アマル・クルーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Amal Clooney(アマル・クルーニー)
Amal Clooney in London - 2018 (41999192931) (cropped).jpg
2018年
生誕Amal Alamuddin
(1978-02-03) 1978年2月3日(43歳)
ベイルート, レバノン
国籍イギリス
レバノン
教育Dr Challoner's High School
出身校St Hugh's College, Oxford (BA)
ニューヨーク大学 (LLM)
職業法廷弁護士, 人権活動家
活動期間2000年–
配偶者ジョージ・クルーニー(2014年-)
子供2

アマル・クルーニー旧姓 アラムディン(Alamuddin);アラビア語: أمل علم الدين‎ ; 1978年2月3日生まれ) [1] は、ドウティー・ストリート・チェンバース(Doughty Street Chambers)に所属する法廷弁護士で、国際法人権を専門としている [2]。彼女のクライアントには、ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏(身柄引き渡し審理で弁護士を務める [3])、ウクライナ元首相ユーリヤ・ティモシェンコ [4] 氏、エジプト-カナダ人ジャーナリストモハメド・ファフミー[5] 氏、ノーベル賞受賞者ナーディーヤ・ムラード[6] などが含まれる。

2019年には、外務・英連邦省から報道の自由に関する英国特使に任命された [7]。しかし2020年、ジョンソン英政権が、EU離脱協定を一方的に修正できる法案を成立させようとしていることに抗議し、特使を辞任した [8][1]

夫は映画監督兼俳優のジョージ・クルーニー(2014年9月27日結婚)。

生い立ち[編集]

アマル・アラムディンはレバノンベイルート生まれ。ファーストネームはアラビア語の「أملʾ ʾamal」に由来し、「希望」を意味する [9]

レバノン内戦中、2歳の時に、家族と共にバッキンガムシャージェラーズ・クロスに移住した [10]。父、ラムジ・アムラディン(Ramzi Alamuddin)はバクライン (Chouf地区の村)のAlamuddin家出身のドゥルーズ系レバノン人 [11] で、ベイルート・アメリカン大学MBAでを取得している [12][13]。母、バリア(Bariaa Alamuddin、旧姓Miknass)はレバノン北部のトリポリ出身で、スンニ派イスラム教徒の家に生まれた[14] 。政治ジャーナリストであり[15]汎アラブ系新聞「アル・ハヤト」の外国人編集者。著名人のゲストブッキング、広報写真撮影、イベントプロモーションを専門とする広報会社、International CommunicationExpertsの創設者でもある [16]

兄弟が3人おり、そのうち1人は姉、2人は父親の初婚の時の連れ子で異母兄弟である [17]

学歴[編集]

バッキンガムシャーリトル・チャルフォント英語版にある女子グラマースクールドクター・チャロナーズ・ハイスクール英語版を卒業。オックスフォード大学セント・ヒューズ・カレッジ英語版) に入学し、奨学金[18] とシュリグリー賞(Shrigley Award)を獲得した [19] 。2000年、法学学士号を取得し卒業した[要出典]

2001年、ニューヨーク大学法学部に入学し、 法学修士号(LLM)を取得。エンターテインメント法英語版の分野で優秀な成績を収めたとして、ジャック・J・カッツ記念賞を受賞した [20][21]。ニューヨーク大学在学中には、当時合衆国控訴裁判所第2巡回区控訴裁判所の判事だったソニア・ソトマイヨールの事務所で働いた [22]

キャリア[編集]

米国および英国での弁護士資格を有している。2002年にニューヨークで、2010年にイングランドウェールズで弁護士資格を取得した。また、国際司法裁判所や国際刑事裁判所を含む、デン・ハーグの法廷にも勤務した経験を持つ [20]

ニューヨーク時代[編集]

ニューヨークのサリバン・アンド・クロムウェル英語版法律事務所に、刑事弁護および捜査グループの一員として3年間勤務する。クライアントにはエンロン社やアーサー・アンダーセン社などが含まれる [19][20]

ハーグ時代[編集]

2004年に、国際司法裁判所で司法書記官職を修了。ロシアのVladlen S. Vereshchetin判事、エジプトのナビール・エル=アラビー判事[23][24] 、およびイギリスのSir FranklinBerman判事に師事した。

その後、ハーグを拠点に、レバノン特別法廷英語版及び旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷の検事局に勤務した [25]

ロンドン時代[編集]

2019年にロンドンで開催されたメディアの自由のためのグローバル会議でのカナダ外相クリスティアフリーランドとのクルーニー(右)。

2010年、イギリスに戻り[26] 、ロンドンのドウティー・ストリート・チェンバース(イングランド&ウェールズの法曹協会、インナー・テンプル)で法廷弁護士となる。 [19] 2013年には、コフィー・アナン特使のシリア顧問に任命された。また、国連人権報告者のベン・エマーソン英語版による2013年度ドローン調査の顧問弁護士に任命され、テロ対策活動におけるドローンの使用に関する調査を担当した [21][27]

M. CherifBassiouni教授率いるバーレーン独立調査委員会英語版(BICI)に関して、バーレーン国王の顧問を務めた [20]。関わった有名な裁判には以下のものが含まれる [20]

・(カンボジア対タイ)

国家間領有権主張裁判でカンボジア側弁護人を務める。

・(ティモシェンコ対ウクライナ)

ウクライナの元首相、ユーリヤ・ティモシェンコ氏の代理人として、ウクライナでの政治的起訴・勾留に関する人権を主張した。

・(ICC対セヌシ&カダフィ)

