アベノマスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
配布されたマスクとパッケージ

アベノマスクは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行の影響によって2020年2月以降に日本国内で発生しているマスク不足を解消することを目的に安倍内閣が実施した、全世帯にガーゼ製の布マスクを2枚ずつ配布するという緊急対応策[1][2][3]に対する俗称である[4][5]。全世帯向けのほか、介護施設に対して政府が配布する布マスクもアベノマスクとして報道される場合がある[6][7][8][9]。配布される布マスク自体のことを指す場合もある[10]。日本国外でもAbenomaskとして報道されている[11][12][13]

概要[編集]

新型コロナウイルス感染症対策本部の第25回会議にて全世帯への布マスク2枚配布を表明する安倍晋三内閣総理大臣(右から2人目)。なお、安倍は布マスクを着用しているが周囲の国務大臣不織布マスクを着用している(2020年4月1日総理大臣官邸にて)

2020年(令和2年)4月1日安倍晋三首相は、安倍内閣の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合において、当日の議論を踏まえて現状の分析と今後の政府の対策と国民への要望などを語り、そのなかでマスクについての話題も出た[14][1][15]。 安倍首相の発言は、以下の通り[14][1]

  • 政府として生産設備への投資を支援するなど取組を進めてきた結果、電機メーカーのシャープが生産を開始するなど、3月は通常の需要を上回る月6億枚を超える供給を行った。更なる増産支援により、今後は月7億枚を超える供給を確保する見込み。
  • 急激な需要の増加によって依然として店頭では品薄状態が続いているが、全国の医療機関に対しては、先週までに1,500万枚のサージカルマスクを配布し、翌週にはさらに追加で1,500万枚を配布する予定。
  • 高齢者施設、障害者施設、全国の小学校・中学校向けには布マスクを確保し、順次必要な枚数を配布予定。使い捨てではなく、洗剤を使って洗うことで再利用可能である布マスクは、急激に拡大しているマスク需要に対応する上で極めて有効であると考えてのこと。
  • 5月にかけて更に布マスク1億枚を確保する目途が立ったことから、全国で5,000万余りの世帯全てを対象に、日本郵政の全住所配布のシステムを活用して一住所あたり2枚ずつ配布予定。

しかし、「なんで1住所に2枚?」「もっと先にすべきことがある」「エイプリルフールの冗談ではないか」などと国民からの批判が政府に殺到し「アベノマスク」と揶揄された[16][13][17]

そもそもは新型コロナウイルス感染症の世界的な流行によって世界中の市場からマスクが消えて日本でも入手が非常に困難になったため、医療関係者に優先的にサージカルマスク(不織布の使い捨てマスク)を回すために一般の国民には洗剤で洗って再利用可能な布マスクを使用して欲しいということで配布が決まった[1]。このことについて、2020年4月17日に行われた新型コロナウイルス感染症に関する首相記者会見において、安倍は国民の高い需要に応じて布マスクを2枚配布したと再度説明した[18]。政府は2020年4月7日に「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」で閣議決定し、これにより布製マスクを一般家庭に後日配布することになった。発案したのは佐伯耕三内閣総理大臣秘書官であると見られており、首相に対して「全国民に布マスクを配れば不安はパッと消えますよ」と進言したとされる[19][20][21]

配布の公表は、上記のように4月にはいってからであるが、調達契約は、随意契約として令和元年度分は、2020年3月16日に、ユースビオ、シマトレーディング及び横井定との間で、同3月17日に、興和、伊藤忠商事及びマツオカコーポレーションとの間で行われている[22]。また随意契約の理由は「会計法29条の3第4項及び予算決算及び会計令第102条の4第3号」と記載されており緊急性が理由となっている。契約日から3月16日までに意思決定がされていることになる。また朝日新聞が2020年6月1日に興和の社長インタビューとして伝えたところによると2月末に経済産業省から依頼があったとなっている[23]。これが事実であるとすると、厚生労働大臣から、2020年(令和2年)3月3日に、北海道向けに一般家庭用マスクについて国民生活安定緊急措置法第22条第1項の規定に基づいて、売渡しの指示がされた[24][25]日より前に布マスクの調達を行う方針が決定されていたことになる。

この配布には送り先の住所や名前がなくても対象地域にある郵便受けに配達される「タウンプラス」という日本郵政の配達システムが利用され[26]、4月17日より投函が始まった[27][28]。マスクの購入費用として政府は1枚当たり200円程度を見込み、全世帯2枚ずつの配布を行うにあたり1億3000万枚を調達し、2019年度の予備費約233億円と、2020年度補正予算案に計上した233億円を合わせた計466億円を使用する計画だった。この最初の233億円の内訳は、6500万枚の購入費が169億円、運送・梱包費が64億円だった[29]。実際の調達費は169億円ではなく90億円となっており、当初の予算よりも低く収まる見通しとなった[29][30][31]。また、マスク配布については、全国の医療機関にサージカルマスクを、高齢者施設や障害者施設や全国の小学校・中学校向けに布マスクをそれぞれ優先的に配布することも決めている[32]。また、安倍首相の経済政策アベノミクスになぞらえて(語音転換)アベノマスクと呼ばれるようになり、海外メディアでも取り上げられた[33]

配布される布マスクのガーゼシートは3つ折りで5枚の15枚重ねになっており、アジア不織布協会の土谷英夫事務局長によると、15枚重ねの分厚いガーゼマスクは使い捨てマスクと同じぐらいの捕集効果が期待できるという[34]

大きさ・形状[編集]

各世帯に配布された実物のマスク。

縦9.5 cm、横13.5 cmの平型ガーゼマスクであり、文庫本より一回り小さく[35]、立体型のタイプは耳かけの紐が伸縮しない[36]。そのため使用者によっては口や鼻が出ることになる[37]。縫い目をほどいて、立体型にリメイクする使用法もある[38]

布マスクのサイズについて厚生労働省は「布マスクの全戸配布に関するQ&A」というページで「布マスクのサイズが小さいと思うのですが、大人用ですか」という質問に対して「今回配布する布マスクは縦9.5センチ、横13.5センチの市販の大人用のものであり、口と鼻を覆うために十分な大きさであると考えております」と回答している[39]

配布の理由[編集]

前述の佐伯の進言に加え、3月に北海道の一部地域で実施した使い捨てマスクの全世帯配布が好評だったこともアベノマスク配布への後押しとなった[19]

経済産業省の浅野大介サービス政策課長がアベノマスクを企画した理由をフェイスブックに投稿した[40][41]。その要旨は次のようなものであった。

  • 使い捨てマスクの生産能力には限界があるため、これらを医療機関に優先的に配布し、国民一般は布マスクでしのぎたい。
  • 布マスクを大量生産している会社は今時ないため政府が買い上げる形で発注した。
  • クラスター感染を避けるために郵送の形にした。
  • 2枚である理由は、世帯平均人数が約2人であり、また2枚を配るのが精いっぱいであるから。

この投稿は批判を浴びてSNSで炎上することとなり、浅野は投稿を削除した[42][出典無効][43][出典無効]

テレビ東京官邸キャップの篠原裕明は4月6日に同社のYouTubeチャンネルにおいてマスク2枚配布の狙いを解説した[44]。その中で立案に関わった関係者から聞いた話として、高齢者が朝からドラッグストアに並んでいるため、働く世代がマスクを買えない状況が続いており、布マスクの配布によりこうした人が並ばなくなれば、働く人がマスクを買えるようになる、これは一種の需要調整である、と説明した。

全世帯向けの配布状況[編集]

