アメリカの鱒釣り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカの鱒釣り
Trout Fishing in America
作者 リチャード・ブローティガン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ジャンル 短編小説集
刊行 1967年10月12日
フォー・シーズンズ・ファウンデーション
訳者 藤本和子
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アメリカの鱒釣り』(アメリカのますづり、原題:Trout Fishing in America)は、アメリカの作家リチャード・ブローティガンの短編小説集。

1967年10月12日、フォー・シーズンズ・ファウンデーションから刊行された。本書に収められた作品の多くは1961年、62年頃に書かれた[1]。表紙の写真はブローティガン自身と友人の Michaela Le Grand。サンフランシスコのワシントン広場のベンジャミン・フランクリンの銅像の前で撮られている。

2003年、アリオン・プレスから豪華版が出版された[2]。本書はブローティガンの代表作であり、翻訳をあわせ、これまでに全世界で400万部以上売れている。

日本語版[編集]

『アメリカの鱒釣り』

新潮文庫版の解説で、柴田元幸は次のように述べている。

「『アメリカの鱒釣り』邦訳刊行は、(中略) 翻訳史ということで考えるなら、僕一人の問題ではなく、翻訳史上の革命的事件だったと言ってよいと思う。この後に登場するアメリカ文学の名翻訳者村上春樹の翻訳にしても――そして個々の言葉や比喩の使い方といった次元で考えれば、作家村上春樹の作品でさえ――『アメリカの鱒釣り』をはじめとする藤本和子の訳業抜きでは考えられない」[3]

内容[編集]

タイトル 原題
『アメリカの鱒釣り』の表紙 The Cover for Trout Fishing in America
木を叩いて その1 Knock on Wood (Part One)
木を叩いて その2 Knock on Wood (Part Two)
赤い唇 Red Lip
クールエイド中毒者 The Kool-Aid Wino
胡桃ケチャップのいっぷう変ったつくりかた Another Method of Making Walnut Catsup
グライダー・クリーク プロローグ Prologue to Grider Creek
グライダー・クリーク Grider Creek
<アメリカの鱒釣り>のためのバレエ The Ballet for Trout Fishing in America
アル中たちのウォルデン池 A Walden Pond for Winos
トム・マーティン・クリーク Tom Martin Creek
墓場の鱒釣り Trout Fishing on the Bevel
Sea, Sea Rider Sea, Sea Rider
ヘイマン・クリークに鱒がのぼってきた最後の年のこと The Last Year the Trout Came up Hayman Creek
ポルトワインによる鱒死 Trout Death by Port Wine
<アメリカの鱒釣り>検屍解剖報告 The Autopsy of Trout Fishing in America
メッセージ The Message
アメリカの鱒釣りテロリスト Trout Fishing in America Terrorists
FBIと<アメリカの鱒釣り> Trout Fishing in America with the FBI
ワースウィック温泉 Worsewick
ネルソン・オルグレン宛<アメリカの鱒釣りちんちくりん>を送ること The Shipping of Trout Fishing in America Shorty to Nelson Algren
二十世紀の市長 The Mayor of the Twentieth Century
パラダイス On Paradise
カリガリ博士の実験室 The Cabinet of Dr. Caligari
ソルト・クリークのコヨーテ The Salt Creek Coyotes
せむし鱒 The Hunchback Trout
テディ・ルーズヴェルト悪ふざけ The Teddy Roosevelt Chingader'
「ネルソン・オルグレン宛<アメリカの鱒釣りちんちくりん>を送ること」に補足して Footnote Chapter to "The Shipping of Trout Fishing in America Shorty to Nelson Algren"
スタンレー盆地ではプディングで勝負 The Pudding Master fo Stanley Basin
<アメリカの鱒釣りホテル>二〇八号室 Room 208, Hotel Trout Fishing in America
外科医 The Surgeon
目下アメリカ全土で大流行のキャンプ熱について一言 A Note on the Camping Craze that is Currently Sweeping America
本書の表紙への帰還 A Return to the Cover of This Book
ジョセファス湖の日々 The Lake Josephus Days
永劫通りの鱒釣り Trout Fishing on the Street of Eternity
タオル The Towel
砂場からジョン・ディリンジャーを引くとなにが残る? Sandbox Minus John Dillinger Equals What?
<アメリカの鱒釣り>と最後に会ったときのこと The Last Ime I Saw Trout Fishing in America
カリフォルニアの未開地で In the California Bush
<アメリカの鱒釣りちんちくりん>に関する最終記述 The Last Mention of Trout Fishing in America Shorty
アメリカの鱒釣り平和行進に関する証言 Witness for Trout Fishing in America Peace
<赤い唇>への脚注章 Footnote Chater to "Red Lip"
クリーヴランド建造物取壊し会社 The Cleveland Wrecking Yard
レオナルド・ダ・ヴィンチ讃歌うたう日曜日の半日 A Half-Sunday Homage to a Whole Leonardo da Vinci
アメリカの鱒釣りペン先 Trout Fishing in America Nib
マヨネーズの章へのプレリュード Prelude to the Mayonnaise Chapter
マヨネーズの章 The Mayonnaise Chapter

脚注[編集]

  1. ^ リチャード・ブローティガン『アメリカの鱒釣り』新潮文庫、253頁。藤本和子「鯨が生んだ鱒――訳者あとがき」より。
  2. ^ Arion Press | "Trout Fishing in America"
  3. ^ リチャード・ブローティガン『アメリカの鱒釣り』新潮文庫、266-267頁。柴田元幸の解説「『アメリカの鱒釣り』革命」より。