アメリカセンダングサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカセンダングサ
Bidens frondosa var. frondosa
Bidens frondosa var. frondosa
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : 真正キク類II Euasterids II
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: ハルシャギク連 Coreopsideae
: センダングサ属 Bidens
: アメリカセンダングサ B. frondosa
学名
Bidens frondosa L.[1]
和名
アメリカセンダングサ
セイタカタウコギ
英名
devil's beggartick

アメリカセンダングサ学名: Bidens frondosa、亜米利加栴檀草)は、キク科センダングサ属1年草道端空き地、湿り気のある荒れ地などに生える雑草[2]セイタカタウコギ(背高田五加木)ともいう。

特徴[編集]

草丈は、50-150cmになる。茎の切り口は四角形になり、表面の色は暗紫色で、ほとんど毛がない。葉は対生するが、茎の上方では互生することもある。葉は無毛で、3-5個の小葉に分かれる。小葉は大きさの揃った鋸歯をもち、先端が尖る。

花期は秋で、黄色の頭花をつける。6-12個の頭花の経より長い総苞片をもつ。筒状花が目立ち、舌状花は小さくて外からは目立たないことが多い。

果実は扁平であり、先に向かって幅が広くなる。先には2本の刺があり、下向きのかぎ状の剛毛が表面にある[3]

オナモミ属などと同様、実は人間衣服哺乳動物の毛にくっつく(→ひっつき虫)。秋田弁では、その特徴から「のさばりこ」(甘えん坊の意)とも呼ばれる。

画像[編集]

分布[編集]

北アメリカ原産。日本では大正時代に確認された帰化植物。北海道を除く日本各地に分布する[2]。 (現在は北海道にも分布する[4]

和名[編集]

アメリカセンダングサの命名は中井猛之進によるもので、セイタカタウコギの命名は牧野富太郎によるものである[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年11月19日閲覧。
  2. ^ a b 野に咲く花(1989)
  3. ^ a b 原色日本帰化植物図鑑(1975)
  4. ^ 北海道の植物=野の花、谷口弘一・三上日出夫、平成元年北海道新聞社発行

参考文献[編集]

  • 長田武正『原色日本帰化植物図鑑』保育社、1975年、54頁。ISBN 978-4-586-30053-2
  • 平野隆久写真『野に咲く花』林弥栄監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、1989年、74頁。ISBN 4-635-07001-8
  • 『写真で見る外来雑草』畜産技術協会、1995年、23頁。ISBN 4-88137-056-1
  • 伊藤ふくお写真、丸山健一郎文『ひっつきむしの図鑑』北川尚史監修、トンボ出版、2003年、46頁。ISBN 4-88716-147-6
  • 岩瀬徹『形とくらしの雑草図鑑 : 見分ける、身近な280種』全国農村教育協会〈野外観察ハンドブック〉、2007年、114頁。ISBN 978-4-88137-135-0
  • 岩瀬徹・川名興・飯島和子『校庭の雑草』全国農村教育協会〈野外観察ハンドブック〉、2009年、4版、107頁。ISBN 978-4-88137-146-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]