アホヌーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アホヌーラ
欧字表記 Ahonoora
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1975年
死没 1989年????日(14歳没)
Lorenzaccio
Helen Nichols
母の父 Martial
生国 イギリスの旗 イギリス
競走成績
生涯成績 20戦7勝
テンプレートを表示

アホヌーラ (Ahonoora) とはイギリスで生産された競走馬および種牡馬である。

経歴[編集]

競走馬時代にはスプリントチャンピオンシップ (G2) とキングジョージステークス (G3) といった短距離の重賞競走を2勝している。G1競走でもキングズスタンドステークスで2着となったことがある。

競走馬引退後は、1980年より種牡馬となり、14歳時の1989年に死亡した。

種牡馬としてはクラリオン系の主力馬としてインディアンリッジインチナーといった後継種牡馬を残すことに成功している。母の父としてはケープクロスニューアプローチ、ルロワデザニモーといった名種牡馬や、牝馬でエクリプス賞年度代表馬となったアゼリなどを出し、さらに大きな成功を収めた。

日本にも競走馬としての産駒が数頭輸入されたが目立った成績を残した馬はいない。しかし産駒のパークエクスプレスが出産したシンコウフォレストは、外国産馬として日本に輸入され、1998年高松宮記念などを制している。

おもな産駒[編集]

母の父としての主な産駒

血統表[編集]

アホヌーラ血統クラリオン系Fair Trial 5×5=6.25% (血統表の出典)

Lorenzaccio
1965 栗毛
父の父
Klairon
1952 鹿毛
Clarion Djebel
Columba
Kalmia Kantar
Sweet Lavender
父の母
Phoenissa
1951
The Phoenix Chateau Bouscaut
Fille de Poete
Erica Fragrans Big Game
Jennydang

Helen Nichols
1966 栗毛
Martial
1957 栗毛
Hill Gail Bull Lea
Jane Gail
Dicipliner Court Martial
Edvina
母の母
Quaker Girl
1961
Whistler Panorama
Farthing Damages
Mayflower Borealis
Foliage F-No.1-m


外部リンク[編集]