リビアの元諜報部長官アブダラ・アル・セヌシ英語版の弁護士を務める。リビアにおける人道に対する犯罪の容疑で、セヌシをハーグで裁判にかけるべきだと主張した。

・(スウェーデン対アサンジ)

ウィキリークスの創設者であるジュリアン・アサンジ氏の身柄引き渡し審理において、弁護士を務めた。

教歴[編集]

2015年春から2016年にかけて、コロンビア大学ロースクール人権研究所の客員教授とシニアフェローを務めた [28][29]サラ・H・クリーブランド英語版教授による人権のコースで共同教授を務め、また同校の人権実地講座で学生に人権訴訟について教えた [30][31]

2018年春学期には、コロンビア大学ロースクールで、サラ・H・クリーブランド英語版教授との共同教授として、人権のコアクラスで教鞭を取った [32]

ロンドンのSOAS・スクール・オブ・ロー英語版、ニューヨークのニュースクール大学ハーグ国際法アカデミーノースカロライナ大学チャペルヒル校で国際刑事法について講義を行った実績がある [20]

有名な事例[編集]

2014年5月

2011年、メルク・アンド・カンパニー社と エクアドル共和国との紛争の、常設仲裁裁判所による仲裁手続きを支援している。[33]

2014年、アル・ジャジーラのジャーナリスト、モハメド・ファフミー英語版氏がエジプトで拘束された際に弁護士を務めた[34][35][36][37]

ファフミー氏は懲役3年の実刑判決を受け、2015年8月の控訴も退けられたが、アブドルファッターフ・アッ=シーシ大統領による恩赦を受けて解放された [38][39]

2014年8月、国連人権理事会が編成した、イスラエルによるガザ侵攻に関する国連調査委員会に任命されるも、多忙のため辞退している [40]

2014年10月、古代ギリシア・パルテノン神殿の彫刻であるエルギン・マーブルの返還裁判で、ギリシャ政府の法律顧問を務めた [41][42] 。2015年5月、ギリシャ政府はエルギン・マーブル返還の法的措置停止を決定し、顧問契約を解除した [43]

2015年1月、アルメニア人虐殺の歴史認識問題に関する活動を開始した [44]ジェフリー・ロバートソン英語版とともに、ドウティー・ストリート・チェンバース英語版を代表してアルメニア側にたっている [45]。トルコ側が、1915年の虐殺をジェノサイドと呼べきだとする運動を開始したトルコ系アルメニア人を起訴した際には、トルコの姿勢を「表現の自由を侵害しており偽善的である」と批判している 。2015年、欧州人権裁判所はアルメニア人虐殺を「ジェノサイドではない」と否定した発言が人種差別だとして有罪となったトルコ人政治家ドーウ・ペリンチェク英語版氏について、有罪判決は言論の自由の侵害だったとする判決を下した[46][47]。アマル・クルーニーはこの裁判で、アルメニア側の弁護人を務めている [48][49]

2015年3月8日、フィリピンで元大統領のグロリア・アロヨ氏の拘留が続いていることに対し、国連人権委員会の組織である恣意的拘禁作業部会に、フィリピン共和国政府を提起した [50]。アロヨ氏は当時、パンパンガ州議会議員であった。 10月2日、国連恣意的拘禁作業部会は、アロヨ氏の拘禁は「国際法に違反」し、「多くの理由で恣意的」であるとの見解を発表した。 [51]

2015年4月7日、モルディブ元大統領モハメド・ナシード氏の恣意的な拘留に対して、弁護団の一員として弁護活動を行うと発表した[52]。政治的な動機による裁判の結果、ナシード氏は2015年3月に懲役13年の判決を受けた [53]アムネスティ・インターナショナルは、この判決を「正義の茶番」と評した [54][55]。モルディブを訪問する前に、この事件を担当していた現地の共同弁護人が頭部を刺される事件が発生しており、同国の危険性と不安定さを物語っている [56] 。2016年1月、国連がナシードの裁判と投獄を非難したことについてインタビューを重ね、モルディブへの制裁賦課を支持する取り組みを打ち出した [57][58]エコノミスト紙 は、「モルディブの民主化によってイギリスのデーヴィッド・キャメロン首相の支持を強化するのに貢献した 」と評している [59]

2015年6月、アイルランド政府が英国政府に対して欧州人権裁判所で提訴したフーデッド・マン事件[60] に関する取組を開始した [61][62]

アイルランドのチャールズ・フラナガン英語版外務大臣[要出典]と協力し、イギリス政府が1971年に、フード男事件を含むディミトリウス作戦英語版で、5つの技法として知られる尋問方法を使用したことが、虐待ではなく拷問にあたると訴えた [63] 。2018年9月、裁判所はこの訴訟の最終控訴を棄却した [64]

ルイ・オリヴィエ・バンクール英語版氏が代表を務めるチャゴス諸島島民の、弁護団の一員として活動している[65]。島民らは、1971年にイギリス政府によって米軍基地建設のためにディエゴ・ガルシア島から強制的に追い出されたと主張している[66]

2016年、欧州人権裁判所で、アゼルバイジャンのジャーナリスト、カディヤ・イスマイロワ英語版氏の弁護士を務めた。裁判の結果、アゼルバイジャン政府はイスマイロワ氏を執行猶予3年に減刑した [67][68]

