アブドゥッラー1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブドゥッラー1世
عبد الله الأول
トランスヨルダン首長/ヨルダン国王
Kingabdullahbinhussein.jpg
アブドゥッラー1世
在位 1921年4月11日 - 1946年5月25日(首長)
1946年5月25日 - 1951年7月20日(国王)
全名 عبد الله بن الحسين
アブドゥッラー・ビン・アル=フサイン
出生 1882年2月
Flag of the Ottoman Empire.svg オスマン帝国メッカ
死去 1951年7月20日
イスラエルの旗 イスラエルエルサレムアル=アクサー・モスク
埋葬 ラガダン宮殿
配偶者 ムサバ・ビント・ナーセル
  スジル・ハヌム
  ナーダ・ビント・ウマン
子女
王家 ハーシム家
父親 フサイン・イブン・アリー
母親 アブディヤ・ビント・アブドゥッラー
宗教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

アブドゥッラー1世・ビン・アル=フサインアラビア語: ‏عبدالله الأول بن الحسين‎‎, ラテン文字転写: ʿAbdullāh al-Auwal bin al-Ḥusain1882年2月 - 1951年7月20日)は、ヨルダン国王1921年4月11日 - 1951年7月20日)。現実主義な政治家であったという。

ヨルダンで発行されている5ディナール紙幣に肖像が使用されている。

生涯[編集]

メッカの大首長であるフサイン・イブン・アリーの次男としてメッカで誕生した。1916年アラブの反乱に参加。1920年シリアダマスカスでのアラブ民族会議でイラク国王に、弟のファイサルはシリア国王に選出されるが、同年6月フランスのダマスカス占領及び弟のファイサルのシリアからの追放が起こり、これに対して、ファイサルのシリア王権を支持するために軍を率いて北上した。このためイギリスは、ファイサルをイラク王とし、アブドゥッラーについては、委任統治領パレスチナとなる予定の地域のうちヨルダン川東部の広大な乾燥地帯に「トランスヨルダン王国」の建国を認めると提案したために、アブドゥッラーはこれを受け入れ、トランスヨルダン国王となった[1]

アブドゥッラーはユダヤ人シオニスト運動を歓迎していたとされる。1928年にはロンドンハイム・ヴァイツマンと会い、ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地を認める代わりにアミール(首長)の地位拡大を支持するよう頼んだとされる[2]

なお、ヨルダンは1927年立憲君主国となるが、イギリスの保護下に置かれた。1946年に正式に独立国家となる。

第一次中東戦争ではアラブ側の主力であるアラブ軍団を率いてアラブ連盟から「アラブ軍最高司令官」に任じられた[3]

全パレスチナ政府英語版アミーン・フサイニーとは対立したことから1951年7月20日、エルサレムを訪問中、過激派パレスチナ人ムスタファ・シュクリ・アシュ(Mustapha Shukri Usho)によって暗殺された。

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Amir Abdullah's Bodyguard on Camels with Red, Green and White Standard at Far Left” (1921年4月). 2013年7月14日閲覧。
  2. ^ ダヴィッド・マクドワル『パレスチナとイスラエル』奥田暁子訳ISBN 4380922049
  3. ^ Tripp, 2001, 137.

関連項目[編集]

アブドゥッラー1世

1882年2月 - 1951年7月20日

爵位
先代:
(建国)
ヨルダンの旗 イギリス委任統治領
トランスヨルダン国王

初代:1923 - 1946
次代:
アブドゥッラー1世
(ハシミテ王国国王)
先代:
アブドゥッラー1世
(トランスヨルダン国王)
ヨルダンの旗 ヨルダン・ハシミテ王国国王
1946年~1949年はトランスヨルダン国王
初代:1946 - 1951
次代:
タラール1世