アマデオ・カリーソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アマデオ・カリーソ Football pictogram.svg
Amadeoriver.JPG
名前
本名 アマデオ・ラウル・カリーソ
愛称 Tarzán
ラテン文字 Amadeo Raúl Carrizo
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 1926年6月12日(90歳)
出身地 サンタフェ州
身長 188cm
体重 86kg
選手情報
ポジション GK
代表歴
1954-1964 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 20 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アマデオ・ラウル・カリーソAmadeo Raúl Carrizo, 1926年6月12日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州ルフィーノ出身のサッカー選手。ポジションはGK

国際サッカー歴史統計連盟から20世紀で10番目に偉大なGKに選ばれ、ウーゴ・ガッティレネ・イギータホセ・ルイス・チラベルトらその後の南米出身のGKに大きな影響を与えた[1]

CAリーベル・プレートでは20年以上プレーし、1952年、1953年、1955年、1956年、1957年と5度のリーグ優勝を経験。520試合に出場して同クラブ歴代最多出場記録を持つ。また、アルゼンチン代表としても20試合に出場し、1958年のFIFAワールドカップにも招集された。カリーソは全3試合にスタメン出場したが、アルゼンチンはグループリーグで敗退してしまった。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]