アムラプラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アムラプラ(Amlapura、アンラプラとも表記される)は、インドネシアバリ州カランガスム県の県庁所在地。カランガスム王国の都があり、カランガスムと呼ばれていたが、1963年アグン山が噴火し被害が出たのを機にアラマプラと改名した。

カランガスム王国は早くにオランダに帰順した為に、街や文化を破壊されることはなく、古い文化の上にオランダと王宮文化が融合した町である。町は小さいがバリ島東部の商業や交通の要衝となっている。バスやベモのターミナルがある。