  • 厚生労働省はウェブサイトで布製マスクの都道府県別全戸配布状況を公表している[45]
  • 当初は「配布中」とした都道府県の配布進捗は掲示していなかった[45]が、2020年5月27日にその日時点での進捗率と、6月3日時点での見込み進捗が掲示された[46]
  • 2020年5月8日現在で、「配布中」としたのは東京都のみ、「5月11日(月)の週から配布開始予定」は北海道茨城県埼玉県千葉県神奈川県石川県京都府大阪府兵庫県岐阜県愛知県福岡県の1道2府9県で、その他の県は「準備中」としていた[45]
  • 5月10日の週刊朝日の取材によれば、厚生労働省経済課(マスク等物資対策班)は「5月6日現在、配布されたのは560万枚・280万世帯」としている[47]。これは全国6500万世帯のうち4.3%にあたる。
  • 5月12日より、大阪府と福岡県で配布を開始した[48][49]
  • 5月17日までに、5月12日時点では「5月13日(水)から配布開始予定」としていた京都府、兵庫県、「5月14日(木)から配布開始予定」としていた茨城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、兵庫県、岐阜県、愛知県及び「5月16日(土)から配布開始予定」としていた北海道、石川県での配布を開始した[50][49]
  • 5月20日、官房長官は、記者会見で、「政府が配布している布マスクについて、18日時点で13都道府県において約1450万枚の配布が完了したことを明らかにした」と報道された[51]。世帯数で725万世帯分になり全国6500万世帯のうち11.2%にあたる。
  • 5月23日、「5月23日(土)から配布開始予定」であった34県がすべて、「配布中」となり、全国47都道府県すべてが「配布中」となった[52]
  • 5月27日、東京都が「概ね配布完了」となり、全国ではじめて配布完了とされる都道府県となった[46]
  • 5月27日時点での配布進捗は、全国合計で25%、各道府県ごとでは「40~50%」は福岡県、「30~40%」は大阪府と京都府、「20~30%」鹿児島県、「10~20%」は北海道、千葉県、福井県、山梨県、岐阜県、愛知県、鳥取県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、「~10%」はその他すべての県としている[46]
  • 5月27日時点での、6月3日時点における見込み進捗は、全国合計では59%、各都府県ごとでは「70~80%」が大阪府、京都府、福岡県、「60~70%」が北海道、神奈川県、岐阜県、愛知県、兵庫県、「50~60%」は茨城県、千葉県、石川県、鳥取県、佐賀県、埼玉県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、長崎県、「40~50%」はその他すべての県としている[46]
  • 5月28日の参院厚労委員会で厚生労働省は、当初5月中としていた配布完了が6月中旬にずれ込む見通しを明らかにしている[53][54]
  • 6月4日発表で、6月4日時点で全国ベースでは64%、各都道府県ごとでは「概ね配布完了」が東京都、福岡県、佐賀県、宮崎県、「70~80%」が北海道、神奈川県、福井県、長崎県、熊本県、「60~70%」が茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、石川県、山梨県、愛知県、大阪府、京都府、大分県、鹿児島県、「50~60%」が山形県、新潟県、富山県、長野県、兵庫県、「40~50%」が秋田県、栃木県、三重県、鳥取県、島根県、山口県、香川県、愛媛県、高知県、「30~40%」は青森県、岩手県、福島県、岐阜県、奈良県、滋賀県、岡山県、広島県、徳島県、沖縄県、「20~30%」が宮城県、静岡県、和歌山県、としている[55]。また同じ発表で、6/11(木)までの見込みが全国ベースでは90%、各都道府県ごとでは「概ね配布完了」が北海道、山形県、東京都、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、佐賀県、宮崎県、鹿児島県、「90~100%」が埼玉県、千葉県、神奈川県、石川県、山口県、沖縄県、「80~90%」が青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、富山県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、高知県、「70~80%」が秋田県、新潟県、静岡県、三重県、滋賀県、奈良県、和歌山県、愛媛県、としている[55]
  • 6月8日発表で、6月8日時点で全国ベースでは77%、各都道府県ごとでは「概ね配布完了」が東京都、福岡県、佐賀県、宮崎県、「90~100%」が山形県、福井県、「80~90%」が北海道、茨城県、神奈川県、石川県、長崎県、熊本県、大分県、鹿児島県、「70~80%」が宮城県、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、京都府、岡山県、広島県、山口県、「60~70%」が青森県、岩手県、福島県、栃木県、群馬県、新潟県、富山県、山梨県、長野県、兵庫県、鳥取県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、沖縄県、「50~60%」が秋田県、岐阜県、三重県、「40~50%」が静岡県、奈良県、島根県、「30~40%」が滋賀県、和歌山県、としている[56]。また同じ発表で、6/15(月)までに見込みとして全国で「概ね配布完了」としている[56]
  • 6月11日発表で、6月11日時点で全国ベースでは90%、各都道府県ごとでは「概ね配布完了」が北海道、山形県、東京都、福井県、長野県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、「90~100%」が神奈川県、新潟県、石川県、三重県、山口県、大分県、鹿児島県、「80~90%」が青森県、岩手県、宮城県、秋田県、茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、富山県、岐阜県、愛知県、京都府、兵庫県、鳥取県、岡山県、広島県、徳島県、愛媛県、沖縄県、「70~80%」が福島県、栃木県、山梨県、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県、香川県、高知県、「60~70%」が静岡県、島根県、としている[57]。また同じ発表で、6/15(月)までに見込みとして全国で「概ね配布完了」としている[57]
  • 6月15日発表で、全国で「概ね配布完了」となった[58]
  • 6月25日、菅義偉官房長官は記者会見で、政府による全世帯向けの布マスクの配布が20日までに全て完了したことを明らかにした[59]

異物混入による配布の中断・回収問題[編集]

  • 厚生労働省によると、4月14日から妊婦あてに先行配布したマスクにおいて変色や髪の毛、異物混入の報告が相次いでおり、4月21日時点で143市町村・計7,870件に上っているという[60][61]。問題を受けて、厚生労動省は妊婦への配布を中断した[61]。また、小中学校や特別支援学校に配布されたマスクの中への虫の混入も確認され[62][63]、配布が中断された[64][65]この不良品に関して菅官房長官は、「実際の配布を行う前段階で適切に除外されている」とコメントしている[66]
    • 上記問題の原因となった不良品の該当企業として報告を受けた興和と伊藤忠商事は4月23日に未配布分のマスクを全て回収すると発表。検品体制を通常よりも強化する方針[67][68][69]
  • 毎日新聞は4月21日、「関係者からの提供」として、政府が全戸配布用に包装を始めた布製マスクにカビが生えている写真を報じた[70]。また時事通信社は4月30日、「厚生労働省の内部文書に掲載されたもの」として、複数のカビの生えたマスクの写真が掲載された文書の写真を報じた[71]
    • このカビの生えたマスクに関して、厚生労働省は5月14日の参院厚生労働委員会で、マスクにカビと確認したケースがあったことを認めた[72][73]
  • 全世帯向け、介護向け、妊婦向けマスクの計8500万枚の出荷前に行っている検品は550人体制で1枚ずつ目視しており、検品費用には8億円を要している[74][75][76]
  • マスク配布作業が終了するころ、最大の受注企業である「興和」は複数のメディアで取材に応じた[77][78]。それらによると、当初は品質を担保するため日本国内での検品を強く希望したが、政府側担当者が「質より量を優先しろ」と断ったと述べている[79][78]。 またマスク確保に関わった政府関係者への取材では、「マスクが国民に行き渡るようにしろ、というのが官邸の意向だったが、これほどの量を短期間で確保するなんて元々厳しい目標だった」「『マスクを何とかしろ』という官邸の声の大きい人が言ったことが通り、無理に無理を重ねた」などの声が紹介されている[78]

8千万枚を追加配布[編集]

2020年7月27日、朝日新聞は「介護施設や保育所など向けの布マスクの発注と製造が続き、今後さらに約8千万枚を配る予定である」と報道した[6]。菅義偉官房長官は28日午前の記者会見でこれを確認した[80]

これに関する各紙、ニュースサイトの見出しは、産経新聞は、「布マスクを追加配布 菅官房長官「継続は有意義」」[81]、日本経済新聞は、「布マスク8000万枚、介護施設や保育所に配布へ」[82]、読売新聞が「ぜんじろう、アベノマスク8000万枚追加に「芸人でさえ、どう突っ込んでいいか分からない壮大なボケ」[83]、朝日新聞が「布マスク、今後さらに8千万枚を配布 不要論でも発注済」[6]、毎日新聞が「アベノマスク8000万枚追加 野党「税金の無駄」と激しく批判」[7]、日本テレビが「アベノマスク8千万枚 配布必要?疑問の声」[8]、フジテレビが「アベノマスクさらに8000万枚配布へ 保育所など対象も ニーズは...?」[9]となっており読売新聞を含め、批判的な見出しが多くみられる。

2020年7月29日から30日にかけて、この8千万枚の配布について「厚生労働省は配布を延期する方向で検討を始めた」と各マスコミが報道した[84][85] [86][87]

2020年7月30日午後、朝日新聞は「布マスク8千万枚、追加配布を断念 批判集中で厚労省」と報道した[88]。報道によれば「今月末から予定していた約8千万枚の配布を断念し、今後施設のニーズを改めて調査すると、30日に開かれた野党合同ヒアリングで厚労省の担当者が説明した。」となっている。夕方共同通信も同趣旨を伝えた[89]


調達状況[編集]

社会民主党福島瑞穂党首が行った質問に対する厚生労働省の4月21日回答によると、マスクの受注先は興和伊藤忠商事マツオカコーポレーションの3社と非公表の1社の「合計4社」とされ、契約額はそれぞれ約54.8億円、約28.5億円、約7.6億円である[90]

立憲民主党蓮舫副代表は「令和元年度予備費から今年3月に高齢者施設等用に2000万枚を調達、その内、50万枚を妊婦さん用に配布。その中にカビや不良品が混じっていて回収となりました」とツイートし、受注企業については「興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションにもう一社の4社が受注したと言いますが、厚労省はこの1社の社名を明らかにしません」と記した[91]。非公表の1社について野党は、アベノマスクの調達は公共調達であり公表する義務があるとして残りの1社の公表を厚労省に強く求めたが、担当者はかたくなに拒んでおり疑念が広がっていた[92]

4月27日になって社会民主党福島瑞穂党首は自身のSNSで、官房長官菅義偉は同日の会見で、非公表であった1社を公表し福島市にあるユースビオという会社であることが明らかになった[93][94]。菅官房長官は妊婦向け布マスク受注業者4社に加え、介護向けとしてマスク製造業者の横井定もマスクを受注しており、介護向け納入事業者が合計5社だったことを明らかにした[95][93]

