アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ
PDB 1ecb EBI.jpg
大腸菌由来ATase(PDB 1ECB)
識別子
EC番号 2.4.2.14
CAS登録番号 9031-82-7
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

アミドホスホリボシルトランスフェラーゼ(amidophosphoribosyltransferase)またはグルタミンホスホリボシルピロリン酸アミドトランスフェラーゼ(glutamine phosphoribosylpyrophosphate amidotransferase, GPAT)は、グルタミンの側鎖末端のアミノ基を用いてホスホリボシル二リン酸(PRPP)をホスホリボシルアミン(PRA)に変換する酵素である。プリン塩基のde novo合成経路の初発段階を担う。

5-ホスホ-β-D-リボシルアミン + 二リン酸 + L-グルタミン酸 L-グルタミン + 5-ホスホ-α-D-リボース1-二リン酸 + H2O

構造[編集]

この酵素はグルタミナーゼホスホリボシルトランスフェラーゼの2つのドメインからなる。前者がグルタミン側鎖からアンモニアを取り出し、後者がそれをPRPPに結合させる。この2つが確実に協調することが必要だが、そのために少なくともPRPPが結合するまでアンモニアを取り出さないようになっている[1]

活性調節[編集]

プリン合成経路の最終的な産物であるプリンヌクレオチド(AMPGMPADPGDP)により、典型的なフィードバック阻害を受ける[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b “Glutamine PRPP amidotransferase: snapshots of an enzyme in action”. Current Opinion in Structural Biology 8 (6): 686–94. (1998年12月). doi:10.1016/s0959-440x(98)80087-0. PMID 9914248.