アホバゾール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アホバゾール
Fabomotizole.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
法的規制
  • US: Not approved
投与方法 Oral
薬物動態データ
半減期 0.4 hours
識別
CAS番号
173352-39-1 ×
ATCコード none
PubChem CID: 9862937
ChemSpider 8038633 チェック
UNII HDO6HX6NZU チェック
化学的データ
化学式 C15H21N3O2S
分子量 307.410 g/mol

アホバゾール(Afobazole)は、2000年代初めにロシアで売り出された抗不安薬である。鎮静や筋弛緩作用を示さずに抗不安効果及び神経防護効果を持つ。作用機序はまだ良く分かっていないが、GABA作動性NGF及びBDNF放出促進性、MT1受容体アンタゴニスト、MT3受容体アンタゴニスト、シグマ受容体アゴニスト等が機序として検討されている。アホバゾールは、MAO-Aの可逆性を阻害し、またセロトニン受容体との関連も指摘されている[1][2][3][4][5]治験では、不安症の治療に一定の効果を持つことが示されている[6]

ロシア以外では、アホバゾールの臨床利用はほとんど見られず、アメリカ食品医薬品局でも評価は行われていない。

出典[編集]

  1. ^ Neznamov, GG; Siuniakov, SA; Chumakov, DV; Bochkarev, VK; Seredenin, SB (2001年). “Clinical study of the selective anxiolytic agent afobazol”. Eksperimental'naia i klinicheskaia farmakologiia 64 (2): 15–9. PMID 11548440. 
  2. ^ Silkina, IV; Gan'shina, TC; Seredin, SB; Mirzoian, RS (2005年). “Gabaergic mechanism of cerebrovascular and neuroprotective effects of afobazole and picamilon”. Eksperimental'naia i klinicheskaia farmakologiia 68 (1): 20–4. PMID 15786959. 
  3. ^ Seredin, SB; Melkumian, DS; Val'dman, EA; Iarkova, MA; Seredina, TC; Voronin, MV; Lapitskaia, AS (2006年). “Effects of afobazole on the BDNF content in brain structures of inbred mice with different phenotypes of emotional stress reaction”. Eksperimental'naia i klinicheskaia farmakologiia 69 (3): 3–6. PMID 16878488. 
  4. ^ Antipova, TA; Sapozhnikova, DS; Bakhtina, LIu; Seredenin, SB (2009年). “Selective anxiolytic afobazole increases the content of BDNF and NGF in cultured hippocampal HT-22 line neurons”. Eksperimental'naia i klinicheskaia farmakologiia 72 (1): 12–4. PMID 19334503. 
  5. ^ Seredenin, SB; Antipova, TA; Voronin, MV; Kurchashova, SY; Kuimov, AN (2009年). “Interaction of afobazole with sigma1-receptors”. Bulletin of experimental biology and medicine 148 (1): 42–4. doi:10.1007/s10517-009-0624-x. PMID 19902093. 
  6. ^ Medvedev, VE; Trosnova, AP; Dobrovol'skiĭ, AV (2007年). “Psychopharmacotherapy of anxiety disorders in patients with cardio-vascular diseases: the use of aphobazole”. Zh Nevrol Psikhiatr Im S S Korsakova. 107 (7): 25–9. PMID 18379478.