アマーリエ・アウグステ・フォン・バイエルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン王妃アマーリエ・アウグステ

アマーリエ・アウグステ・フォン・バイエルン(Amalie Auguste von Bayern, 1801年11月13日 - 1877年11月8日)は、バイエルン王国の王族。バイエルン王マクシミリアン1世の五女で、ザクセン王ヨハンの妃となった。

1801年11月13日バイエルン選帝侯マクシミリアン4世ヨーゼフ(後のバイエルン王マクシミリアン1世)とその2人目の妃であったバーデン大公世子カール・ルートヴィヒの娘カロリーネの間に次女としてミュンヘンで生まれた。なお姉のエリーザベトプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世妃)とは双子であった。

アマーリエ・アウグステは1822年11月21日ドレスデンでザクセン王子ヨハンと結婚し、1854年の夫の即位により王妃となった。なお、妹マリア・アンナはヨハンの兄で先代の王フリードリヒ・アウグスト2世の後妻、また父方の伯母アマーリエが初代ザクセン王フリードリヒ・アウグスト1世の妃であった。

1877年11月8日、アマーリエ・アウグステはドレスデンで死去した。墓所は当地のカトリック宮廷教会聖三位一体大聖堂)にある。

子女[編集]

夫であるザクセン王ヨハンとの間には、以下の三男六女をもうけた。