2016年9月、国連薬物犯罪事務所(UNODC)にて、2016年6月にナーディア・ムラード氏の弁護士として、ISIL司令官に対する法的措置の依頼人になったことについて講演した [69][70][71]ジェノサイドレイプ、人身売買をISILによる「産業規模での悪の官僚制度」と特徴づけ、現在も活発に活動しているオンライン(Facebookなど)と、中東の両方に存在する奴隷市場について説明した [72]

2019年5月7日、アラ・ダージ氏と共に、ロヒンギャ民族に関する取材を巡り国家機密法に違反したとしてミャンマーで収監されていた

ロイター通信のジャーナリストワ・ロン英語版氏とチョー・ソウ・氏の釈放確保に関与した[73]

2020年2月、モルディブ政府の代理人として、国際司法裁判所ロヒンギャ民族の生存者のために司法的救済を求める活動を行っている。モルディブは、第14回イスラム協力機構(OIC)イスラムサミットでの決定に基づき、ロヒンギャの人々に対して行われたジェノサイド行為に対する説明責任を求める努力を支援する意向である [74][75]

任命[編集]

2014年2月25日、英国法務長官府から、国際法顧問委員会のC審査団に任命された。任期は2019年に満了した [76][77]

2014年5月、 英国ユニセフ協会及びジェミマ・カーン英語版による「女性と子どもを守るための英国政府によるアクション」を呼びかける公開書簡に署名した[78]

2014年2月、国際法曹協会人権研究所(IBAHRI)に向けて、エジプトの司法プロセスを批判する報告書を作成した。2015年1月、ガーディアン紙は、この報告書のために、アマル氏はエジプト政府から、エジプトに入国すれば逮捕される可能性が高いと警告を受けたと報じた [79][80]

2019年4月、外務・英連邦省から英国特使に任命され、ジェレミーハント国務長官に国際的な報道の自由に関する助言を行った [7][81]。 2019年7月には、「報道の自由に関する法律専門家のハイレベル・パネル」の副議長に任命された [82]。ハイレベル・パネルは「メディアの抑圧を防止・抑止するための法的メカニズムを開発・促進する」ことを目的としており、イギリス政府とカナダ政府の要請を受けて、ニューバーガー卿英語版が招集した。政府から独立しており、国際的に著名な弁護士からなるグループで構成されている [83]。 2020年9月、ジョンソン英政権が、EU離脱協定を一方的に修正できる法案を成立させようとしていることに抗議し、外務・英連邦省から任命された特使を辞任した [8]。ハイレベル・パネルでは依然、副議長を務めている [84]

受賞[編集]

2014年のブリティッシュ・ファッション・アワード英語版で、デビッド・ベッカムケイト・モスキーラ・ナイトレイエマ・ワトソンと並んで、ベスト・ブリティッシュ・スタイル賞の候補に選ばれた。 [85] 2015年には、バーバラ・ウォルターズの「2015年最も魅力的な人物」に選ばれた [86]

2019年、チャールズ皇太子は「信じがたいほど素晴らしい若い女性」を祝うためにアマルクルーニー賞を立ち上げた。この賞は、地域社会に貢献した若い女性や、重要なプロジェクトの推進力となっている女性に贈られることになる [87]

2020年、サイモン・ウィーゼンタール・センターの、バーチャル・ガラで、夫・ジョージ・クルーニーと共に人道賞を受賞した。

2020年11月19日、ジャーナリスト保護委員会から、「グウェン・イフィル英語版報道の自由賞」を受賞した。「グウェン・イフィル報道の自由賞」は、報道の自由の大義のために、持続的に、並外れた業績を示した個人に毎年贈られる賞である [88]。これまでの受賞者は、ジュディ・ウッドラフ英語版氏(2017年受賞)、マリア・レッサ英語版氏(2018年受賞)、 ザファール・アッバース英語版 氏(2019年受賞)など。

慈善活動[編集]

2016年末に、夫・ジョージ・クルーニーと共同で「正義のためのクルーニー財団」を設立。理事長として、世界中の法廷、コミュニティ、教室で正義を推進している。

オーロラ・ヒューマニタリアン・イニシアチブと協力して、アマル・クルーニー奨学金を創設した。この奨学金は、レバノンから毎年1名の女子学生をユナイテッド・ワールド・カレッジ・ディリジャン英語版に送り、2年間の国際バカロレア(IB)プログラムに入学させるために創設された [89]

ナディア・ムラードとの仕事を通じて知り合った、ヤズィーディー教徒の学生であるハジム・アヴダルを支援している。 アヴダルはシカゴ大学うこととなった [90]

2018年、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校銃乱射事件にを受けて、「マーチ・フォー・アワー・ライフズ英語版」に50万ドル寄付すると約束し、マーチに出席すると発表した [91]

私生活[編集]

2016年カンヌ映画祭(フランス)でのアマルとジョージクルーニー

英語、フランス語、アラビア語に堪能である [92][93]

2014年4月28日に、俳優ジョージ・クルーニーと婚約している [94]。2人の最初の出会いは2013年7月、共通の友人に紹介されてのことだった。 [95]

2014年8月7日、ロンドンのケンジントン&チェルシー王立区結婚許可書を取得し [96]、彼2014年9月27日にヴェネツィア市庁舎( Ca'Farsetti[97][98][99] で結婚式を挙げた[100][101][102][103]。結婚式は、ジョージ・クルーニーの友人で元ローマ市長のワルテル・ヴェルトローニ氏によって執り行われた [104]。結婚式の様子はメディアで大きく報道された [105] 。クルーニー夫妻はテムズ川のソニング[106] にある邸宅を約1000万ポンドで購入している [107]

