アブドゥル・サッタール・アブー・リシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アブドゥル・サッタール・アブー・リシャ
عبد الستار أبو ريشة
Army mil-2007-05-11-085013.jpg
多国籍軍司令官との会談にて(2007年4月)
生誕 1972年
死没 2007年9月13日(37歳没)
イラクの旗 ラマーディー近郊
国籍 イラクの旗 イラク
団体 覚醒評議会

アブドゥル・サッタール・アブー・リシャ英語: Abdul Sattar Abu Risha1972年 - 2007年9月13日)は、イラクシャイフ。同国で勢力を拡大するアル=カーイダへ対抗するため、地元民からなる自警団覚醒評議会」を指導していた。2007年9月13日、自宅前に仕掛けられた爆弾によって暗殺された[1]。37歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Obituary: Abdul Sattar Abu Risha.BBC(2007年9月13日)2013年8月5日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]