アムラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アムラーとは、日本歌手安室奈美恵を模倣したファッションする人をいう[1]。現在は、安室奈美恵のファン名称として使われている。

概説[編集]

呼称は、安室に英語風接尾辞の「-er」をつけたもの。

1995年に現れ、1996年をピークに女性の間で流行し、同年の「新語・流行語大賞」のトップテン入賞も果たした[2][3]

ミニスカート厚底ブーツロングヘア茶髪・剃り落とした後に描いたような極端な細が特徴で、日焼けサロンなどで焼いた浅黒い肌も好まれた。

1970年代のファッションが復活し、サーファーのようなゆったりとした形式など、ファッションが多様化していく最初の時期でもある。アムラーの場合、1970年代に流行したブーツを取り入れ、茶髪にシャギーを入れた髪型、ブラックやブラウンなど、シャドー系のメイクが流行した。小さなTシャツやミニスカートなどはLAファッションと呼ばれ、当時の10代の女性のファッションとして定着していく。

〜ラー[編集]

「アムラー」登場前
シャネラー(シャネルブランドを愛好する人々)という言葉があった。関西の一部の女子大生が用いており、雑誌『JJ』(1994年8月号など)が取り上げて全国に広まったという説がある。このほか、渋カジにおいて、渋谷界隈のショップ名+erでその顧客を表現する用法もあったという(バックドロッパー、レッドウッダーなど)[4]
「アムラー」登場後
有名人のファッションや雰囲気に憧れて、それを取り入れる人々を表現する、ハマダー[5]浜田雅功)、シノラー(篠原ともえ[6])、カハラー(華原朋美)などの言葉が続々と生まれた。また、ら行で終わらない対象に対しても、一律に「ラー」を付けるものもあった。例えばナオラー(飯島直子)、パフィラー(PUFFY)、トモラー(山口智子)、マツラー(松たか子)など。
その後、マヨラーマヨネーズ)など、ファッション以外にも広がった。

脚注[編集]

関連項目[編集]