アミノグアニジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アミノグアニジン
識別情報
CAS登録番号 79-17-4, 1937-19-5 (塩酸塩)
PubChem 2146
ChemSpider 2061 ×
UNII SCQ4EZQ113 ×
日化辞番号 J5.508E
J220.058I (塩酸塩)
KEGG D05479 (塩酸塩、医薬品)
ChEMBL CHEMBL225304
5135
特性
化学式 CH6N4
モル質量 74.09 g mol−1
密度 1.72 g/ml
沸点

261 °C, 534 K, 502 °F

log POW −1.475
関連する物質
関連物質 グアニジン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アミノグアニジン(AminoguanidineまたはPimagedine)は曾て糖尿病性腎症治療薬として開発されていた化合物である[1]ジアミンオキシダーゼ一酸化窒素合成酵素阻害する。3-デオキシグルコソン英語版と反応して(AGEs)を減少させる。ロケット燃料としても使用される。

医薬品[編集]

1986年に発見された[2]アミノグアニジンはAlteon社(現:Synvista Therapeutics社)によって糖尿病性腎症治療薬として開発が始められ、1989年にはマリオン・メレル・ダウ社との共同開発契約が締結された[3]が、1995年にヘキスト社(現:サノフィ社)がマリオン・メレル・ダウ社を買収した後に資金提供が停止され[3]、1998年に第III相臨床試験で有効性を示せず[4]計画が頓挫した。

他の用途[編集]

アミノグアニジンとその誘導体はエネルギー物質英語版(燃料)としての応用が研究されている。アミノグアニジンを完全燃焼させると、煙や粉塵をほとんど出す事なく膨大な量のガスを生成することができる[5]。燃料1kg当りの推力が大きく可視煙や赤外線放射(軍事用途や環境への配慮等)が少ないこの特性のため、爆発的ガス発生器としてエアバッグ固体燃料ロケットといった用途に応用されている。アミノグアニジンはまたテトラゾール系の燃料や医薬品の合成経路の中間体でもある[6]

出典[編集]

  1. ^ W Kline Bolton, Emaad Abdel-Rahman (2002). “Pimagedine: a novel therapy for diabetic nephropathy”. Expert Opinion on Investigational Drugs 11 (4): 565–574. doi:10.1517/13543784.11.4.565. PMID 11922864. 
  2. ^ http://www.biocentury.com/companies/alteon_inc
  3. ^ a b http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(97)26029-0/fulltext
  4. ^ http://www.thepharmaletter.com/file/19466/alteon-may-drop-pimagedine-in-niddm.html
  5. ^ Lundstrom,, Norman H.. “Monopropellant and propellant compositions including mono and polyaminoguanidine dinitrate”. 2011年3月21日閲覧。
  6. ^ Purchase Jr, Claude Forsey. “Tetrazole-substituted urea acat inhibitors”. 2011年3月21日閲覧。