アブー=ターリブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アブー=ターリブأبو طالب بن عبد المطلب‎Abu Talib ibn ‘Abd al-Muttalib549年 - 619年)はクライシュ族出身の商人。イスラーム教の開祖ムハンマドの叔父であり育ての親でもあることからイスラーム最初期における重要人物の1人とされる。アブド・アル=ムッタリブは父、第4代正統カリフアリーは息子にあたる。生涯イスラームに入信することはなかったが、ハーシム家の当主としてムハンマドの有力な支援者であり続けた。

人物[編集]

幼くして両親に先立たれたムハンマドは祖父アブド・アル=ムッタリブに引き取られたが、その祖父もムハンマドが8歳の時に死別し、ムハンマドは叔父アブー=ターリブのもとに引き取られた。アブー=ターリブは幼い甥ムハンマドを非常に可愛がり、砂漠をゆく隊商に付き従わせて手元で育て、夜も常に隣で寝たという。

アブー=ターリブは家族を大切にする人柄であった。晩年にはあまりの大家族ゆえに家産は減り、アブー=ターリブの一家は凋落した。のちにハディージャと結婚して生活の安定したムハンマドがアブー=ターリブの子アリーを養子としたのはアブー=ターリブ一家の苦しい家計を助けるためでもあったと言われる。

アブー=ターリブの死後、ムハンマドはメッカの有力者から「お前の育ての親は今どこにいる?」と問われた。イスラームの教義では多神教を奉じる人間は地獄行きになることになっている。幼少の頃よりムハンマドを支え続けたアブー=ターリブはムハンマドにとって最大の恩人であったが、ムハンマドは「地獄にいる」と答えざるを得なかった。このことによりムハンマドはハーシム家やイスラームに好意的であった人々の怒りを買い、より苦しい立場に置かれることとなった。