アボパルシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アボパルシン

α-Avoparcin (R=H)
β-Avoparcin (R=Cl)
識別情報
CAS登録番号 37332-99-3 (α/β mix) チェック, 73957-86-5 (α) チェック, 73957-87-6 (β) チェック
ChemSpider 16736403 (α)
16736404 (β)
E番号 E715 (抗生物質)
特性
化学式 C89H102ClN9O36 (α)
C89H101Cl2N9O36 (β)
モル質量 1909.254 (α)
1943.699 (β)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アボパルシン(Avoparcin)は、グラム陽性菌に効果のあるグリコペプチド系抗生物質である。鶏、豚、牛等の成長を促進するために、家畜飼料に添加される[1]。家禽の壊死性腸炎を防ぐためにも用いられる[1]

アボパルシンは、α-アボパルシンとβ-アボパルシンという2つの類似した化合物の混合物であり、これらは、β-アボパルシンに塩素が1つ余分に付加している点が異なっている。また、バンコマイシンとも構造が似ている。この類似性のため、動物にアボパルシンを広く用いることで、バンコマイシン耐性細菌が流行することが懸念されている[2][3][4][5]

アボパルシンは、かつてオーストラリアやEUで用いられてきたが、現在はどちらでも許可されていない[1][6]。アメリカ合衆国では、認可されたことはない[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c Avoparcin”. Australian Pesticides and Veterinary Medicine Authority. 2014年12月7日閲覧。
  2. ^ Acar, J.; Casewell, M.; Freeman, J.; Friis, C.; Goossens, H. (2000). “Avoparcin and virginiamycin as animal growth promoters: A plea for science in decision-making”. Clinical Microbiology and Infection 6 (9): 477–82. doi:10.1046/j.1469-0691.2000.00128.x. PMID 11168181. 
  3. ^ Bager, F; Madsen, M; Christensen, J; Aarestrup, F.M (1997). “Avoparcin used as a growth promoter is associated with the occurrence of vancomycin-resistant Enterococcus faecium on Danish poultry and pig farms”. Preventive Veterinary Medicine 31 (1–2): 95–112. doi:10.1016/S0167-5877(96)01119-1. PMID 9234429. 
  4. ^ Peter J Collignon (1999). “Vancomycin-resistant enterococci and use of avoparcin in animal feed: is there a link?”. Med J Aust 171 (3): 144–146. PMID 10474607. 
  5. ^ Lauderdale, TL; Shiau, YR; Wang, HY; Lai, JF; Huang, IW; Chen, PC; Chen, HY; Lai, SS et al. (2007). “Effect of banning vancomycin analogue avoparcin on vancomycin-resistant enterococci in chicken farms in Taiwan”. Environmental microbiology 9 (3): 819–23. doi:10.1111/j.1462-2920.2006.01189.x. PMID 17298380. 
  6. ^ Commission Directive 97/6/EC of 30 January 1997 amending Council Directive 70/524/EEC concerning additives in feedingstuffs, Official Journal L 035 , 05/02/1997 P. 0011-0013
  7. ^ Alex Koppelman (2007年11月7日). “Is the way we raise our food giving us MRSA?”. Salon.com. 2014年12月7日閲覧。