アムシェル・マイアー・フォン・ロートシルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アムシェル・マイアー・フォン・ロートシルト

アムシェル・マイアー・フォン・ロートシルトAmschel Mayer von Rothschild1773年6月12日 - 1855年12月6日)は、ドイツ系ユダヤ人の銀行家で、ロスチャイルド家の一員。ロスチャイルド財閥の祖マイアー・アムシェル・ロートシルト1744年 - 1812年)の長男。

父マイアー・アムシェルが1812年に死去すると、アムシェル・マイアーはフランクフルト・アム・マインの銀行を継ぎ、弟たちにウィーンロンドンナポリパリで銀行を開業させた。

アムシェル・マイアーには子がいなかったため、彼の死後、事業は弟ザーロモン・マイアー・フォン・ロートシルト(ウィーン家)の子アンセルム、及び弟カール・マイアー・フォン・ロートシルト(ナポリ家)の子マイアー・カールとヴィルヘルム・カールが引き継いだ。1


参考[編集]

1The Rothschild Archive [1]

関連項目[編集]