アポルフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Aporphine
識別情報
CAS登録番号 478-57-9 ×
ChemSpider 102860 チェック
ChEBI
特性
化学式 C17H17N
モル質量 235.324 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アポルフィン(Aporphine)は、キノリンアルカロイドの1分類である。様々な植物から、多くの種類のアポルフィンが単離されている[1]。最も一般的に用いられるアポルフィン誘導体はアポモルヒネで、Nymphaea caeruleaで見られる。その他の植物由来のアポルフィンには、トリパノソーマ症に対するアフリカの民間療法で用いられるスナヅル属由来のもの等がある。In vitroでの試験によると、スナヅル由来のアポルフィン化合物であるアクチノダフニンカシチンジセントリン等は、Trypanosoma bruceiに対し有望なレベルの抗寄生虫活性を示した。これは、活性化合物がDNAに結合してインターカレート剤として働き、それに加えてトポイソメラーゼの活性を阻害する機構によるものであることが明らかとなった[2]

アポルフィンは、5-HT1A受容体のパーシャルアゴニストKiは80 nM、5-HT7受容体のアンタゴニストKiは88 nMである[3]。また、ドーパミンD1受容体のアンタゴニストでありKiは717 nM[4]、ドーパミンD2受容体のアンタゴニストでありKiは527 nMである[5]。アポルフィンとその関連化合物のブルボカプニンボルジングラウシンコリツベリン抗精神病性があり、ナロキソン可逆性抗侵害受容活性を示し、コリツベリンを除いて抗痙攣薬の作用も持つ[6]

S(+)-N-プロピルノルアポモルフィン等の誘導体は、副作用の少ない抗精神病薬になる可能性がある。S(+)-N-プロピルノルアポモルフィンは、中脳辺縁系ドーパミン作動性経路に高度に選択的で、プロラクチンの濃度を上昇させずに有効なパーシャルアゴニストとして作用する[7]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Stevigny, C.; Bailly, C.; Quetin-Leclercq, J. (2005). “Cytotoxic and antitumor potentialities of aporphinoid alkaloids”. Current medicinal chemistry. Anti-cancer agents 5 (2): 173-182. doi:10.2174/1568011053174864. PMID 15777224. 
  2. ^ Hoet, Sara; Stevigny, Caroline; Block, Sebastien; Opperdoes, Frederik; Colson, Pierre; Baldeyrou, Brigitte; Lansiaux, Amelie; Bailly, Christian; Quetin-Leclercq, Joelle Alkaloids from Cassytha filiformis and Related Aporphines: Antitrypanosomal Activity, Cytotoxicity, and Interaction with DNA and Topoisomerases. Planta Med 2004; 70(5): 407-413. DOI: 10.1055/s-2004-818967
  3. ^ “Serotonin 5-HT7 receptor agents: Structure-activity relationships and potential therapeutic applications in central nervous system disorders”. Pharmacology & Therapeutics 129 (2): 120-48. (February 2011). doi:10.1016/j.pharmthera.2010.08.013. PMC 3031120. PMID 20923682. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3031120/. 
  4. ^ “11-substituted (R)-aporphines: synthesis, pharmacology, and modeling of D2A and 5-HT1A receptor interactions”. Journal of Medicinal Chemistry 39 (18): 3503-13. (August 1996). doi:10.1021/jm960189i. PMID 8784448. 
  5. ^ “Atropisomeric derivatives of 2',6'-disubstituted (R)-11-phenylaporphine: selective serotonin 5-HT(7) receptor antagonists”. Journal of Medicinal Chemistry 44 (9): 1337-40. (April 2001). doi:10.1021/jm0108505. PMID 11311055. 
  6. ^ Zetler G (1988). “Neuroleptic-like, anticonvulsant and antinociceptive effects of aporphine alkaloids: bulbocapnine, corytuberine, boldine and glaucine”. Archives Internationales de Pharmacodynamie et de Therapie 296: 255-81. PMID 2907279. 
  7. ^ “Effects of aporphine isomers on rat prolactin”. Neuroscience Letters 176 (2): 269-71. (August 1994). doi:10.1016/0304-3940(94)90098-1. PMID 7830962. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/0304-3940(94)90098-1.