アヘロオス川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アヘロオス川の位置
(Nasa World Wind satellite)

アヘロオス川アケロース川)(Aheloos or Acheloos or Achelous, ギリシャ語Αχελώος)は、イオニア海に注ぐギリシャ西部の川。古代ギリシアの時代には、アカルナニアen:Acarnania)とアイトーリアとの国境で、河神アケロオスとして崇拝された。

地勢[編集]

アヘロオス川
(著者Alaniaris[1]
クレマスタ湖

アヘロオス川の源流は、トリカラ県に位置するピンドス山脈のラクモス山(en:Lakmos)(標高2,000m)で、そこで「白い川」という意味の最初の支流アスプロポタモス川(Aspropotamos)が合流する。

アヘロオス川は全長が217kmあり、ギリシャでは2番目に長い川である[1]。複数の県(ノモス)の間を流れていて、上流から下流に向かって順に、西側はイピロス地方(ペリフェリエス)のアルタ県エトリア=アカルナニア県、東側はトリカラ県〜カルディツァ県〜エヴリタニア県に接している。途中、クレマスタ湖、カストラキ湖、ストラトス湖といった水力発電のための人造湖を通る。クレマスタ湖では、アグラフィオティス川、メグドヴァ川、Trikeriotis川が合流する。最後はイオニア海に達するが、一部はメソロンギ潟を経由してパトラス湾に流れ込む。アヘロオス川はいくつかの峡谷を持っている。

ヘロドトスは、海岸線を変えるほどのアヘロオス川の力に注目して、ナイル川と比較した。「ナイル川ほど大きくはないが、相当な結果を持つ川が他にもある。とくに(他の名前は言えないが)アカルナニアを通って海に注ぐアヘロオス川は、エキナデス諸島の半分を既に本土に変えてしまった」(2.10)

アヘロオス川の前の名前はトアース川Thoas)だった。稀に、テスティオス川Thestios)、アケノス川Axenos)とも呼ばれていた。

神話の中のアヘロオス川[編集]

ダム計画[編集]

1960年代、エトリア=アカルナニア県とエヴリタニア県の県境で、ダム計画が始まり、数年を費やして完成した。このストラトス・ダムは水力発電所を有していて、ギリシャ西部と中央部に電力を供給する。一方で氾濫により、いくつかの谷で土壌浸食を引き起こした。下流にはカトゥキ・ダムもあり、Karafilio橋、Ardanovo橋という架橋がある。

川沿いの町[編集]

上流から下流に、順に。

  • ミレア(トリカラ県)
  • アギア・パラスケヴィ(トリカラ県)
  • GR-30(道路)
  • Gardiki(en:Gardiki, Trikala, トリカラ県)の東
  • Polyneri(トリカラ県)
  • アグリニオ(en:Agrinio, エトリア=アカルナニア県)
  • Fragouleika(エトリア=アカルナニア県)
  • Aitoliko(en:Aitoliko, エトリア=アカルナニア県)
  • メソロンギ(en:Messolonghi, エトリア=アカルナニア県)の西部

脚注[編集]

外部リンク[編集]