2017年2月、CBSのトークショー「ザ・トーク」で妊娠が報じられた [108]。ジョージ・クルーニーの友人であるマット・デイモンは「エンターテインメント・トゥナイト」のインタビューでアマルの妊娠を知っていたと語っている。 [109]

2017年6月、男女の双子を出産した。 [110]

著作[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Russian, Ale (2018年2月5日). “Amal's Big 40! George Clooney Celebrates Wife's Birthday on 24-Hour Getaway” (英語). People. http://people.com/movies/amals-big-40-george-clooney-celebrates-wifes-birthday-on-24-hour-getaway/ 
  2. ^ George Clooney Finally Meets His Match With Human Rights Lawyer Amal Alamuddin”. Vanity Fair (2017年3月29日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ Rothman, Michael (2014年3月19日). “5 Things About Amal Alamuddin”. ABC News. http://www.abcnews.go.com/Entertainment/things-george-clooneys-lady-friend-amal-alamuddin/story?id=22960268 
  4. ^ Johnston, Ian (2014年4月27日). “George Clooney Engaged To Amal Alamuddin: Actor To Marry British Human Rights Lawyer Who Has Represented Julian Assange”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/people/news/george-clooney-to-marry-his-british-lawyer-girlfriend-amal-alamuddin-9294602.html 
  5. ^ Kingsley (2014年11月6日). “Amal Clooney calls on Egypt to release journalist Mohamed Fahmy”. The Guardian. 2019年9月20日閲覧。
  6. ^ Day (2018年12月11日). “Nadia Murad is Joined by Amal Clooney as She Accepts Nobel Peace Prize”. Vogue Middle East. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  7. ^ a b “Amal Clooney appointed Foreign Office special envoy”. BBC. https://www.bbc.co.uk/news/uk-47825327 2019年4月5日閲覧。 
  8. ^ a b “Brexit: Amal Clooney quits government envoy role over law break plan” (英語). BBC News. (2020年9月18日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-54210658 2020年10月1日閲覧。 
  9. ^ Rosenthal, Franz (2014). Gutas, Dimitri. ed. Man Versus Society in Medieval Islam. Leiden; Boston: Brill. p. 613. ISBN 978-9-004-27089-3. OCLC 892338528 
  10. ^ Flanagan, Padraic (2014年4月28日). “George Clooney Engaged to High-Flying British Lawyer”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/northamerica/usa/10793797/George-Clooney-engaged-to-high-flying-British-lawyer.html 
  11. ^ Gatten, Emma (2014年9月13日). “Amal Alamuddin: George Clooney's Betrothed a Star Among Druze Community”. NBC News. https://www.nbcnews.com/news/world/amal-alamuddin-george-clooneys-betrothed-star-among-druze-community-n201351 2014年9月28日閲覧。 
  12. ^ “George Clooney's Fiancée Amal Alamuddin Has Beauty, Brains And Style”. The Straits Times. (2014年4月27日). http://www.straitstimes.com/lifestyle/movies/story/george-clooneys-fiancee-not-only-has-beauty-and-brains-also-great-style-20140 2014年5月6日閲覧。 
  13. ^ You'd think George Clooney asked all of Lebanon to marry him”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  14. ^ Gebeily, Maya (2014年4月30日). “Amal Alamuddin from 'Druze family of sheikhs'”. https://now.mmedia.me/lb/en/reportsfeatures/545333-amal-alamuddin-from-druze-family-of-sheikhs 2014年9月28日閲覧。 
  15. ^ Amal Clooney - the most wanted woman in Britain”. Tatler (2016年1月19日). 2017年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月5日閲覧。 “'"I remember her as humane and brainy," adds Ghil'ad Zuckermann, now a professor of linguistics at the University of Adelaide, Australia, who was also at St Hugh's with Amal. "Students were talking about Amal even then, especially those from Middle Eastern backgrounds. I remember being told around 1997, about her famous journalist mother."”
  16. ^ Karam, Joyce (2014年4月28日). “Who is Clooney's fiancée Amal Alamuddin?”. Al Arabiya. http://english.alarabiya.net/en/life-style/entertainment/2014/04/28/Who-is-Clooney-s-fianc-e-Amal-Alamuddin-.html 2014年9月28日閲覧。 
  17. ^ “Lebanon in frenzy over Clooney-Alamuddin engagement”. NOW News. AFP. (2014年5月1日). オリジナルの2014年10月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141013112657/https://now.mmedia.me/lb/en/lebanonnews/545482-lebanon-in-frenzy-over-clooney-alamuddin-engagement 2014年9月28日閲覧。 
  18. ^ “Colleges, Halls, and Societies: Notices – St Hugh's College”. Oxford University Gazette. (1997年10月23日). オリジナルの2010年7月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100718195832/http://www.ox.ac.uk/gazette/1997-8/weekly/231097/coll.htm 2014年5月6日閲覧。 
  19. ^ a b c McNeal (2014年4月27日). “International Lawyer And Scholar Amal Alamuddin Engaged To George Clooney”. Forbes. 2014年9月15日閲覧。
  20. ^ a b c d e f Amal Alamuddin”. Doughty Street Chambers. 2015年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月14日閲覧。
  21. ^ a b Schumann (2013年10月29日). “George Clooney Girlfriend Revealed: Who Is Amal Alamuddin? 6 Fast Facts About The Actor's New Love”. 2014年5月6日閲覧。
