アメデ・ルイ・ミシェル・ルペルティエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アメデ・ルイ・ミシェル・ルペルティエ

サン=ファルジョー伯爵アメデ・ルイ・ミシェル・ルペルティエ(Amédée Louis Michel Lepeletier, comte de Saint-Fargeau 1770年10月9日 - 1845年8月23日)はフランスの昆虫学者である。

略歴[編集]

曽祖父はルイ15世の時代に財務を運営したミシェル・ロベール・ルペルティエ(Michel Robert Le Peletier des Forts)で、父はパリ高等法院の院長を務めた。フランス革命で兄のルイ=ミシェル・ルペルティエ(Louis-Michel Lepeletier:1760-1793)は王の処刑に賛成し、後に暗殺された。もう一人の兄、フェリックス・ルペルティエも政治的な活動を行ったことで知られる。アメデ・ルイ・ミシェル・ルペルティエは政治に関わらず昆虫学の研究に専念した。

著書に『ハチ目の昆虫の自然史』("Histoire naturelle des insectes hyménoptères")があり、自然科学の叢書"Suites à Buffon"("Suites à Buffon formant avec les œuvres de cet auteur un cours complet d'histoire naturelle embrassant les trois règnes de la nature, confié aux plus célèbres naturalistes et habiles écrivains" )の一冊として出版された。

1832年に創設されたフランス昆虫学会(Société entomologique de France)創立会員で、1833年に会長を務めた。

著作[編集]

  •  Gaspard Auguste Brullé と共著 Histoire naturelle des insectes Hyménoptères. Roret, Paris 1836–46 p.m.
  • Memoires sur le G. Gorytes Latr. Arpactus Jur. Paris 1832.
  • Monographia tenthredinetarum, synonimia extricata. Levrault, Paris 1823–25.
  • Mémoire sur quelques espéces nouvelles d’Insectes de la section des hyménoptères appelés les portetuyaux et sur les caractères de cette famille et des genres qui la composent. Paris 1806.
  • Défense de Félix Lepeletier. Vatar, Paris 1796/97.
  • with Jean Guillaume Audinet-Serville a treatise on Hemiptera to Guillaume-Antoine Olivier's Histoire naturelle. Entomologie, ou histoire naturelle des Crustacés, des Arachnides et des Insectes (Encyclopédie Méthodique)

参考文献[編集]

Baker, D.B. Type material in the University Museum, Oxford, of bees described by Comte Amédée Lepeletier de Saint-Fargeau and Pierre André Latreille (Hymenoptera: Apoidea) Journal of Natural History, Volume 28, Issue 5 October 1994, pages 1189 - 1204