4月28日に、大串博志議員は3月に契約を結んだ段階でのユースビオの法人登記簿に「マスクの生産・輸出入」については明記されていない、と指摘し、加藤勝信厚労相は「輸出入に関しては、その会社が担っていると聞いております」と答弁し、「(その会社とは)シマトレーディングという会社であって、ユースビオはマスクの布の調達、納期時期などの調整、シマトレーディングは生産・輸出入の担当をしていたと聞いています」として、新たに「シマトレーディング」という会社が関わっていることが明らかになった[96]

受注企業一覧[編集]

契約額 契約事業 生産地 市場情報 設立 資本金 従業員数 本社所在地 代表者 公式サイト
興和 21億4500万円[注釈 1](令和元年度分)[22]
54億7690万円(令和2年度分)[97]
緊急事態用ガーゼマスク購入一式[注釈 2]
全戸配布 介護施設向け 妊婦向け
緊急事態用ガーゼマスク購入一式 [注釈 3]
ミャンマーなど 非上場 1939年(昭和14年) 38億4,000万円 連結 6,735名
単体 1,890名
(2019年3月期)
愛知県名古屋市中区 三輪芳弘 [1]
伊藤忠商事 2億6180万円(令和元年度分)[22]
28億5312万5000円(令和2年度分)[97]
ガーゼマスクMK01購入一式 [注釈 2]
全戸配布 介護施設向け 妊婦向け
ガーゼマスクMK01購入一式 [注釈 3]
海外 東証1部 1949年(昭和24年) 2,534億4,800万円 連結:102,086人
単独:4,285人
(2018年3月31日現在)
東京都港区 岡藤正広 [2]
マツオカコーポレーション 1億9889万3200円(令和元年度分)[22]
7億6224万4560円(令和2年度分その1)
48億5617万円(令和2年度分その2)[97]
ガーゼマスク購入一式 [注釈 2]
全戸配布 介護施設向け 妊婦向け
ガーゼマスク購入一式 [注釈 3]
ミャンマー 東証1部 1956年(昭和31年) 5億2,940万円 連結:12,143名
単体:109名
(2019年3月31日現在)
広島県福山市 松岡典之 [3]
ユースビオ 2億1175万円(令和元年度分)[22]
14億8500万円(令和2年4月7日分)[97]
14億8500万円(令和2年4月15日分)[97]
ベトナム産抗菌布マスク 生産原料調達一式 [注釈 2]
介護施設向け 妊婦向け
ベトナム産抗菌布マスク調達一式[注釈 3]
ベトナム 2017年(平成29年)[98] 1,000万円[99] 5人[98] 福島県福島市 樋山茂[98]
シマトレーディング[100] 3億800万円(令和元年度分)[22] ベトナム産抗菌布マスク 輸入業務一式 [注釈 2]
介護施設向け 妊婦向け
1980年(昭和55年) 千葉県富里市 島正行 [4]
横井定 1億556万5600円(令和元年度分)[22]
ガーゼマスク購入一式 [注釈 2]
介護施設向け
フィリピン 中国 1958年 (昭和33年)[101] 1,000万円 本社:26名 愛知県名古屋市瑞穂区 横井昭 [5]
ワークス 6億9300万円(令和2年度分)[22]
布製マスク購入一式 [注釈 2] 1987年4月[102] 3,000万円 東京都中野区 須合玲奈 [6]
ブルマーレ 7700万円(令和2年度分)[22]
布製マスク購入一式 [注釈 2] 2014年4月[103] 1,000万円 東京都港区 沈 海波 [7]
東洋繊維 11億円(令和2年度分)[22]
ガーゼマスク購入一式 [注釈 2] 2037年4月[104] 岐阜県関市 水谷顕冶 [8]
RELIEF 13億2000万円(令和2年度分)[22]
立体型布製マスク(ポリエステル素材)購入一式 [注釈 2] 2014年11月[105] 1,000万円 大阪府大阪市西区 中尾誠志 [9]
TSO International 4億7520万円(令和2年度分)[22]
ガーゼマスク購入一式 [注釈 2] 2011年4月月[106] 500万円 20人 香川県高松市 佐々木 剛 [10]

令和2年度の調達で、新たに、令和2年度の調達で、ワークス(東京都)、ブルマーレ(東京都)、東洋繊維(岐阜県)、RELIEF(大阪市)、TSO International(高松市)との間で介護施設や妊婦向けなどとして5月12~15日に契約がされ、契約金額は計約36・6億円であると報道されており[107]、これは厚生労働省の公式の調達発表でも裏付けられている[22]

各企業での状況[編集]

興和
契約額約54.8億円の興和は3月5日のプレスリリースでガーゼマスクの製造に取り組んでいることを公開[108]。3月に1500万枚、4月に5000万枚の生産を目指すとした。また国内と海外の生産協力工場を活用し、不織布マスクの製造に影響を与えないよう別ラインとするとした。
興和はミャンマーの工場を活用してガーゼマスクを生産すると同日に毎日新聞が報じており[109]、また興和の現地工場がヤンゴン市郊外のシュエピーター工業団地にあるとミャンマー・ジャポンが3月18日に報じている[110]
興和は配布したマスクに不良品が含まれているとの報道を受け、4月23日のプレスリリース[67]で、中国を中心とする海外の生産協力工場で製造しているとし、未配布分を全量回収して再検品する、生産協力工場に検品体制の指導強化する等の方針を明らかにした。
伊藤忠商事
契約額約28.5億円の伊藤忠商事はマスクに不良品が含まれているとの報道を受け、4月23日のプレスリリースにて[68]、国内のマスク専用工場に生産余力がないため、海外の衣料品縫製工場で生産している、国内マスクメーカーから仕様書と生地の供給を受けたと説明し、未配布分を全量回収して再検品する、現地工場の検品だけでなく輸出前と輸出後に検品を実施するとの方針を示した。
マツオカコーポレーション
マツオカコーポレーション広島県福山市にある縫製業者[111]。新型コロナウイルスの感染拡大で、マスク不足の解消を目指す政府の要請に応じ、マスクの生産をミャンマー・ヤンゴンの工場で始めた。同社がマスクを造るのは今回が初めて[112]
2002年5月27日、同社の投資家への広報や報道で、受注金額は4、5月分では51億円見込みであることや、4月に報道された金額の7.6億円は3、4月分であることが公表された[113][114]
ユースビオ
ユースビオ福島県福島市に存在するとされている会社[115]。信用調査会社によれば、2017年8月に設立されたバイオマス発電向け木製ペレットの輸入会社で、従業員はこの時点で5名[98]。与党公明党[116]である代表者の樋山茂によれば、ベトナムの工場に生産させた350万枚を1枚135円で受注したという[98]。加藤厚生労働大臣は「この会社と、輸入の関係の会社も、一緒くたの契約になっている」と説明した上で、発注額は「5.2億円」と明かした。契約の時期や形態について「3月16日に予備費で契約した。緊急随契(随意契約)」と答弁した[117]
その後、開示された契約書によればユースビオはベトナム産抗菌布マスク生産原料調達一式を単価55円で350万枚分、消費税込みで約2.1億円受注。輸入業務をシマトレーディングが単価80円で350万枚分、消費税込みで約3.1億円受注した。契約日は令和2年3月16日、履行期限は令和2年3月31日となっており、年度内に納入が確約できる分に関して期末に急ぎ契約したことがうかがわれる。
立憲民主党大串博志衆院議員によれば、契約を結んだ3月の時点の定款には、マスクの製作や輸出入の記載はなく、4月に入って「輸出入代行業」などが追加されたという[99]
社会民主党の福島瑞穂参議院議員が公開した情報によれば、令和2年度予備費を利用し介護施設分を追加で約29.7億円で契約した旨が厚生労働省マスク班より開示された。この契約は随意契約の公表)[97]でも4月7日と4月15日に各14億8500万円、合計29億7000万円の契約であることが確認された。
シマトレーディング
シマトレーディング千葉県富里市に存在する企業。切花・切葉の輸入卸売業者[118]
横井定
横井定愛知県名古屋市瑞穂区に存在する企業。「日本マスク」というブランドを中心に、日本国内向けにマスクを販売している[119]
ワークス
ワークスは、東京都中野区に所在する企業。美容サロン向け材料・機材の卸から経営支援まで美容室をトータルサポートする総合商社[120]
ブルマーレ
ブルマーレは、東京都港区に所在する企業。アパレル&生活雑貨のOEM、ODM(企画デザイン、生産、加工、検品、検査、輸入貿易)[121]
東洋繊維
東洋繊維は、岐阜県関市に所在する企業。同名の企業は一宮市等に所在する。靴下の製造販売業。日本国内でもめずらしい全ての工程を備える一貫工場である[122]
RELIEF
RELIEFは、大阪市西区に所在する企業。OEMにてバッグや雑貨等の生産を行う[123]
TSO International
TSO Internationalは、香川県高松市に所在する企業。展示会、イベント、カンファレンス及びセミナーの主催・企画・運営ウェブサイトの構築、その他出版物の発行及び販売 各協会・団体の事務局運営業務、設立コンサルティング 飲食プロデュース業。[124]