  22. ^ Mathis-Lilley, Ben (2014年4月28日). “London Human Rights Lawyer Amal Alamuddin Is Engaged”. Slate. http://www.slate.com/blogs/the_slatest/2014/04/28/amal_alamuddin_london_lawyer_to_wed_actor.html 2014年9月28日閲覧。 
  23. ^ Clerkships – Prior and Present Clerks”. Institute for International Law and Justice. New York University School of Law. 2014年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月28日閲覧。
  24. ^ Chi (2014年2月27日). “George Clooney Engaged to Amal Alamuddin: 5 Fast Facts About Her”. People. 2014年5月6日閲覧。
  25. ^ Alamuddin, A.; Webb, P. (2010). “Expanding Jurisdiction over War Crimes under Article 8 of the ICC Statute”. Journal of International Criminal Justice 8 (5): 1219. doi:10.1093/jicj/mqq066. http://jicj.oxfordjournals.org/content/8/5/1219.full. 
  26. ^ Butter, Susannah (2014年8月20日). “Amal Alamuddin's caseload: why the future Mrs George Clooney isn't about to give up her day job as a human rights lawyer”. London Evening Standard. https://www.standard.co.uk/lifestyle/london-life/amal-alamuddins-caseload-why-the-future-mrs-george-clooney-isnt-about-to-give-up-her-day-job-as-a-human-rights-lawyer-9680615.html 2014年9月28日閲覧。 
  27. ^ UN SRCT Drone Inquiry – Credits: UNSRCT Team”. United Nations. 2017年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月28日閲覧。
  28. ^ Duboff (2015年3月6日). “Amal Clooney Will Be Teaching at Columbia Law School This Spring”. Vanity Fair. 2015年3月7日閲覧。
  29. ^ Frankel, Mark (2016年5月12日). “From Morningside Heights to the Maldives” (英語) (Press release). Columbia Law School. http://www.law.columbia.edu/media_inquiries/news_events/2016/may2016/amal-clooney-columbia 
  30. ^ Andriakos, Jacqueline (2015年3月7日). “Amal Clooney to Teach at Columbia Law School in N.Y.C.”. People. http://www.people.com/article/amal-clooney-teach-columbia-law-school-joins-faculty 2015年3月7日閲覧。 
  31. ^ Amal Clooney: Visiting Professor and Senior Fellow, Human Rights Institute (Spring 2015)”. Columbia Law School. 2015年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月14日閲覧。
  32. ^ “Amal Clooney Returns to Columbia Law to Teach International Human Rights Law” (英語). Columbia Law School. (2018年3月23日). http://www.law.columbia.edu/news/2018/03/amal-clooney-returns-international-human-rights 
  33. ^ Merck Sharpe & Dohme (I.A.) LLC v. The Republic of Ecuador”. Permanent Court of Arbitration (2011年). 2015年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月30日閲覧。
  34. ^ Kingsley, Patrick (2014年11月6日). “Amal Clooney calls on Egypt to release journalist Mohamed Fahmy”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2014/nov/06/amal-clooney-egypt-journalist-mohamed-fahmy 2015年7月16日閲覧。 
  35. ^ Paris, Max (2015年2月26日). “Amal Amal wants Stephen Harper to 'pick up phone' to free Mohamed Fahmy”. CBC News. http://www.cbc.ca/news/politics/amal-clooney-wants-stephen-harper-to-pick-up-phone-to-free-mohamed-fahmy-1.2974284 2015年7月16日閲覧。 
  36. ^ Galloway, Gloria (2015年2月26日). “Amal Clooney to travel to Egypt to lobby for Fahmy's freedom”. The Globe and Mail. https://www.theglobeandmail.com/news/world/amal-clooney-to-travel-to-egypt-to-lobby-for-fahmys-freedom/article23217265/ 2015年7月16日閲覧。 
  37. ^ Logan, Nick (2015年7月15日). “Mohamed Fahmy's lawyer Amal Clooney pens deportation request ahead of verdict”. Global News. http://globalnews.ca/news/2113410/mohamed-fahmys-lawyer-amal-clooney-pens-deportation-request-ahead-of-retrial-verdict/ 2015年7月16日閲覧。 
  38. ^ Malsin, Jared (2015年8月29日). “Al-Jazeera journalists sentenced to three years in prison by Egyptian court”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2015/aug/29/egyptian-court-sentences-3-al-jazeera-english-journalists-to-3-years-in-prison 2015年8月30日閲覧。 
  39. ^ Mohamed Fahmy, Canadian journalist, pardoned by Egyptian president, released from prison”. 2015年10月6日閲覧。
  40. ^ Ryder (2014年8月11日). “Amal Alamuddin 'Horrified,' but Unable to Serve on Gaza Rights U.N. Probe”. Yahoo! Celebrity. 2014年8月12日閲覧。
  41. ^ Reuters (2014年10月9日). “Clooney's wife Amal Alamuddin to advise Greece on Elgin marbles bid”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2014/oct/09/amal-alamuddin-clooney-wife-greece-elgin-marbles-bid 2014年10月13日閲覧。 
  42. ^ Squires, Nick (2014年10月13日). “Amal Alamuddin to tour Acropolis as she advises Greece on return of Elgin Marbles”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/greece/11159736/Amal-Alamuddin-to-tour-Acropolis-as-she-advises-Greece-on-return-of-Elgin-Marbles.html 2014年10月13日閲覧。 
