アブー・ダーウード・シジスターニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アブー・ダーウードの名前による書道作品

アブー・ダーウード・シジスターニーAbū Dāwūd al-Sijistānī, 817年 - 889年)は、9世紀のハディース学者[1][2]預言者ムハンマドの言行録集『スナン・アビー・ダーウード』(Sunan ‘Abī Dāwūd)を編纂した[2]。同言行録集は、イスラーム教スンナ派ムスリムが「両真正集」(al-Ṣaḥiḥayn)と呼んで重視するブハーリームスリムの「サヒーフ」に次ぐ権威として認識されており、スンナ派の「六大伝承集英語版」の一つに数えられる[2]

生涯[編集]

アブー・ダーウードの名前は、より詳しくは、アブー・ダーウード・スライマーン・ブヌル・アシュアス・アズディー・シジスターニー(Abū Dawud Sulaymān b. al-Ash‘ath al-Azdī al-Sijistānī, أبو داود سليمان بن الأشعث الأزدي السجستاني‎)という[1]

アブー・ダーウードは、ヒジュラ暦202年(西暦817年又は818年)にスィジスターン(スィースターン)の富裕な家に生まれた[1]。西暦835年にアッバース朝のみやこバグダードへ行き、その後の15年間(西暦850年ごろまで)、イラク、エジプト、ヒジャーズ、シリアを旅してまわったようである[1][3]。旅の目的は預言者ムハンマドの伝承(ハディース)を収集することにあった[1]。アブー・ダーウードは50万話以上の伝承を収集し、その中から4,800話を選んで自著『スナン・アビー・ダーウード』に収録した[3]

アブー・ダーウードは、西暦889年にバスラで没した[1]

思想[編集]

アブー・ダーウードが奉じた法学派は、ハンバリー法学派とされるが、シャーフィイー法学派であったとする説もある[4]。アブー・ダーウードの関心の中心は法(フィクフ)にあり、そのため、彼の収集したハディースの大部分は法的なものに集中している。

アブー・ダーウードは、知的で洞察力にすぐれた者ならば、自著に収録したハディースのうち、特定の4つの伝承のみで充分であると言ったとされる[5]。その4つとは、次のものである。

  • 行為とは意志にもとづくものである。
  • 関わりのない問題を放っておくことは、良きムスリムたることの一部である。
  • 自分自身を愛するように兄弟を愛すまでは、誰一人信者ということはできない。
  • 許されたこと(ハラール)は明らかであり、禁じられたこと(ハラーム)もまた明瞭であるが、その中間にはさまざまな疑わしい事柄がある。疑わしい事柄を避ける者は、自分の信仰を保つ。

著作[編集]

『スナン・アブー・ダーウード』の刊本の一つ

アブー・ダーウードは21冊あまりの著作を残した。主要な著作としては以下のものがある。

  • Sunan Abu Dāwūd, 4,800話以上のハディースを収録し、アブー・ダーウードの主著である。21世紀現在では通常、ムヒッディーン・アブドゥルハミードにより各ハディースに通し番号が振られた校訂版(Muhammad Muhyi al-Din `Abd al-Hamid, Cairo: Matba`at Mustafa Muhammad, 1354/1935)が用いられる。同校訂版によると本書は互いに異なるものと考えられる 5,274話のハディースを有する。著者アブー・ダーウードは、特に脆弱(ダイーフ, ḍaʿīf)である旨の付記がないハディースはすべて、真正(サヒーフ, sahih)であると記している。しかし、イブン・ハジャル・アスカラーニー(Ibn Hajar al-Asqalani)など、ウラマーの中には、付記がないハディースに相当数のダイーフがまぎれていると信じる者もいる。
  • Kitab al-Marāsīl; 「ムルサル」(mursal)と呼ばれるタイプのハディース[注釈 1]、600話を収録した著作。アブー・ダーウードは各ハディースの背景を徹底的に調べ、真正であるとしか考えられないもののみを選んだ。
  • Risālat Abu Dāwūd ilā Ahli Makkah; 『スナン・アビー・ダーウード』についての解説を含む、マッカの人々への手紙[6]

注釈[編集]

  1. ^ マトンが「預言者が言った」などで始まり、その言動を見聞きしたサハーバの名前を欠くもの。預言者と伝承者のイスナードの間がつながらない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Melchert, Christopher (2007-03). “Abū Dāwūd al-Sijistānī”. In Kate Fleet, Gudrun Krämer, Denis Matringe, John Nawas, Everett Rowson.. Encyclopaedia of Islam (THREE ed.). ISBN 9789004161641. http://dx.doi.org/10.1163/1573-3912_ei3_SIM_0024 2019年3月27日閲覧。. 
  2. ^ a b c Robson, James (1952). “The Transmission of Abū Dāwūd's "Sunan"”. Bulletin of the School of Oriental and African Studies (University of London) 14 (3): 579-588. https://www.jstor.org/stable/609117― Studies Presented to Vladimir Minorsky by His Colleagues and Friends 
  3. ^ a b Melchert, Christopher (January 2008). “The life and works of Abu Dawud al-Sijistani”. al-Qanṭara 29 (1): 9-44. https://www.researchgate.net/publication/296794607_The_life_and_works_of_Abu_Dawud_al-Sijistani 2019年4月1日閲覧。. 
  4. ^ http://www.islamicencyclopedia.org/islamic-pedia-topic.php?id=54
  5. ^ Imam Abu Dawud”. www.sunnah.org. 2016年2月21日閲覧。
  6. ^ Translation of the Risālah by Abū Dāwūd Archived August 19, 2009, at the Wayback Machine.