アマル・シング2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アマル・シング2世
Amar Singh II
メーワール王
Portrait of Amar Singh II, Ruler of Mewar.jpg
アマル・シング2世
在位 1698年 - 1710年
別号 マハーラーナー

出生 1672年10月3日
ウダイプル
死去 1710年12月10日
ウダイプル
子女 サングラーム・シング2世
王朝 シソーディヤー朝
父親 ジャイ・シング
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

アマル・シング2世(Amar Singh II, 1672年10月3日 - 1710年12月10日)は、北インドラージャスターン地方メーワール王国の君主(在位:1698年 - 1710年)。

生涯[編集]

アマル・シング2世と廷臣

1672年10月3日メーワール王国の君主ジャイ・シングの息子として、ウダイプルで誕生した[1][2]

1689年9月、父王ジャイ・シングが死亡したことにより、王位を継承した[3][4]

1710年12月10日、アマル・シング2世はウダイプルで死亡し、息子サングラーム・シング2世が王位を継承した[5][6]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]

Template:メーワール王国の君主