  43. ^ Smith, Helena (2015年5月13日). “Greece drops option of legal action in British Museum Parthenon marbles row”. The Guardian. https://www.theguardian.com/artanddesign/2015/may/13/greece-drops-option-legal-action-british-museum-parthenon-marbles-row 2015年5月14日閲覧。 
  44. ^ Waterfield, Bruno (2015年1月28日). “Amal accuses Turkey of hypocrisy on freedom of speech in Armenian genocide trial”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/turkey/11373991/Amal-Clooney-accuses-Turkey-of-hypocrisy-on-freedom-of-speech-in-Armenian-genocide-trial.html 2015年1月28日閲覧。 
  45. ^ Akkoc, Raziye (2015年1月28日). “Amal Clooney's latest case: Why Turkey won't talk about the Armenian genocide”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/turkey/11373115/Amal-Clooneys-latest-case-Why-Turkey-wont-talk-about-the-Armenian-genocide.html 2015年1月28日閲覧。 
  46. ^ Amal Clooney's speech in ECHR hearing of Perinçek v. Switzerland case (Video)”. News.am Channel (2015年1月28日). 2015年3月18日閲覧。
  47. ^ Perinçek v. Switzerland (no. 27510/08)”. European Court of Human Rights (2015年1月28日). 2015年8月30日閲覧。
  48. ^ Craw, Victoria (2015年1月29日). “Amal Clooney gives brilliant smackdown to journalist at new case in European Court of Human Rights”. News.com.au. http://www.news.com.au/lifestyle/fashion/amal-clooney-gives-brilliant-smackdown-to-journalist-at-new-case-in-european-court-of-human-rights/story-fnks7u94-1227200714035 
  49. ^ Waterfield, Bruno (2015年1月29日). “Amal Clooney and her robes: A tale told in tweets”. The Daily Telegraph (telegraph.co.uk). https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/armenia/11376127/Amal-Clooney-and-her-robes-A-tale-told-in-tweets.html 
  50. ^ British lawyer Amal Clooney takes Gloria Arroyo's case to UN”. GMA News (2015年3月8日). 2015年3月8日閲覧。
  51. ^ “UN: Gloria Arroyo's detention 'violates int'l law'”. Rappler. (2015年10月9日). http://www.rappler.com/nation/108448-united-nations-gloria-arroyo-detention-violates-international-law 2015年10月9日閲覧。 
  52. ^ “President Mohamed Nasheed Announces International Legal Team”. Maldivian Democratic Party, Maldives. (2015年4月7日). http://mdp.org.mv/archives/68882 2015年4月7日閲覧。 
  53. ^ Clooney, Amal (2015年4月30日). “Release Mohamed Nasheed – an innocent man and the Maldives' great hope”. The Guardian. https://www.theguardian.com/commentisfree/2015/apr/30/release-mohamed-nasheed-maldives-president-conviction 2015年5月23日閲覧。 
  54. ^ “Maldives: 13-year sentence for former president 'a travesty of justice'”. Amnesty International. (2015年3月13日). https://www.amnesty.org/en/articles/news/2015/03/maldives-mohamed-nasheed-convicted-terrorism/ 2015年5月23日閲覧。 
  55. ^ “Amal Clooney Tells Amnesty International Why the Former President of the Maldives Must Be Released”. Amnesty International. (2015年10月14日). http://www.amnestyusa.org/news/news-item/amal-clooney-tells-amnesty-international-why-the-former-president-of-the-maldives-must-be-released 2015年10月16日閲覧。 
  56. ^ McFadden, Cynthia; Whitman, Jake; Connor, Tracy (2016年1月14日). “Amal Clooney Takes Maldives Human-Rights Battle to Washington”. NBC News. https://www.nbcnews.com/news/world/amal-clooney-takes-maldives-human-rights-battle-washington-n496051 2016年1月15日閲覧。 
  57. ^ McFadden, Cynthia (2016年1月15日). “Amal Clooney: Human Rights Lawyer on Her Reluctant Celeb Status”. TheToday Show. https://www.youtube.com/watch?v=h9mS23Q8R_A 2016年1月21日閲覧。 
  58. ^ Todd, Chuck (2016年1月17日). “Amal Clooney on Human Rights Crisis in the Maldives”. Meet the Press (NBC). https://www.youtube.com/watch?v=68GBTnSfzCc 2016年1月21日閲覧。 
  59. ^ “Politics in the Maldives”. The Economist. (2016年2月20日). https://www.economist.com/news/asia/21693256-beset-scandal-islands-hardline-president-may-be-losing-his-grip-archipelago-ire 2016年2月20日閲覧。 
  60. ^ “Hooded men: Irish government bid to reopen 'torture' case”. BBC News. (2014年12月2日). https://www.bbc.com/news/uk-northern-ireland-30296397 2015年8月30日閲覧。 
  61. ^ Kearney, Vincent (2015年2月9日). “Amal Clooney to represent 'hooded men' in torture legal case”. BBC News. https://www.bbc.com/news/uk-northern-ireland-31318181 2015年5月14日閲覧。 
  62. ^ McDonald, Henry (2015年2月9日). “Amal Clooney joins team representing Northern Ireland's 'hooded men'”. The Guardian. https://www.theguardian.com/uk-news/2015/feb/09/amal-clooney-northern-ireland-belfast-hooded-men-european-court-human-rights 2015年5月14日閲覧。 
  63. ^ Corrigan, Patrick (2015年2月13日). “If Amal Clooney wins the 'Hooded Man' case, the embarrassment for the UK would be huge”. The Independent. https://www.independent.co.uk/voices/comment/if-amal-clooney-wins-the-hooded-man-case-the-embarrassment-for-the-uk-would-be-huge-10044980.html 2015年5月14日閲覧。 