関連の調達[編集]

マスク自体の調達の他、配送、検品、案内等での調達として次のものが確認できる[97]

布製マスク全戸配布に関する配布状況案内ページ作成業務 東芝デジタルソリューションズ株式会社 144万7600円。

布製マスクの全戸配布に関するコールセンター窓口業務 JPツーウェイコンタクト株式会社 6425万2507円(当初)1億6,993万2,382円(4月30日変更契約)1億3126万3166円(5月29日変更契約)。

布製マスクの全戸配布業務一式 日本郵便株式会社 13億6500万円(当初)26億4600万円(5月29日変更契約)。

布製マスク全戸配布業務に関するWebサイト構築及び運用業務 株式会社ユー・エス・イー 561万7480円。

布製マスクの配布事業に係る検品等業務 株式会社宮岡 7億9475万円。

布製マスクの全戸配布に関するパッキング等業務一式 大日本印刷株式会社 情報イノベーション事業部 単価表[注釈 4]

布製マスクの全戸配布に関するコールセンター窓口業務 JPツーウェイコンタクト株式会社 3300円(当初)(6月1日変更契約で、注単価契約とある。1コール3300円か?)。

評価[編集]

肯定[編集]

  • 国民民主党大塚耕平参院議員会長は4月2日に行われた記者会見において、「根本的な対策にはならないと思うが、全面的に否定したり批判するつもりはない。マスクがなくて不安な家庭も現にある。他の対策の支障にならないなら、やってもいい」として評価した[125]
  • 環境大臣小泉進次郎は4月3日の記者会見において、「できることは何でもやるという思いの一つだろう」と賛意を示した[126]
  • 自民党の石破茂議員はラジオ出演した際に「だいたい(普段のマスクの)7割かな」と大きさに言及し、マスクを配ることはいいことだと述べた。一方で、同番組では優先順位が間違っているとも指摘、税金が460億円投入されていることと併せて疑問を呈した[127]
  • 高須クリニックの美容整形外科医で東京院代表の高須克弥は「安倍政権による布マスク配布により、紙マスクが暴落し出回る!!商社も在庫を吐き出し、一般工場は医療用マスク製造にシフト!!」と述べ、政府による布マスク配布は大成功であるとした[128][出典無効][129]
  • 安倍晋三首相は4月28日の衆議院予算委員会において、「マスク市場にインパクトがあったのは事実。値崩れを起こす効果になっていると評価する人もいる」と述べて、布マスクの配布が一定の効果がある認識を示した[130]
  • 菅義偉官房長官は5月20日の記者会見で「布マスクの配布などにより需要が抑制された結果、店頭の品薄状況が徐々に改善をされて、また上昇してきたマスク価格にも反転の兆しがみられる」と説明。 効果を自賛した[131]
  • タレントのダレノガレ明美は5月24日、自身のツイッターを更新し、新型コロナウイルス対策で全世帯に2枚ずつ配布される布製のマスクが届いたことを報告。着用した画像を添付しながら、「洗えば繰り返し使えるし!!ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた[132]

否定[編集]

  • 4月2日に行われた衆議院本会議において、立憲民主党の松平浩一衆議院議員は全世帯に布マスクを配布するという緊急対応策が「アベノマスク」と呼ばれていることについて言及し、対応策について「まさに思い付きの場当たり的対応の極み」と批判した[3][133]
  • マスク2枚の配布に対して466億円の予算を計上することについては批判が寄せられたほか[134]、配布されたマスクに関しても「小さくて話すとずれ、使いにくい」「耳がこすれて痛い」といった不満の声もあがった[135]
  • 神戸大学感染症内科の岩田健太郎教授は「効果がない、あるいはコスト効果が極めて悪い策だと思います」「エビデンスに乏しく、実質的効果は期待できません」「無駄であるばかりか、『マスクさえすれば大丈夫』という間違ったメッセージを送りかねない」と指摘した[136]
  • 落語家でコメンテーターの立川志らくは不良品のマスクに対して「先進国とは思えないようなミスです。百歩譲って普段ならまだしも、今この時期にそういう問題が出てくるのは信じがたい」と憤り、「もし目の不自由な方が受け取っていたら、そういう汚れとか見えないわけだから気がつかずに使ってしまう可能性だって十分考えられる」と指摘した[137]
  • コメンテーターでお笑いコンビ・おぎやはぎ小木博明が「きのうマスク届きましたけど、ゴムの長さが左右で違うし、むちゃくちゃですよ。」と指摘した。マスクに450億円以上が投入されていることについて小木は、「無駄なお金を使われるから、みんな給付だけは受けて、そこからは自由に基金作ったり、寄付したほうがいい。残しててもしょうがない」と10万円給付に触れつつアベノマスクに投入された税金は無駄であると批判した[138]
  • タレントのデヴィ・スカルノは自身のTwitterで「お笑いもの」「466億円無駄にするより空地に病院を建てたほうがまし!」とマスクの配布およびその回収について非難した[139]
  • 格闘家・タレントの高田延彦は5月20日に公開した公式ツイッターなどで「アベノマスク!多額の税金を使っても必要な時期に届かず、不衛生なイメージ定着、現状街にはマスク潤沢に販売中、結果ほとんど役に立たず」と指摘したうえで、「あー情けない、どこへゆくアベノマスクよ。この税金無駄遣いの責任は誰がどう取るんだい?」と批判した[140]
  • チーム・バチスタの栄光』などの著書がある作家の海堂尊は、配布されてきたマスクが不清潔だとして「ゴミノマスク」「ムシノマスク」と表現、元外科医として清潔という概念を徹底的に教え込まれた身としてはとても使う気にならない、と批判した[141]
  • 配布方針が発表されると、日本の感染症対策として各国のメディアでも大きく報道された[142]アメリカブルームバーグFOXニュース、またフランスのフランス24などは日本国内のSNSで批判・揶揄の声が上がっていることと合わせて "Abenomask" の呼び名を紹介した[33][143]。FOXニュースは「エイプリル・フールの冗談か」とも揶揄した[19]
  • 安倍首相が「マスク市場にインパクトがあったのは事実」と述べたことに対して複数のメディアが検証を行い、明確な根拠はないと結論づけている[144]。東京新聞は「そりゃ、ないっすね。だぶついていた在庫が市中に出てきただけ。今、中国からバンバン入っていますから。単に需要と供給のバランス」などとするマスク輸入業者の声を紹介している[145]
  • マスク配布が決定したさいの読売新聞社の世論調査では、この方針を「評価しない」が73%と多数であった[146]。また配布がおおむね完了した6月下旬に行われた朝日新聞社の世論調査では、「役に立たなかった」は81%で、「役に立った」の15%を大きく上回った。政府の新型コロナ対応を「評価する」と答えた人の中でも、「役に立たなかった」は69%にのぼった[147]

各地域、各国でのマスク対策[編集]

日本国内[編集]

  • 日本におけるコロナウイルス感染症の流行におけるマスク配布の先例として、2020年3月上旬に国民生活安定緊急措置法に基いて感染者数が全国最多だった北海道北見市中富良野町がメーカーや輸入業者から買い取った使い捨てマスクを全世帯に2回に分けて配布された例がある[148]。これにも前述の「タウンプラス」という日本郵政の配達システムが利用された[26]。このとき配布されたのは布マスクではなく、ユニ・チャームアイリスオーヤマの使い捨てマスクである[149]
  • 新潟県燕市では、同市出身の学生に対し帰省の自粛を要請する一方で、応援としてマスクやコメ、キュウリなどの支援品や市長からの手紙を梱包して送付している。市内の実業家が市へ提案して取り組みが始められた。コメなどは有志による寄付でまかない、マスクや送料などは市が負担する。当初は首都圏在住の東京つばめいとに登録する者のなかで希望する人のみだったが、緊急事態宣言の発令地域が全国に及んだことで新潟県外のすべての地域の学生が対象となった[150][151][152]
  • 福井県はマスク購入券を4月23日から全戸に配布する。配布されたマスク購入券を地元のドラッグストア「ゲンキー」に持っていくと50枚入りの使い捨てマスク2箱を購入することができる[153]
  • 山梨県富士河口湖町では、2020年4月17日に新型コロナウイルスによる影響を早期に収束させるため、町内全世帯に各50枚のマスクを配布することを発表した[154]
  • 三重県志摩市では、2020年4月27日に新型コロナウイルスの対策事業案を発表し、マスクが足りないという認識から市民1人あたり布マスクを2枚配布することを決定した[155]。小中学生らから先行して配布され、大、中、小の3サイズを計9万枚が用意された[155]
  • 福島県川俣町では2020年4月27日の町役場での新型コロナウイルス対策会議において、町民1万人に布マスクを配布することを決定した[156]
  • 高知県幡多郡三原村では、全村民に対して布マスクを1人当たり2枚、計3千枚ほど配布した[157]
  • 秋田県五城目町では2020年4月28日に全町民へ布マスクを配布することなどを発表した[158]
  • 滋賀県甲良町では、全町民に1人当たり2枚の布製マスクを配布することが決定され、5月初めの連休明けに発送を始めることになった[159]
  • 富山県は5月18日より利用可能なマスク購入券を全戸に配布する。配布されたマスク購入券を地元のスーパーマーケット「アルビス」および「大阪屋ショップ」(いずれも系列店舗を含む)に持っていくと50枚入りの使い捨てマスクを2箱まで購入することができる[160]

