Natl. Acad. Sci. 106: 21737-21742, http://www.pnas.org/content/106/51/21737.full 
  10. ^ a b Eisenmann, Eugene (1962), “On the systematic position of Rhodinocichla rosea”, Auk 79: 640–648 
  11. ^ George, Williams G. (1962), “The Classification of the Olive Warbler, Peucedramus taeniatus, American Museum Novitates (2103), http://digitallibrary.amnh.org/dspace/bitstream/handle/2246/3412/N2103.pdf 
  12. ^ AOU, ed., Check-list of North American Birds, http://www.aou.org/checklist/north/full.php 
  13. ^ a b Tordoff, Harrison B.; Arbor, Ann (1954), A Systematic Study of the Avian Family Fringillidae Based on the Structure of the Skull, Museum Of Zoology, University Of Michigan, No.81, University Of Mlchlgan Press, http://141.213.232.243/bitstream/2027.42/56326/1/MP081.pdf 
  14. ^ Sibley, C.G. (1970), “Family Mimidae, Thrashers and Mockingbirds”, A Comparative Study of the Egg-White Proteins of Passerine Birds, Bulletin 32, New Heaven, CT: Peabody Museum of Natural History and Department of Biology, Yale University 
  15. ^ Lanyon, Scott, A Brief Guide to New World Nine-Primaried Oscine Relationships (Emberizinae), Barker Lab University of Minnesota Department of Ecology, Evolution and Behavior Bell Museum of Natural History, http://www.tc.umn.edu/~barke042/Emberizinae.html