  64. ^ Bowcott, Owen (2018年9月11日). “Human rights judges reject final appeal of Troubles 'hooded men'”. The Guardian. https://www.theguardian.com/uk-news/2018/sep/11/echr-judges-reject-final-appeal-in-troubles-hooded-men-case-british-army-detainees-torture 2018年9月11日閲覧。 
  65. ^ Bowcott, Owen (2015年6月22日). “Chagos islanders ask supreme court to overturn House of Lords decision”. The Guardian. https://www.theguardian.com/law/2015/jun/22/chagos-islanders-supreme-court-house-lords-decision 2015年6月23日閲覧。 
  66. ^ Hart QC, David (2014年4月11日). “Chagossians update”. UK Human Rights Blog. http://ukhumanrightsblog.com/2014/04/11/chagossians-update/ 2015年8月30日閲覧。 
  67. ^ Salimova, Gulnar (2016年1月20日). “Star lawyer Amal Clooney to defend Azerbaijani investigative journalist Ismayilova”. Kyiv Post. https://www.kyivpost.com/article/content/world/star-lawyer-amal-clooney-to-defend-azerbaijani-investigative-journalist-ismayilova-406291.html 2016年1月20日閲覧。 
  68. ^ Azerbaijan court frees journalist backed by Amal Clooney”. BBC News. BBC (2016年5月25日). 2016年5月26日閲覧。
  69. ^ Lara, Maria Mercedes (2016年9月19日). “Watch: Amal Clooney Reveals She and George Talked About the 'Risks' of Taking on ISIS – 'I Mean, This Is My Work'”. People. http://www.people.com/article/amal-clooney-nadia-murad-isis-trafficking-victim-video 2016年9月19日閲覧。 
  70. ^ McFadden, Cynthia; Whitman, Jake; Rappleye, Hannah (2016年9月19日). “Amal Clooney Takes on ISIS for 'Clear Case of Genocide' of Yazidis'”. NBC News. https://www.nbcnews.com/news/world/amal-clooney-takes-isis-clear-case-genocide-yazidis-n649126 2016年9月19日閲覧。 
  71. ^ Harris, Elise (2016年9月19日). “Amal Clooney, George's wife, takes on U.N. and ISIS”. The Washington Times. http://www.washingtontimes.com/news/2016/sep/19/amal-clooney-takes-on-isis-at-un/ 2016年9月22日閲覧。 
  72. ^ “Appointment Ceremony of Ms. Nadia Murad Basee Taha As UNODC Goodwill Ambassador for the Dignity of Survivors of Human Trafficking on the Occasion of the International Day of Peace” (Video). United Nations Television (UNTV). (2016年9月16日). http://webtv.un.org/meetings-events/watch/appointment-ceremony-of-ms.-nadia-murad-basee-taha-as-unodc-goodwill-ambassador-for-the-dignity-of-survivors-of-human-trafficking-on-the-occasion-of-the-international-day-of-peace/5128825128001#full-text 2016年9月21日閲覧。 
  73. ^ Myanmar Releases Pulitzer Prize-Winning Reuters Journalists”. NPR. 2019年5月7日閲覧。
  74. ^ Ratcliffe, Rebecca (2020年2月27日). “Amal Clooney to pursue Rohingya case at The Hague” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2020/feb/27/amal-clooney-to-pursue-rohingya-case-at-the-hague 2020年4月1日閲覧。 
  75. ^ Maldives hires Amal Clooney to represent Rohingya at UN”. www.aljazeera.com. 2020年4月1日閲覧。
  76. ^ Attorney General's civil panel counsel: appointments, membership lists and off panel counsel”. Treasury Solicitor's Department, Government Legal Department and Attorney General's Office (2015年8月14日). 2015年8月30日閲覧。
  77. ^ Public International Law Panel of Counsel - Summary of Selection Process”. UK Attorney General (2014年2月25日). 2015年8月30日閲覧。
  78. ^ Leading UK women unite with UNICEF UK in call to end sexual violence against children in conflict”. UNICEF UK (2014年). 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月31日閲覧。
  79. ^ Kingsley, Patrick (2015年1月2日). “Amal Clooney warned that she risked arrest”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2015/jan/02/egypt-amal-clooney-arrest-al-jazeera-three 2015年8月30日閲覧。 
  80. ^ Film - Egypt: Separating Law and Politics”. International Bar Association. 2015年8月30日閲覧。
  81. ^ Mackelden (2019年4月6日). “Amal Clooney Is Working with the U.K. Foreign Office on a New Initiative” (英語). Harper's BAZAAR. 2019年4月6日閲覧。
  82. ^ Lord Neuberger and Amal Clooney announce Media Freedom Legal Panel members” (英語). GOV.UK. 2020年11月5日閲覧。
  83. ^ “Amal Clooney takes Foreign Office role” (英語). (2019年4月5日). https://www.bbc.com/news/uk-47825327 2019年4月6日閲覧。 
  84. ^ IBA - IBAHRI Secretariat to the High Level Panel of Legal Experts on Media Freedom” (英語). www.ibanet.org. 2020年11月5日閲覧。
  85. ^ Sowray (2014年12月1日). “Emma Watson Wins Award for Best British Style at Fashion Awards”. Telegraph Media Group. 2015年5月23日閲覧。
  86. ^ ABC News (2015年12月14日). “Amal Clooney: Barbara Walters' Most Fascinating Person of the Year”. ABC News. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  87. ^ Abrams. “Prince Charles launches the 'Amal Clooney Award' to celebrate 'incredible young women'”. Business Insider. 2020年2月29日閲覧。
  88. ^ Gwen Ifill Press Freedom Award” (英語). Committee to Protect Journalists. 2020年11月21日閲覧。