日本国外[編集]

香港政府が配布した布マスク
  • シンガポールでは2020年4月に地域のコミュニティーセンターなどを通じて1人1枚の布マスクを配布している[161]
  • イタリアでは地方自治体による配布が進められている。トスカーナ州では4月半ばから外出時には着用が義務づけられているが、同時に1日一人当たり1枚、無料で支給を受けることができるようになった。他にも、1人につき使い捨てマスク2枚が配布された[162]。5月4日よりマスクは免税品になる。
  • タイでは工業省が3000万枚のマスクか一人当たり3枚のマスクを無料で配布する計画があり、スリヤ・ジュンルンルアンキット工業相によると2020年4月1日に、布マスクの配布を8日に開始すると明らかにした[163][164]
  • 2020年4月6日以降、韓国の首都ソウル市では健康保険に加入しておらずマスクの購入が困難な外国人に対し、オンライン受付を通して10万枚を無料配布する。留学生には在籍する学校にて配布する。フィルター交換型の布マスク(交換フィルター5枚付き)か、使い捨てマスク5枚を選択し、41箇所の外国人支援施設で受け取れる[165][166]
  • 2020年4月7日にフランスの首都パリではアンヌ・イダルゴ=パリ市長が布マスク200万枚を発注し、市民に無料配布することを発表した[167]。イダルゴ市長によると「どんなタイプのスカーフでもマスクでも無いよりよい」という[167]
  • 2020年4月13日には、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、テレビ演説において全国民にマスクを配布することを発表した[168]
  • 2020年4月20日にアメリカニューヨーク州知事であるアンドリュー・クオモは、公共住宅の住民向けに布マスク50万枚と消毒液を配布することを発表した[169]
  • ヒルズボロ郡保安官事務所では、CDCが公共の場では布製のマスクなどを着用することを推奨していることから、シダー・リバーサイド地区のブライアン・コイル・センターで100枚の布製マスクを配布した[170]
  • スペインでは政府が最も厳しい封鎖措置を解除したことに伴い、鉄道や地下鉄の駅、バスのターミナルなどで数日間にわたり、何百万枚もの再利用可能なマスクを配布することを発表した[171]
  • ベルギーでも当初、マスクの無料配布が行われる予定であったがそれが実現できないことになり、代わりに自分でマスクを作るための濾布が配られることになった[172]
  • 香港政府は2020年5月6日、同日から6月6日までの期間に香港発行の身分証明書を持つ人に対し、酸化銅(II)ナノ粒子入りの布マスク(CuMask)を1人あたり1枚支給すると発表した[173]。ただし、香港政府は当初、3.6億香港ドルの契約額の代わりに生産会社を公表していなかったため、ネットやメディアでは不透明だと批判された。また、メディアの調査により、政府当局者はマスクがベトナムで生産されると公表したため、地元経済のためにならないという批判もあった[174][175][176]。さらに、着用者は呼吸によりナノ粒子を吸入し、健康被害を引き起こすとの専門家の指摘もある[177]
  • 台湾では、コロナ対策の一環として2020年1月末にマスクの輸出を禁止。政府がマスク(サージカルマスク(不織布の使い捨てマスク))を一括して買い上げた上で販売に実名制を導入し、国民に均等に配分してきた。4月9日より、成人一人当たり14日以内に9枚(45元)のマスクを購入することができるようになりました。マスクの生産を政府が管理しており、その後、マスクの量産体制が整ったのに伴い、6月1日よりコンビニや薬局、ネット通販でマスクの一般販売が始まるようになりました。医療用マスクの輸出が解禁されるのに合わせ、個人による海外へのマスク持ち出しに対する数量制限も撤廃されました。マスクの実名制販売については、政府によるマスクの買い上げも12月末まで延長すると6月30日発表した。中央感染症指揮センター荘人祥報道官は理由について、同制度は国民にマスクを届けるためのものであると同時に、価格を安定させるメリットもあると説明している。7月30日現在も行われており、市販のマスク購入の競争に関わらず、安定して9枚入手することができます。[178] 新型コロナウイルスの台湾国内暫定収束により、6月7日よりマスク着用やイベントなどの人数規制が緩和されました。[179] 台湾が国際人道支援の一環として行っている医療用マスクの海外への寄贈。日本には200万枚が提供され、4月21日、成田空港に到着した。[180]

配布マスク再配布の取り組み[編集]

