アブドゥッラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アブドゥッラーアラビア語: عبد الله‎)は、アラビア語由来の中東系男性名。英字ではAbd Allah、Abdullahと書かれる。アラビア語の文語発音ではアブドゥッラーヒ、もしくは語末母音のiを省略したアブドゥッラーフとなるが、口語発音にアブドゥッラー、アブドッラー、アブダッラー、アブドッラ、アブダッラ等が存在し、英字表記としてはAbdulla、Abdollah、Abdolla、Abdallah、Abdallaなどが見られる。そこから派生した日本語のカタカナ表記が、アブドラ、アブダラである。

アラビア語で奴隷(しもべ)を意味する名詞アブドをイスラーム教の神アッラー(アッラーフ)が後ろから属格(所有格)支配した複合語だが、預言者ムハンマドの別名でありかつ預言者本人によって強く推奨された男性名であることからイスラーム圏全体で非常にポピュラーな名前となっている。またアラブ諸国ではキリスト教の神も同じくアッラー(アッラーフ)と呼ばれるため、この名を持つアラブ系キリスト教徒も存在する。

イスラーム教の教えでは奴隷は悪ではなく神の奴隷であることはすばらしいことであるとの価値観が強いため、英語では「servant of God」という意味であると理解されていることが多く、日本語のニュアンスとしても奴隷というより「神の忠臣」(アッラーの命じたことによく従い教えをしっかり守る敬虔な信徒である人物)という意味合いに近い。

人物[編集]

王侯[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]