おこしやす京都AC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アミティエSC京都から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
おこしやす京都AC
原語表記 おこしやす京都AC
呼称 おこしやす京都AC
クラブカラー      紫紺
    
創設年 2005年
所属リーグ 関西サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 京都府京都市
ホームスタジアム Taiyogaoka Athletic Stadium-01.jpg
京都府立山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場
運営法人 おこしやす京都AC株式会社
代表者 松本尚也
監督 石田祐樹
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
おこしやす京都AC株式会社
Ococias Kyoto AC Inc.
種類 株式会社
市場情報 (非上場)
本社所在地 615-0807
京都府京都市右京区西京極東大丸町34番地(スギテックビル)
設立 2015年4月28日
業種 サービス業
法人番号 6130001055181
代表者 松本尚也
外部リンク https://ococias.kyoto/
テンプレートを表示

おこしやす京都AC(おこしやす きょうとエーシー、英語: Ococias Kyoto AC, 中国語: 京都歡迎光臨[1])は、京都府京都市に本拠地を置く社会人サッカークラブ。旧クラブ名称はアミティエSC京都Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。

概要[編集]

2002年に兵庫県神戸市で幼稚園児・小学生向けのサッカースクールとして創設[2]。2005年にトップチームを立ち上げて京都フットボールリーグに参加[2]。2003年7月に特定非営利活動法人(NPO法人)として設立認証された(特定非営利活動法人アミティエ・スポーツクラブ)[3]

2010年からFC京都BAMB1993(1989年創設)と統合して関西サッカーリーグに参加[2]。チーム名称はアミティエSC京都2011年にチーム名をアミティエSCに改称。2012年に関西リーグで初優勝。京都FAカップ京都サッカー選手権大会で優勝して天皇杯に初出場した(1回戦敗退)。

2015年4月28日、チームの運営会社として株式会社アミティエ・スポーツクラブ京都を設立。また、チーム名をアミティエSC京都に改称。

2017年、関西リーグで2度目の優勝、KSLカップも初優勝した。第53回全国社会人サッカー選手権大会はベスト8で敗退。全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017は1次ラウンドを1位で通過したが、決勝ラウンドは4チーム中最下位に終わった。

2018年4月よりチーム名をおこしやす京都AC変更した[1]。運営会社の名称もおこしやす京都AC株式会社へ変更した。

チーム成績・歴代監督[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 天皇杯 監督
2010 関西2部 2位 30 14 9 3 2 56 12 +44 府予選敗退 -
2011 関西1部 3位 21 14 6 3 5 24 20 +4 吉田啓
2012 優勝 33 14 10 3 1 47 13 +34 1回戦敗退
2013 2位 29 14 9 2 3 31 11 +20 府予選敗退 吉田啓(-5月)
塚原真也(5月-)
2014 5位 17 14 5 2 7 21 23 -2 塚原真也
2015 3位 28 14 9 1 4 32 23 +9
2016 2位 34 14 11 1 2 36 12 +24 草木克洋
2017 優勝 32 14 10 2 2 41 7 +34 1回戦敗退 草木克洋(-9月)
石田祐樹(9月-)
2018 2位 31 14 10 1 3 36 16 +20 石田祐樹

下部組織[編集]

関連法人として特定非営利活動法人アミティエスポーツクラブがあり、サッカー以外にフットサル野球卓球のクラブを兵庫県、大阪府京都府滋賀県で運営している。

  • 2004年、トップチームを創設、神戸市社会人サッカーリーグ[4]に参加。
  • 2005年京都府リーグに参加するトップチームを創設。以降4年間、京都府リーグのチームをトップチーム、神戸市リーグのチームをセカンドチームとする。
  • 2010年FC京都BAMB1993と統合(事実上の吸収)。
  • 2011年、旧FC京都BAMB1993が保有していた関西サッカーリーグへの在籍資格を継承し、チーム名を「アミティエSC」に改称する形で同リーグに参入、トップチームに位置づける。京都府リーグのチームは「アミティエSC京都」と改称し、セカンドチームとなる。神戸市リーグのチーム名称も「アミティエSC兵庫」と改称。
  • 2015年、「アミティエSC京都」の名称を「アミティエSC京都セカンド」に改称。
  • 2017年、アミティエSC京都セカンドが「たてがみ蹴球団」、アミティエSC兵庫が「ヴェルブラン兵庫」へそれぞれ改称。独立。