アベノマスクポスト
  • 旭川市の団体が、配布されたアベノマスクを不要な人から回収して子どもたちに届けるプロジェクトを行っている[181]
  • 浅草にあるギャラリーが、配布されたアベノマスクを不要な人から回収する「アベノマスクポスト」を設置した。集まったマスクは山谷労働者福祉会館に送り、炊き出しに訪れた人に配ってもらう[182]
  • 名古屋市の団体が、未開封のアベノマスクを賛同のあった薬局で回収して高齢者施設などに届ける取り組みを行っている[183]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2020年3月17日契約では49億5000万円。2020年4月3日に契約変更[22]
  2. ^ a b c d e f g h i j k 厚生労働省の 随意契約に係る情報の公表[22]による物品役務等の名称及び数量
  3. ^ a b c d 厚生労働省の 随意契約に係る情報の公表[97]による令和2年度分の物品役務等の名称及び数量
  4. ^ 当初の公表は「単価」のみである。通常は単価契約の場合、単価を公表するがこの契約ではされていない。2020年5月29日に契約変更となり、「単価表」で契約となったが、単価表自体が公表されていないので依然として不透明である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 新型コロナウイルス感染症対策本部(第25回)”. 首相官邸 (2020年4月1日). 2020年6月8日閲覧。
  2. ^ 新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策-第2弾-
  3. ^ a b “布マスク配布、首相「少しでも不安解消」意義訴えたが…”. 朝日新聞デジタル. (2020年4月2日). https://www.asahi.com/articles/ASN426DK7N42UTFK011.html 2020年4月24日閲覧。 
  4. ^ “アベノマスク配布、週明け完了 開始から2カ月―政府”. 時事ドットコム. 時事通信. (2020年6月12日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061200925&g=pol 2020年6月13日閲覧。 
  5. ^ “蓮舫氏 アベノマスクの製品会社「なぜ公表できない」何度も厚労省に確認も「返事ない」”. デイリースポーツ. (2020年4月19日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/04/19/0013281935.shtml 2020年4月23日閲覧。 
  6. ^ a b c “布マスク、今後さらに8千万枚を配布 不要論でも発注済”. 朝日新聞デジタル. (2020年7月27日). https://www.asahi.com/articles/ASN7W5SR4N7NUUPI007.html 2020年7月29日閲覧。 
  7. ^ a b “アベノマスク8000万枚追加 野党「税金の無駄」と激しく批判”. デジタル毎日. 毎日新聞. (2020年7月28日). https://mainichi.jp/articles/20200729/k00/00m/010/004000c 2020年7月29日閲覧。 
  8. ^ a b [www.news24.jp/sp/articles/2020/07/28/04689408.html “アベノマスク8千万枚 配布必要?疑問の声 日テレNEWS24”]. 日本テレビ. (2020年7月28日). www.news24.jp/sp/articles/2020/07/28/04689408.html 2020年7月29日閲覧。 
  9. ^ a b “アベノマスクさらに8000万枚配布へ 保育所など対象も ニーズは...?”. フジテレビ. (2020年7月28日). https://www.fnn.jp/articles/-/67608 2020年7月29日閲覧。 
  10. ^ “「アベノマスク」寄付続々 山口の自治体などに”. 中国新聞デジタル. (2020年6月17日). https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=651569&comment_sub_id=0&category_id=112 2020年6月17日閲覧。 
  11. ^ “Japan's Coronavirus Mask Handout Tainted by Gripes Over Mould, Stains, Insects” (英語). The New York Times. (2020年4月22日). https://www.nytimes.com/reuters/2020/04/22/world/asia/22reuters-health-coronavirus-japan-masks.html 2020年4月23日閲覧。 
  12. ^ “Abe faces calls for decisive action after 'Abenomask' blunder” (英語). nikkei asia reviews. (2020年4月3日). https://asia.nikkei.com/Spotlight/Coronavirus/Abe-faces-calls-for-decisive-action-after-Abenomask-blunder 2020年4月23日閲覧。 
  13. ^ a b “「アベノマスク」海外でも報道 マスク配布に「冗談か」”. 朝日新聞デジタル. (2020年4月3日). https://www.asahi.com/articles/ASN4343MJN43UHBI00X.html 2020年4月24日閲覧。 
  14. ^ a b 首相、医療機関へマスク1500万枚追加配布を表明 一般国民には布マスク2枚ずつ配布”. m3.com (2020年4月2日). 2020年6月8日閲覧。
  15. ^ 1住所当たり2枚の布マスクを配布の方針 安倍首相
  16. ^ 「布マスク2枚を全世帯に配布」と安倍首相 ⇒ 「現金を一律に配って」と反発する声”. ハフィントンポスト (2020年4月1日). 2020年6月8日閲覧。
  17. ^ 百田氏も「なんやねん」布製マスク配布に右派も反発?”. 毎日新聞 (2020年4月2日). 2020年6月8日閲覧。
  18. ^ 令和2年4月17日 新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見”. 首相官邸. 2020年4月22日閲覧。
  19. ^ a b c 「布マスクで国民の不安はパッと消えますよ」アベノマスクを主導した“官邸の金正恩”ってどんな人?
  20. ^ 布マスクで「不安パッと消えます」 官僚案に乗って炎上:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年6月20日閲覧。
  21. ^ コロナで“無謀の数々”安倍政権の「SNS規制」 「誹謗中傷」と「批判」は誰が判断するのか?:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年6月20日閲覧。
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 随意契約に係る情報の公表(物品役務等)(令和元年度)
  23. ^ “政府「布マスク、何とかして」 社長が取り出した設計図”. 朝日新聞デジタル. (2020年6月1日). https://www.asahi.com/articles/ASN5071YLN5FUTFK00F.html 2020年6月4日閲覧。 
  24. ^ 業界団体にマスク400万枚の売り渡し指示」『日テレNEWS24』(日本テレビ放送網)。2020年3月3日閲覧。
  25. ^ “マスクの売渡し指示及び北海道への優先配布について” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 厚生労働省, (2020年3月3日), https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09935.html 2020年3月4日閲覧。 
  26. ^ a b 布マスクの全世帯配布、北海道の「経験」では配達漏れも 『朝日新聞』2020/04/02
  27. ^ 「アベノマスク」都内で4月17日から投函開始『読売新聞』2020/04/16
  28. ^ 「“アベノマスク”都内郵便局に到着、17日から配達へ」TBSニュース
  29. ^ a b “「アベノマスク」回収劇 スピード重視裏目 きしむ政権、求心力ひび”. 毎日新聞 
  30. ^ “アベノマスク回収で配布遅れ 菅官房長官、中止など「見直し考えず」”. 毎日新聞 
  31. ^ “マスク2枚配布に466億円の費用 蓮舫氏がSNSで内訳を公表”. livedoor NEWS. https://news.livedoor.com/article/detail/18098691/ 2020年4月10日閲覧。 
  32. ^ なぜ政府は「布マスク2枚」を配るのか『ITmedia』2020/04/02
  33. ^ a b From Abenomics to Abenomask: Japan Mask Plan Meets With Derision『Bloomberg』2020年4月2日
  34. ^ 文系編集者・花房麗子がわかるまで聞いた「アベノマスクと使い捨てマスクの差」(花房 麗子)” (日本語). FRaU | 講談社. 2020年4月26日閲覧。
  35. ^ 布マスクの全戸配布に関するQ&A
  36. ^ 「ありがたい」「効果に疑問」 アベノマスク評価さまざま 一足先、施設に届く 佐賀県内『佐賀新聞』4/16 7:10
  37. ^ “アベノマスク”着け心地は? 思わぬ反応も…テレ朝ニュース、2020年4月17日
  38. ^ “アベノマスク”配布開始でリメイク広がる 有効活用でコロナ感染防止へモデルプレス(Exiteニュース)2020/04/19
  39. ^ “布マスク「サイズが小さい」…15の質問に厚労省がHP上で回答”. 日本放送協会. オリジナルの2020年4月23日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/EOlPY 2020年4月22日閲覧。 
  40. ^ 井戸まさえ. “「マスク2枚の真相」炎上と「官僚神話」の崩壊”. 朝日新聞. 2020年4月23日閲覧。
  41. ^ 山本一郎. “「アベノマスク」に見る、不人気だけど必要な緊急対策についての是非”. 文春オンライン. 2020年4月23日閲覧。
  42. ^ 千正康裕. “アベノマスク炎上の正体”. アゴラ. 2020年4月23日閲覧。
  43. ^ 政府は「見せ方、インパクトにこだわりすぎ」 布マスク炎上、厚労省OBが指摘する「情報発信」の課題”. JCastニュース. 2020年4月23日閲覧。
  44. ^ マスク2枚配布の狙いは【解説】”. テレ東ニュース. 2020年4月23日閲覧。
  45. ^ a b c 布製マスクの都道府県別全戸配布状況” (日本語). 厚生労働省. 2020年5月8日閲覧。
  46. ^ a b c d 布製マスクの都道府県別全戸配布状況” (日本語). 厚生労働省. 2020年5月28日閲覧。
  47. ^ マスクバブル崩壊! 4大スポットではついに50枚入りで千円台も アベノマスク配布はたった4%”. 週刊朝日 (2020年5月10日). 2020年5月14日閲覧。[リンク切れ]
  48. ^ 布製マスクの都道府県別全戸配布状況” (日本語). 厚生労働省. 2020年5月12日閲覧。
  49. ^ a b あの「アベノマスク」は今、いったいどうなっているのか 大阪・福岡でも配布開始”. 毎日新聞 (2020年5月12日). 2020年5月13日閲覧。
  50. ^ 布製マスクの都道府県別全戸配布状況” (日本語). 厚生労働省. 2020年5月17日閲覧。
  51. ^ “布マスク、1450万枚配布完了 菅官房長官”. 時事通信. (2020年4月27日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052000543 2020年5月21日閲覧。 
  52. ^ 布製マスクの都道府県別全戸配布状況” (日本語). 厚生労働省. 2020年5月23日閲覧。
  53. ^ “布マスク配布完了、6月中旬に 検品強化で遅れ 厚労省・新型コロナ”. 時事通信. (2020年5月28日). https://news.yahoo.co.jp/articles/cca14d077190ddc6058ea32e8346f4f2f3ead8f9 2020年5月28日閲覧。 
