アフリカ非核兵器地帯条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフリカ非核兵器地帯条約
通称・略称 ペリンダバ条約
署名 1996年4月11日(カイロ
効力発生 2009年7月15日
主な内容 アフリカ大陸の非核化
条文リンク 条約本文(英語)
テンプレートを表示
     核保有国      NATOの核共有国      NPTのみ      非核地帯
アフリカ非核兵器地帯条約
  署名および批准国
  アフリカ連合モロッコは署名のみ・未批准)

アフリカ非核兵器地帯条約(アフリカひかくへいきちたいじょうやく、African Nuclear Weapons Free Zone Treaty)とは、アフリカ大陸の非核化を定めた非核地帯条約。1996年4月11日アフリカ諸国42カ国によって、カイロで調印された。条約は54カ国を対象としているが、発効に必要な批准は28か国であり、2009年7月15日に最後の加盟国であるブルンジが批准したことにより条約は即日発効した。

この条約は、通称「ペリンダバ条約 (Treaty of Pelindaba)」と呼ばれている。ペリンダバは、南アフリカ原子力研究所がある南アフリカ共和国プレトリア近郊の町の名前で、ここで本条約が実質的に合意されたことによる。今後ここには、本条約の実施機関となるアフリカ原子力委員会が設置される予定である。

調印までの経緯[編集]

  • 1961年、国連で「アフリカ非核地帯化宣言」が採択される。
  • 1964年アフリカ統一機構 (OAU) 首脳会合でアフリカを非核地帯とする「カイロ宣言」が採択される。
  • 1991年南アフリカの核開発疑惑で条約化が遅れていたが、同国が核兵器開発を放棄し、核拡散防止条約 (NPT) に加盟したことから条約化実現に弾みがつく。
  • 1995年、OAU首脳会議(6月)において、「アフリカ非核兵器地帯条約」の最終案文が採択される。
  • 1996年、アフリカ諸国42カ国が条約に署名する。

主な内容[編集]

  • 締約国による核爆発装置の研究・開発・製造・貯蔵・取得・所有・管理・実験、及び自国領域内における核爆発装置の配置、運搬、実験等を禁止
  • 議定書(は批准済。は署名のみ)では以下のことを禁止
  1. 核兵器国による締約国に対する核爆発装置の使用および使用の威嚇
  2. 域内(公海は含まない)における核爆発装置の実験

関連項目[編集]

外部リンク[編集]