アミルカル・エンリケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はエンリケス第二姓(母方の)はエスピノサです。
アミルカル・エンリケス Football pictogram.svg
名前
本名 Amílcar Henríquez Espinosa
ラテン文字 Amílcar Henríquez
基本情報
国籍 パナマの旗 パナマ
生年月日 (1983-08-02) 1983年8月2日
出身地 コロン
没年月日 (2017-04-15) 2017年4月15日(33歳没)
身長 177cm
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2008 パナマの旗 アラベ・ウニド 119 (13)
2007 コスタリカの旗 サンタクルセーニャ (loan) 18 (1)
2009-2012 コロンビアの旗 アトレティコ・ウイラ 90 (8)
2012-2014 コロンビアの旗 メデジン 64 (2)
2014 パナマの旗 アラベ・ウニド 12 (1)
2015 コロンビアの旗 レアル・カルタヘナ 12 (0)
2015-2016 コロンビアの旗 アメリカ・デ・カリ 27 (1)
2016-2017 パナマの旗 アラベ・ウニド 18 (0)
代表歴2
2004-2017 パナマの旗 パナマ 85 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年4月4日現在。
2. 2017年6月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アミルカル・エンリケス・エスピノサAmílcar Henríquez Espinosa1983年8月2日 - 2017年4月15日)は、パナマコロン出身のプロサッカー選手パナマ代表の中心選手であったが、2017年4月に何者かによって殺害された。

経歴[編集]

クラブ[編集]

地元クラブのCDアラベ・ウニドでキャリアをスタート。コスタリカのADサンタクルセーニャを経て2009年にアトレティコ・ウイラに移籍。

2012年7月、インデペンディエンテ・メデジンに移籍[1]。一度アラベ・ウニドに復帰し[2]、再びコロンビアに渡航、2014年12月にレアル・カルタヘナと契約を結んだ[3]。しかし、2015年3月に度重なる規律違反を理由にクラブとの契約を解除させられた[4]

2015年6月、アメリカ・デ・カリに加入[5]。2016年、再度アラベ・ウニドに復帰。

代表[編集]

2005年2月、UNCAFカップのエルサルバドル戦で初キャップ。以来、レギュラーに定着し2015年6月時点でキャップ数を85まで伸ばした[6]

2017年3月の2018 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海5次予選・アメリカ合衆国戦が最期の出場試合となった。

殺害[編集]

2017年4月15日、コロンの自宅近くで何者から銃撃され死亡した[7]。この事件で近くにいた2人も巻き込まれ、病院で手当を受けた[8]

死亡時に所属していたCDアラベ・ウニドはエンリケスの功績を称え、エンリケスが着用していた背番号「21」を永久欠番にすると発表した[9]

タイトル[編集]

アラベ・ウニド
パナマ代表

脚注[編集]

外部リンク[編集]