  54. ^ “布マスク配布完了、6月にずれ込む見通し”. 共同通信. (2020年5月28日). https://news.yahoo.co.jp/articles/5fb3e2f98d15a69f0769f4600f13d2f8d100ec0b 2020年5月28日閲覧。 
  55. ^ a b 布製マスクの都道府県別全戸配布状況” (日本語). 厚生労働省. 2020年6月8日閲覧。
  56. ^ a b 布製マスクの都道府県別全戸配布状況” (日本語). 厚生労働省. 2020年6月9日閲覧。
  57. ^ a b 布製マスクの都道府県別全戸配布状況” (日本語). 厚生労働省. 2020年6月12日閲覧。
  58. ^ 布製マスクの都道府県別全戸配布状況” (日本語). 厚生労働省. 2020年6月16日閲覧。
  59. ^ “アベノマスク配布完了:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞. (2020年6月26日). https://www.asahi.com/articles/DA3S14526534.html 
  60. ^ “不良品マスク「配布前に除外した。配布計画は変更しない」 菅官房長官”. 毎日新聞. (2020年4月22日). https://mainichi.jp/articles/20200422/k00/00m/040/112000c 2020年4月25日閲覧。 
  61. ^ a b “妊婦向け布マスク不良品7000枚強 配布停止へ”. 日刊スポーツ. (2020年4月21日). https://www.nikkansports.com/general/news/202004210000292.html 2020年4月24日閲覧。 
  62. ^ 妊婦用布マスクに不良品 汚れ付着など1900件―厚労省 - 時事通信 2020年04月19日14時49分
  63. ^ 政府の妊婦向け布マスクに「変色」「髪の毛混入」など不良品の報告相次ぐ - 読売新聞 2020/04/19 15:33
  64. ^ 妊婦向け布マスク、不良品7800枚に 配布は中断も朝日新聞、2020年4月21日
  65. ^ 異物混入…アベノマスクに批判続く 製造社名は来月公表朝日新聞、2020年4月21日
  66. ^ 菅官房長官、不良品マスク「適切に除外」 新型コロナ『時事通信』2020年04月22日12時08分
  67. ^ a b 布製マスク(ガーゼマスク)の対応について”. 興和株式会社公式プレスリリース. 2020年4月23日閲覧。
  68. ^ a b 厚生労働省向けの布製マスクについて”. 伊藤忠商事公式プレスリリース. 2020年4月23日閲覧。
  69. ^ 未配布の“アベノマスク”を全量回収へ 伊藤忠など、検品強化を発表 - 毎日新聞 2020年4月24日 00時47分
  70. ^ 虫混入、カビ付着…全戸配布用の布マスクでも不良品 政府、公表せず” (日本語). 毎日新聞. 2020年4月26日閲覧。
  71. ^ 不良品3万枚超に 政府配布の布マスク” (日本語). 時事通信社. 2020年4月30日閲覧。
  72. ^ 政府配布、妊婦用に「カビマスク」国会で厚労省認める…捏造説あったが 検品8億円” (日本語). デイリースポーツ. 2020年5月15日閲覧。
  73. ^ 「カビは目視と水分チェック」 検品費8億円の布マスク、それでも続けるのか” (日本語). 毎日新聞. 2020年5月16日閲覧。
  74. ^ “アベノマスク”検品に8億円1枚ずつ目視”. 日テレNEWS24 (2020年5月14日). 2020年5月14日閲覧。
  75. ^ 妊婦向けマスク検品費 8億円でなく800万円未満 厚労省 コロナ”. NHKニュース (2020年5月15日). 2020年5月15日閲覧。
  76. ^ 布マスク検品8億円「当初から予定」 世帯向け配布「見直さない」 菅官房長官会見詳報”. 毎日新聞 (2020年5月15日). 2020年5月15日閲覧。
  77. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年4月24日). “布マスク「政府要請で緊急生産」 回収の興和と伊藤忠が説明” (日本語). SankeiBiz. 2020年6月20日閲覧。
  78. ^ a b c 布マスクは「質より量。とにかく早く」 政権は迷走した:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年6月20日閲覧。
  79. ^ 政府「布マスク、何とかして」 社長が取り出した設計図:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年6月20日閲覧。
  80. ^ さらに8千万枚の布マスク 「配布は有意義」菅氏が強調” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年7月29日閲覧。
  81. ^ “布マスクを追加配布 菅官房長官「継続は有意義」”. 産経新聞. (2020年7月28日). https://www.sankei.com/life/news/200728/lif2007280016-n1.html 2020年7月29日閲覧。 
  82. ^ “布マスク8000万枚、介護施設や保育所に配布へ”. 日本経済新聞. (2020年7月28日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61975620Y0A720C2EAF000/ 2020年7月29日閲覧。 
  83. ^ ぜんじろう、アベノマスク8000万枚追加に「芸人でさえ、どう突っ込んでいいか分からない壮大なボケ」” (日本語). 読売新聞. 2020年7月29日閲覧。
  84. ^ 布マスク配布の延期検討 介護施設向け8000万枚―厚労省” (日本語). 時事通信. 2020年7月30日閲覧。
  85. ^ 布マスク、延期検討 8000万枚追加配布巡り 厚労省” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年7月30日閲覧。
  86. ^ “アベノマスク配布延期検討 8000万枚...備蓄案も浮上”. フジテレビ. (2020年7月30日). https://www.fnn.jp/articles/-/68307 2020年7月30日閲覧。 
  87. ^ 新型コロナ 布マスク8000万枚、配布延期を検討 厚労省” (日本語). 毎日新聞デジタル. 2020年7月30日閲覧。
  88. ^ 布マスク8千万枚、追加配布を断念 批判集中で厚労省” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年7月30日閲覧。
  89. ^ 政府、布マスクの月内配布を断念 厚労省が野党に説明、8千万枚 2020/7/30 20:52 (JST)7/30 21:03 (JST)updated” (日本語). 共同通信. 2020年7月31日閲覧。
  90. ^ 「アベノマスク」受注先 興和、伊藤忠など3社 契約額計90億円 厚労省マスク班公表” (日本語). 毎日新聞. 2020年4月22日閲覧。
  91. ^ 蓮舫氏 厚労省が「1社の社名を明かさない」…アベノマスクについて
  92. ^ 受注4社目、なぜかかたくなに公表拒否 妊婦向けアベノマスク、深まる疑念
  93. ^ a b 非公表の4社目、菅長官明らかに 妊婦の布マスク納入元 - 朝日新聞 2020年4月27日 13時29分
  94. ^ アベノマスク「残り1社ユースビオ」公表…案の定、ネット部隊出動騒ぎ”. ディリーニュース (2020年4月27日). 2020年4月27日閲覧。
  95. ^ 令和2年4月27日(月)午前 持ち回り閣議の概要について”. 内閣官房内閣広報室. 2020年5月17日閲覧。
  96. ^ 疑惑のマスク「謎の4社目」に浮上した関連企業 野党側「なぜ随意契約」政府「問題なし」”. buzzfeed (2020年4月28日). 2020年4月29日閲覧。
  97. ^ a b c d e f g h 随意契約に係る情報の公表(物品役務等)(令和2年度)
  98. ^ a b c d e 「ベトナムの工場で作った」 政府配布のマスク受注業者―福島 - 時事通信 2020年04月27日19時43分
  99. ^ a b 立憲、ユースビオ受注経緯を追及 「アベノマスク」めぐり論戦―予算委 - 時事ドットコム 2020年04月28日20時12分
  100. ^ アベノマスク、5番目の会社「シマトレーディング」の“恥ずかしい過去”(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
  101. ^ 横井定株式会社 会社概要”. 横井定株式会社公式サイト. 2020年6月12日閲覧。
  102. ^ 株式会社ワークス”. 株式会社ワークス公式サイト. 2020年8月25日閲覧。
  103. ^ 株式会社ブルマーレ会社概要”. 株式会社ブルマーレ公式サイト. 2020年8月25日閲覧。
  104. ^ 株式会社東洋繊維会社概要”. 東洋繊維公式サイト. 2020年8月25日閲覧。
  105. ^ 株式会社RELIEF会社概要”. 株式会社RELIEF公式サイト. 2020年8月25日閲覧。
  106. ^ TSO International 株式会社会社概要”. TSO International 株式会社公式サイト. 2020年8月25日閲覧。
  107. ^ 布マスク受注、新たに5社が判明 随意契約で36億円超」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2020年5月30日。2020年6月17日閲覧。
  108. ^ ガーゼマスクの取り組みについて”. 興和株式会社公式プレスリリース. 2020年4月23日閲覧。
  109. ^ 医薬品大手「興和」、ガーゼマスク増産へ 新型コロナで国全量買い取り”. 毎日新聞. 2020年4月23日閲覧。
  110. ^ ミャンマーで日本向けガーゼマスクを1か月に5,000万枚生産へ”. ミャンマー・ジャポン. 2020年4月23日閲覧。
  111. ^ マツオカコーポレーション公式サイト”. マツオカコーポレーション. 2020年4月25日閲覧。
  112. ^ マツオカがマスク生産 政府要請受けミャンマーで”. www.chugoku-np.co.jp. 中國新聞デジタル. 2020年4月26日閲覧。
  113. ^ 政府の布製マスクの売上が51億円と発表 マツオカコーポレーション”. 東京商工リサーチ. 2020年5月31日閲覧。
  114. ^ IR情報「布製マスクの生産に関するお知らせ」”. マツオカコーポレーション. 2020年6月1日閲覧。
  115. ^ 株式会社ユースビオの情報 - 法人.info
  116. ^ ユースビオ代表が語った「創価学会との関係」「脱税事件」「ペーパーカンパニー疑惑への反論」 - Buzzfeed 2020/04/30 15:03
  117. ^ 布マスク受注商社、「5億円で随意契約」 経産省が選定 - 朝日新聞 2020年4月28日 16時54分
  118. ^ 会社概要/輸入切花、切葉の輸入総合商社 シマトレーディング”. 2020年4月30日閲覧。
  119. ^ 横井定株式会社 - 日本マスク®というブランドを中心にマスクの生産・販売・OEM・フェイスマスク生産を行なっております”. 2020年4月29日閲覧。
  120. ^ 美容サロン向け材料・機材の卸から経営支援まで美容室をトータルサポートする総合商社ワークス”. 2020年8月25日閲覧。
  121. ^ 株式会社ブルマーレ”. 2020年8月25日閲覧。
  122. ^ ABOUT 東洋繊維”. 2020年8月25日閲覧。
  123. ^ RELIEF”. 2020年8月25日閲覧。
  124. ^ 会社概要”. 2020年8月25日閲覧。
  125. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年4月2日). “国民幹部、布マスク配布を評価” (日本語). 産経ニュース. 2020年5月5日閲覧。
  126. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年4月3日). “小泉環境相、布マスク配布に賛意 「できることは何でも」” (日本語). 産経ニュース. 2020年5月5日閲覧。
  127. ^ 石破氏アベノマスク手に皮肉「ちっちゃいんだねぇ」 - 日刊スポーツ 2020年4月22日16時3分
  128. ^ アベノマスク配布とシャープのマスク販売は、マスクの路上販売など在庫処分モードへの移行の契機となったのか?:平凡でもフルーツでもなく、、、:オルタナティブ・ブログ” (日本語). オルタナティブ・ブログ. 2020年4月29日閲覧。