  89. ^ Los Angeles Times (2015年12月17日). “Amal Clooney launches scholarship for Lebanese girls”. latimes.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  90. ^ Swartz, Tracy (2018年2月12日). “George and Amal Clooney sponsor an Iraqi refugee attending U. of C.”. Chicago Tribune. http://www.chicagotribune.com/entertainment/chicagoinc/ct-ent-george-clooney-iraqi-refugee-hazim-avdal-20180212-story.html 
  91. ^ Oprah Follows George and Amal Clooney's Lead, to Donate $500,000 for Parkland Students' March” (2018年2月20日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  92. ^ Lily Harrison and Natalie Finn (2014年4月26日). “5 Things to Know About George Clooney's Fiancée, Amal Alamuddin (Other Than, OMG, She's Marrying George Clooney!)”. E!. http://www.eonline.com/news/474909/george-clooney-s-mystery-woman-revealed-5-things-to-know-amal-alamuddin 
  93. ^ Respers France, Lisa (2014年4月28日). “What we know about George Clooney's fiancée”. CNN. http://www.cnn.com/2014/04/28/showbiz/celebrity-news-gossip/george-clooney-engaged-amal-alamuddin/ 
  94. ^ Cohen, Sandy (2014年4月28日). “George Clooney sheds most eligible bachelor status, gives up serial romance for engagement”. Star Tribune. Associated Press. オリジナルの2014年4月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140429004958/http://www.startribune.com/entertainment/movies/257066241.html 2014年5月13日閲覧。 
  95. ^ Gonzales (2018年1月31日). “George Clooney First Met Amal in the Comfort of His Own Home” (英語). Harper's BAZAAR. 2019年7月4日閲覧。
  96. ^ Rothman, Michael (2014年8月7日). “George Clooney and Fiancée Amal Alamuddin Get Marriage License”. ABC News. https://abcnews.go.com/Entertainment/george-clooney-fiance-amal-alamuddin-marriage-license/story?id=24877642 
  97. ^ Clooney And Bride Appear in Public After Wedding”. Sky News. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  98. ^ Inside George Clooney and Amal Alamuddin's Wedding”. People (2014年10月5日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  99. ^ George Clooney and Amal Alamuddin's wedding”. CBS News. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  100. ^ Anderson, Ariston (2014年9月15日). “George Clooney Wedding Details Leaked by Italian Media”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/george-clooney-wedding-details-leaked-732822 
  101. ^ Kington, Tom (2014年9月27日). “Clooney And Bride Appear in Public After Wedding”. Sky News. http://news.sky.com/story/1343410/clooney-and-bride-appear-in-public-after-wedding 
  102. ^ Oldenburg, Ann; Puente, Maria (2014年9月27日). “George Clooney, Amal Alamuddin marry in Venice”. USA Today. https://www.usatoday.com/story/life/people/2014/09/27/george-clooney-amal-alamuddin-wedding-married-italy/15829967/ 
  103. ^ Fornasier, Claudia (2014年9月15日). “George, sì davanti a Veltroni”. Corriere della Sera. http://corrieredelveneto.corriere.it/veneto/notizie/cronaca/2014/15-settembre-2014/george-si-a-veltroni-230136085285.shtml 
  104. ^ Squires (2014年9月15日). “George Clooney 'to be married by ex-Rome mayor'”. The Daily Telegraph. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  105. ^ Squires, Nick (2014年9月29日). “George Clooney's wedding to Amal Alamuddin finally ends”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/italy/11128418/George-Clooneys-wedding-to-Amal-Alamuddin-finally-ends.html 
  106. ^ Sawer, Patrick (2014年10月10日). “Welcome to Sonning, Mr & Mrs Clooney”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/celebritynews/11154328/Welcome-to-Sonning-Mr-and-Mrs-Clooney.html 
  107. ^ Sawer, Patrick (2014年10月9日). “George Clooney snaps up £10 million manor house in Sonning, Berkshire”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/celebritynews/11152701/George-Clooney-snaps-up-10-million-manor-house-in-Sonning-Berkshire.html 
  108. ^ “George and Amal Clooney 'expecting twins'”. BBC News. (2017年2月10日). https://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-38926056 
  109. ^ Rothman, Michael (2017年2月10日). “Matt Damon Says George and Amal Clooney Will Be 'Great Parents'” (英語). ABC News. https://abcnews.go.com/Entertainment/matt-damon-george-amal-clooney-great-parents/story?id=45400456 
  110. ^ Leonard, Elizabeth; Juneau, Jen (2017年6月6日). “A Boy! A Girl! George and Amal Clooney Welcome Twins” (英語). People. http://people.com/babies/george-clooney-amal-clooney-welcome-twins/ 
  111. ^ Alamuddin, A.; Webb, P. (2010). “Expanding Jurisdiction over War Crimes under Article 8 of the ICC Statute”. Journal of International Criminal Justice 8 (5): 1219. doi:10.1093/jicj/mqq066. http://jicj.oxfordjournals.org/content/8/5/1219.full. 

外部リンク[編集]