コンテンツにスキップ

アマーリア・リンドグレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アマーリア・リンドグレーン
Amalia Lindegren
誕生日 1814年5月22日
出生地 スウェーデン、ストックホルム
死没年 1891年12月27日
死没地 スウェーデン、ストックホルム
テンプレートを表示

アマーリア・リンドグレーン(Amalia Lindegren、1814年5月22日 - 1891年12月27日)は、スウェーデンの風俗画家、肖像画家である。1856年からスウェーデン王立美術院の会員に選ばれた。

略歴

[編集]

ストックホルムに生まれた。3歳の時に母親を亡くし、養子に出されることになった。少女の頃から絵の才能を示し、女性画家、女性運動家のソフィー・アドレルスパッレ(Sofia Adolfina Adlersparre)の開いた美術学校で1841年から学び、翌年展覧会に出品した。[1]スウェーデン王立美術院の教授、Carl Gustaf Qvarnström (1810–1867)の注目するところとなり、1849年になって、他の3人の女性とともにスウェーデン王立美術院で学ぶことを許された最初の女子学生となった。[1]他の女子学生は、Lea Ahlborn(1826-1897)、アグネス・ベリエソン(1827-1900)、Jeanette Möller(1825-1872)である[2]。この入学は特例であって、女性学生が男性と同じように学べるようになるのは1864年以降であった。[3]1850年には、女性として始めて奨学金を与えられてパリに留学した[1]。パリではレオン・コニエ(Léon Cogniet)やティシエ(Jean-Baptiste-Ange Tissier)に学んだ。1854年からデュッセルドルフミュンヘンローマで修行した。1856年にスウェーデンに帰国し、この年王立美術院の会員に選ばれた[1]

主な作品

[編集]

参考文献

[編集]
  1. ^ a b c d Amalia E Lindegren, urn:sbl:10503, Svenskt biografiskt lexikon (art av Boo von Malmborg), hämtad 2017-09-19.
  2. ^ Carin Österberg (in Swedish) : Svenska kvinnor: föregångare, nyskapare (Swedish women: Predecessors, pioneers) Lund: Signum 1990. (ISBN 91-87896-03-6)
  3. ^ Bengtsson, Eva-Lena ”Konstakademien och Mejan”, i Kungl. Konsthögskolan Vårutställning 2005 (Utställningskatalog), 2005