  129. ^ 高須克弥 (2020年4月22日). “大成功!安倍政権による布マスク配布により、紙マスクが暴落し出回る!!商社も在庫を吐き出し、一般工場は医療用マスク製造にシフト!!これは日刊ゲンダイも認める事実!! #ありがとう、安倍総理!! https://seijichishin.com/?p=35305 @seijichishinから” (日本語). @katsuyatakasu. 2020年4月29日閲覧。
  130. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年4月28日). “首相、布マスク配布「市場にインパクト」 野党議員に反論” (日本語). 産経ニュース. 2020年4月29日閲覧。
  131. ^ アベノマスクのおかげで「価格が低下」 菅氏、効果強調:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年5月20日閲覧。
  132. ^ ダレノガレ明美が全世帯配布の布製マスクに感謝 ネットの声「人に感謝出来る人は本当に美しい」:イザ!”. イザ!. 2020年6月11日閲覧。
  133. ^ “布マスク配布「竹やりで戦うようなもの」 想定外の反応、戸惑う政権”. 西日本新聞ニュース. (2020年4月3日). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/597489/ 2020年4月24日閲覧。 
  134. ^ “布マスク配布に466億円 多額の国費投入に批判も―新型コロナ”. 時事ドットコム. (2020年4月9日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040900793 2020年4月24日閲覧。 
  135. ^ 介護・福祉施設に先行配布の「アベノマスク」早くも評判散々な訳『毎日新聞』
  136. ^ 「効果がない」「間違ったメッセージ送る」布マスク2枚配布、専門家はどう評価したのか - buzzfeed 2020/04/21 11:03
  137. ^ 立川志らく、不良品布マスクの続出に憤慨…「先進国とは思えないようなミス。信じがたい」
  138. ^ 小木博明 アベノマスク「ゴムの長さ違う」 税金「ろくなもんに使わない」
  139. ^ デヴィ夫人が“アベノマスク回収騒動”を一喝!!「政治家・行政の輩に罰下るべき。空き地に病院建てた方がまし!」(2020年4月25日)東京中日スポーツ
  140. ^ 高田延彦 アベノマスクを批判”. 2020年7月17日閲覧。
  141. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “そのマスク、清潔? 家に届いた実物を調べてみると…|ウェルエイジング|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2020年6月20日閲覧。
  142. ^ Japan’s Abe Taken to Task Over Itsy-Bitsy Masks (The Wall Street Journal, 2020.4.21); Anger as Japanese Prime Minister offers two cloth masks per family while refusing to declare coronavirus emergency (CNN, 2020.4.2); Coronavirus: Japan PM gets social media roasting for offering free cloth masks (South China Morning Post, 2020.4.2); Two masks, no lockdown: Japan PM's latest coronavirus step riles social media (Reuters, 2020.4.2)
  143. ^ You've got mail: 'Abenomask' distribution starts in Japan (France 24, 2020.4.17); Coronavirus measure in Japan of 2 masks per home taken as April Fool's joke, mocked as 'Abenomask' (Fox News, 2020.4.2)
  144. ^ (東洋経済 5月1日;西日本新聞 5月17日)
  145. ^ マスク値下がり 「アベノマスク」のおかげなの? 販売現場を歩いてみると…” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2020年5月19日閲覧。
  146. ^ 政府の布マスク配布「評価しない」73%…読売世論調査 : 世論調査 : 選挙・世論調査” (日本語). 読売新聞オンライン (2020年4月13日). 2020年6月23日閲覧。
  147. ^ 首相説明「不十分」80% 河井夫妻陣営への1.5億円資金 朝日新聞社世論調査:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年6月23日閲覧。
  148. ^ 政府配布マスク配達開始 北見と中富良野 美幌は独自に郵送『北海道新聞』2020/03/06
  149. ^ “ユニ・チャーム、北海道にマスク提供開始”. 産経新聞. (2020年3月4日). https://www.sankei.com/region/news/200304/rgn2003040052-n1.html 2020年4月23日閲覧。 
  150. ^ 帰省自粛の燕市出身学生の支援を全国に拡大”. ケンオードットコム. 2020年4月20日閲覧。
  151. ^ 燕市が帰省自粛の学生にコメとマスク”. 新潟日報. 2020年4月20日閲覧。
  152. ^ 「ほんとに泣きそうになった」 新潟県燕市が帰省自粛学生に「コシヒカリ」と「布マスク」等送る応援施策、申し込んだ学生が感謝語る”. ねとらぼ. 2020年4月20日閲覧。
  153. ^ “マスクは十分用意してます ドラッグストア「ゲンキー」がマスク購入券の対応を発表”. ITmediaビジネス. (2020年4月20日). https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2004/20/news120.html 2020年4月23日閲覧。 
  154. ^ 新型コロナウイルスに対する町長メッセージ [富士河口湖町]”. www.town.fujikawaguchiko.lg.jp. 2020年4月29日閲覧。
  155. ^ a b 「アベノマスク」不評だけれど 独自に布製を1人2枚配布へ 三重・志摩” (日本語). 毎日新聞. 2020年4月26日閲覧。
  156. ^ 町民1万人に布マスク 川俣町配布へ 町内事業者の製品購入” (日本語). 福島民報. 2020年5月5日閲覧。
  157. ^ 三原村で全村民に布マスク配布” (日本語). 高知新聞. 2020年5月5日閲覧。
  158. ^ 子育て世帯へ応援給付金 五城目町、全町民に布マスク配布も|秋田魁新報電子版” (日本語). 秋田魁新報電子版. 2020年5月5日閲覧。
  159. ^ 全町民に布マスク2枚配布へ 3サイズ用意、コロナ感染防止に 滋賀・甲良|社会|地域のニュース|京都新聞” (日本語). 京都新聞. 2020年5月5日閲覧。
  160. ^ 『北日本新聞』2020年5月8日付1面『県のマスク購入券 18日から利用可能』より。
  161. ^ 行動制限へ転換のシンガポール、洗えるマスク配布始まる『朝日新聞』2020/04/07
  162. ^ イタリア、コロナ対策“ムラだらけ” マスク2枚ずつ配布のはずが…ミラノ在住ジャーナリストがリポート夕刊フジ(zakzak)2020.4.17
  163. ^ 布マスクの配布開始へ、工業省が1000万枚 | タイの経済・ビジネスニュース: 日刊タイビジネス” (日本語). 2020年4月22日閲覧。
  164. ^ インドシナ, アパレル・リソース in. “タイ:繊維企業、マスク生産を強化” (日本語). アパレル・リソース・インドシナ. 2020年4月22日閲覧。
  165. ^ 《安全》ソウル市、外国人向けマスク配布の受付開始”. NNA ASIA. 2020年4月22日閲覧。
  166. ^ 健保未加入の外国人にマスク配布 支援施設で受け取り可能=ソウル市”. 聯合ニュース. 2020年4月22日閲覧。
  167. ^ a b コロナ:パリ市、市民にマスク配布を準備。 – OVNI| オヴニー・パリの新聞” (日本語). ovninavi.com. 2020年4月22日閲覧。
  168. ^ 仏、全国民にマスク配布へ…外出制限は5月11日まで再延長 : 国際 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2020年4月14日). 2020年4月22日閲覧。
  169. ^ NY州 低所得者向け公共住宅で検査実施へ、布マスク配布も” (jp). TBS NEWS. 2020年4月22日閲覧。
  170. ^ Sheriff, Hennepin (2020年4月20日). “This weekend, the HCSO distributed 100 cloth face masks to the community at the Brian Coyle Center in the Cedar-Riverside neighborhood. The CDC recommends everyone wear cloth face coverings in public places. We are planning to hold more mask distribution events soon.pic.twitter.com/1mZrPgMgQ6” (英語). @HennepinSheriff. 2020年4月26日閲覧。
  171. ^ Sawer, Patrick (2020年4月11日). “Spain to hand out free face masks for commuters to help return to work” (英語). The Telegraph. ISSN 0307-1235. https://www.telegraph.co.uk/news/2020/04/11/spain-hand-face-masks-allow-limited-return-work/ 2020年4月26日閲覧。 
  172. ^ СМИ: власти Бельгии отказались от идеи бесплатной раздачи медицинских масок населению”. ТАСС. 2020年4月26日閲覧。
  173. ^ 政府向市民免費派口罩 市民可於早上7時起上網登記 RTHK, 2020-05-06.
  174. ^ 【CuMask 生產】創科局蔡淑嫻證實 晶苑國際集團為銅芯抗疫口罩生產商 - ezone.hk - 網絡生活 - 生活情報”. ezone.hk 即時科技生活 (07-05-2020). 2020年6月14日閲覧。
  175. ^ 鍾國斌質疑可重用口罩生產「益了越南」港人無法受惠 RTHK, 2020-05-07.
  176. ^ 隱瞞廠商產地 疑團越揭越多 林鄭煉製黑箱口罩” (中国語). Apple Daily 蘋果日報 (2020年5月7日). 2020年6月14日閲覧。
  177. ^ 恐氧化銅吸入肺部 銅芯口罩掀熱議”. 頭條日報 (2020年5月7日). 2020年6月14日閲覧。
  178. ^ 台湾、マスクの実名制購入を継続 政府による買い上げも12月まで延長 | 社会 | 中央社フォーカス台湾”. japan.cna.com.tw. 2020年7月30日閲覧。
  179. ^ 台湾のマスク事情について(6月8日現在) | 台湾会社設立総合サイト” (日本語). linkbiz.tw. 2020年7月30日閲覧。
  180. ^ 台湾製マスク、日本から感謝の声 日華懇会長は蔡総統に謝意 | ニュース検索 | 中央社フォーカス台湾”. japan.cna.com.tw. 2020年7月30日閲覧。
  181. ^ アベノマスクを回収、子どもたちへ 旭川の団体が準備:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年4月24日閲覧。
  182. ^ <新型コロナ>アベノマスク寄付を 浅草のギャラリーが回収箱を設置
  183. ^ 不要な「アベノマスク」高齢者施設に贈ろう 名古屋の団体が回収(2020年5月14日)毎日新聞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]