アマル・シング (メーワール王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アマル・シング
Amar Singh
メーワール王
Raja Ravi Varma, Maharana Amar Singh - I.jpg
アマル・シング
在位 1597年 - 1620年
戴冠 1597年1月19日
別号 マハーラーナー
出生 1559年3月16日
チットールガル
死去 1620年1月26日
ウダイプル
子女 カラン・シング2世
王朝 シソーディヤー朝
父親 プラタープ・シング
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

アマル・シング(Amar Singh, 1559年3月16日 - 1620年1月26日)は、北インドラージャスターン地方メーワール王国の君主(在位:1597年 - 1620年)。

生涯[編集]

1559年3月16日メーワール王国の君主プラタープ・シングの息子として、チットールガルで誕生した[1][2]

1597年1月19日、父王プラタープ・シングが死亡したことにより、アマル・シングが王位を継承した[3][4]。アマル・シングは父王プラタープ・シングの意志を引き継ぎ、その死後もムガル帝国のとの戦いを続けた。

そうしたなか、1605年に帝国の皇帝アクバルが死亡し、息子のジャハーンギールが手打言いを継承した。ジャハーンギールは服属しないメーワール王国に対して、即位後すぐに次男パルヴィーズ率いる軍勢を派遣した[5]。だが、この遠征は失敗に終わったため、1608年1609年の2度にわたる遠征軍を派遣した。これらの遠征は皇帝の3男フッラムによって行われ、2度目の遠征は不首尾であったが、3度目の遠征は成功した[6]

アマル・シングはは遠征軍による王国中の略奪に疲弊し、1614年2月になってようやく帝国に服属した[7][8]。ジャハーンギールは父アクバルが占領したチットールガル城が破壊されたままであることを条件に返却し、メーワール王国の半独立を認めた[9][10]。ここに第一次ムガル・ラージプート戦争は終結した。

1620年1月26日、アマル・シングはウダイプルで死亡した[11][12]。死後、息子のカラン・シング2世が王位を継承した。

脚注[編集]

  1. ^ Udaipur (Princely State)
  2. ^ UDAIPUR (Mewar) (Princely State)
  3. ^ Udaipur (Princely State)
  4. ^ UDAIPUR (Mewar) (Princely State)
  5. ^ クロー『ムガル帝国の興亡』、p.167
  6. ^ クロー『ムガル帝国の興亡』、p.167
  7. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.154
  8. ^ クロー『ムガル帝国の興亡』、p.168
  9. ^ クロー『ムガル帝国の興亡』、p.168
  10. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.199
  11. ^ Udaipur (Princely State)
  12. ^ UDAIPUR (Mewar) (Princely State)

参考文献[編集]

  • アンドレ・クロー; 杉村裕史訳 『ムガル帝国の興亡』 法政大学出版局、2001年 
  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年 

関連項目[編集]