選手・スタッフ[編集]

2018年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前職 備考
監督 日本の旗 石田祐樹 藤枝MYFC 広報部長
コーチ 日本の旗 瀧原直彬 アミティエSC京都 選手
コーチ 日本の旗 清水良平 大阪産業大学 新任、選手兼任
GKコーチ 日本の旗 田中賢治 ヴァンラーレ八戸 選手 新任、選手兼任

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 21 日本の旗 南翔太 関西大学 新加入
33 日本の旗 田中賢治 ヴァンラーレ八戸 新加入
GKコーチ兼任
DF 2 日本の旗 岩下祐太 国士舘大学
3 日本の旗 藤崎将汰 藤枝MYFC 2017年は期限付き移籍
4 日本の旗 内田錬平 カターレ富山
5 日本の旗 本屋敷衛 大阪産業大学
13 日本の旗 石垣徳之 SC相模原 新加入
MF 6 日本の旗 青木捷 藤枝MYFC 2017年は期限付き移籍
7 日本の旗 斉藤大介 高知ユナイテッドSC 新加入
8 日本の旗 馬渡隼暉 カターレ富山 期限付き移籍
10 日本の旗 山本大稀 栃木SC
14 日本の旗 守屋鷹人 佐川印刷京都SC
15 日本の旗 加藤健人 ファジアーノ岡山FC 新加入
期限付き移籍
16 日本の旗 前田直輝 大阪学院大学
17 日本の旗 井ノ内拓也 びわこ成蹊スポーツ大学
19 日本の旗 小野敬輔 ブラウブリッツ秋田 新加入
期限付き移籍
20 日本の旗 高橋康平 FC今治
25 日本の旗 喜多村知範 びわこ成蹊スポーツ大学 新加入
26 日本の旗 山本翔平 カマタマーレ讃岐 新加入
27 日本の旗 高橋俊樹 大阪産業大学
29 日本の旗 近藤将人 坂井フェニックス
30 日本の旗 清水良平 大阪産業大学 コーチ兼任
FW 9 日本の旗 脇裕基 藤枝MYFC 2017年は期限付き移籍
11 日本の旗 田中輝希 V・ファーレン長崎 新加入
18 日本の旗 吉岡拓郎 塩釜NTFCヴィーゼ
22 ガーナの旗 エリック・クミ チュニジアの旗 スタッド・チュニジアン英語版 新加入
ガーナ代表
23 日本の旗 下田康太 VONDS市原 新加入

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd) グレー グレー
GK(1st)
GK(2nd) 水色 水色 水色
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー[編集]

  •      紫紺、    [5][6]

現在のユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
なし - -
背中上部 なし - -
背中下部 なし - -
ユニバーサルトラスト Universal
Trust
2018年 -
パンツ なし - -

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2016 - - - - - ATHLETA
2017 -/SPORTS X -/J PLAYERS -/スギテック gol.
2018 - - Universal
Trust
-

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b アミティエSC京都の名称変更について”. 関西サッカーリーグ (2018年4月1日). 2018年4月8日閲覧。
  2. ^ a b c 関西1部のアミティエSC京都、JFL昇格に挑む”. 朝日新聞 (2017年11月8日). 2018年1月28日閲覧。
  3. ^ 特定非営利活動法人アミティエ・スポーツクラブ”. 内閣府(NPO法人ポータルサイト) (2017年6月6日). 2018年1月28日閲覧。
  4. ^ 兵庫県社会人サッカーリーグの下部リーグにあたる。兵庫県リーグは2部制のため、神戸市リーグ1部は実質的な兵庫県3部に相当する。
  5. ^ クラブ概要”. おこしやす京都AC. 2018年8月20日閲覧。
  6. ^ 前代未聞のクラブ名変更!「おこしやす京都AC」にそのワケを直撃取材”. Qoly (2018年4月12日). 2018年4月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]